So-net無料ブログ作成

グンマの昔:吾妻鉱山 [ぐんま]

Agatsuma_kouzan

○吾妻鉱山
 1908年発見、その後数人の手を経て1914年群馬硫黄株式会社、その後順調に発展したが1935年落盤事故、1940年帝国硫黄工業株式会社、朝鮮動乱特需もあったが需要が減り1971年閉山。

Agatsuma_kouzan61

 1911年発見、1917年精錬開始・我妻硫黄株式会社。


○上信鉱山(ろうせき山)
 1940年頃鉱床発見され大阪窯業の鉱区となる、1943年頃日窒鉱業上信鉱山となる、鉄道敷設の予定もあったが1945年閉山。 一時期は、小淵山電化として耐火煉瓦資材用に再開されたこともあった。

○浦倉鉱山
 関東鉱産株式会社浦倉鉱業所、地元では元山とよばれた。 本来は帝国硫黄株式会社の鉱区であったのを譲り受けた。

○小串鉱山(小串鉱業所)
 関所を避けて毛無峠を通る旅人から「火がつく石」があると言い伝えられ、1916年大日本硫黄が「高井鉱山」として事業存続、その後小串鉱山が発見され1929年北海道硫黄株式会社が買収、1937年山崩れで爆発事故245名死亡、硫黄の需要が落ち1971年閉山。 
※毛無峠越えは、大笹関所ができてから閉鎖された。

○石津鉱山
 発見時期不詳、1932年北海道硫黄株式会社が小串鉱山石津抗として操業、1934年硫黄鉱業整備令により小串鉱山の支山となる、その後石津鉱業所として独立、1968年米無鉱床終掘・城山鉱床のみとなる、1971年閉山。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント