So-net無料ブログ作成

赤レンガ酒造工場 [さいたま]

Takinogawa70

旧醸造試験所第一工場@北区滝野川二丁目六番

Takinogawa71

Takinogawa72

Takinogawa73


Data_kitaku1Data_kitaku2

☆旧醸造試験所第一工場
明治/1905
煉瓦造、建築面積923.30㎡、仕込部、階段部、製麹部、機械部よりなる
仕込部 二階建、鉄板葺
階段部 三階建、地下一階、一部平屋建鉄板葺
製麹部 平屋建
機械部 平屋建

 独立行政法人酒類総合研究所醸造試験所は,日本酒の研究を行って醸造技術と品質の向上を図るため,明治政府が設立した研究施設である。第一工場は中核施設の大規模な煉瓦造建造物で,明治37年に竣工した。設計は大蔵技師の妻木頼黄である。
 断熱のため厚い壁体に空気層を設けた中空壁とし,天井はヴォールト天井,二階床は鉄骨梁に煉瓦ヴォールトを架けるなど,高い建築技術が用いられている。
 旧醸造試験所第一工場は,妻木頼黄がドイツのビール醸造施設を応用して設計した煉瓦造工場建築である。当時最新鋭の設備を備えた日本酒醸造施設として,また大規模な複合煉瓦造建築物としても技術的に高い価値がある。醸造に関する唯一の国立研究機関の施設として,日本酒造りの近代化と酒類産業の発展に貢献しており,歴史的価値が高い。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント