So-net無料ブログ作成
検索選択

道灌山 メモ [さいたま]

Edo_higurashi00

Edo_higurashi01

Edo_higurashi02

Seishin_doukanyama

Meisho_dokanyama1

Meisho_dokanyama2

Doukanyama31

Doukanyama32

Doukanyama33

Doukanyama34

Edo_higurashi09

Edo_higurashi11

Edo_higurashi12


☆道灌船繋松・日暮里惣図・道灌山

※江戸名所図会・道灌船繋松

※東都名所・日暮里、名所江戸百景・日暮里寺院の林泉、名所江戸百景・日暮里諏訪の台、安藤広重

※根岸谷中日暮里豊島辺図

※道灌舟繋松之碑・青雲寺本堂脇に移設(画本物見岡・日暮里青雲寺境内、鳥居清長)


☆道灌山遺跡 
 現開成学園グランド。

☆日暮里道灌山
 谷中長耀山感応寺および根岸善性寺の開基「関小次郎長耀入道道閉」の屋敷があったので、「道閉山」との説がある。


☆日暮里佐竹屋敷
 元禄十六年、出羽国秋田藩主佐竹右京大夫義和が、水戸城主徳川氏の抱屋敷と相対替で入手、敷地一万七千坪。 後に衆楽園(佐竹衆楽園)が造られた。 明治末年渡辺銀行頭取渡辺治右衛門が購入し、大正五年住宅地となった。

☆日暮里
 古くは、谷根千(谷中・根津・千駄木)。 もっと古くは、新堀。
※谷中は谷の中、根津は本郷台地の根、千駄木は多くの木材、の意。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント