So-net無料ブログ作成

荒川遊園煉瓦塀 [さいたま]

Arakawaku_yuen94

○荒川遊園煉瓦塀
 荒川区西尾久6

 かつては、全長175mほどあったらしい。

煉瓦 について

Arakawaku_yuen91

Arakawaku_yuen92

Arakawaku_yuen93

Arakawaku_yuen95

Arakawaku_yuen96

Arakawaku_yuen97


☆荒川遊園
 江戸時代は藤堂和泉守の屋敷、隅田川の水を引いた池を中心とした廻遊式汐入庭園があった。 明治五年石神仲衛門が煉瓦製造工場設立、大正二年四月王子電車が三ノ輪まで開通。 大正十一年広岡煉瓦工場(王子煉瓦株式会社)が荒川遊園を開園、周りを煉瓦塀で囲った。 1932年王子電気軌道株式会社、1943年関東配電(現東京電力)、戦後遊園敷地の一部が受託地化、1949年区立児童公園、1950年荒川遊園となった。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント