So-net無料ブログ作成
検索選択

泣虫稲荷 [さいたま]

Shiki_ichiri1

○泣き虫稲荷
 志木市中宗岡1・せせらぎの小径 

 昔、隣村から宗岡に嫁いできたお嫁さんに、男の子が生まれましたが、この赤ん坊の夜泣きが激しく、それが原因で体をこわしてしまい、実家で養生することになりました。 ところが、実家への帰り道、草むらの中の小祠を見つけたので、赤ん坊の夜泣き治癒を祈願して帰ったところ、不思議にもその晩から赤ん坊の夜泣きは止み、お嫁さんも健康を回復したということです。 それ以後、夜泣きを治すお稲荷様として、あつく信仰されてきたといわれています。

Shiki_nakimushi1

☆泣虫稲荷
 となり村から宗岡村に嫁いで来たお嫁さんに、1年後に男の子が生まれ家族から祝福されたが、この赤ん坊の夜泣きには家中が閉口した。 苦情に困りはてたお嫁さんは、赤ん坊を背負って家をぬけ出し、暗い野道で夜を明かす日が続き、睡眠不足から体をこわしてしまい、実家で養生することになった。 実家への帰り道、草むらの中にあった小さな祠が目にとまったので、「この子の夜泣きがどうか治りますように」と心からお願いして帰ったところ、不思議にもその晩から赤ん坊の夜泣きはピタリとやんだのである。 おかげで熟睡もでき、すっかり健康を回復したお嫁さんは、嫁ぎ先へ戻る途中、白い米のだんごを買い求め、その祠にお供えして心からのお礼としたのである。 その話を聞いた同じ悩みを持つ母親達が、この祠にお参りをするようになり、夜泣きに苦しむ家もなくなった。 そしていつしかこの祠を、泣き虫稲荷と呼ぶようになったという。

Shiki_ichiri2

○一里塚
 志木市中宗岡3-1

 奥州街道(甲州道)に設置されていた。

Shiki_ichiri9

Shiki_ichiri0


Shiki_mitsugo2

☆三つ子稲荷
 志木市本町3-2-30・角長商店

 安政年間、森田長太郎(角長)が仕入れの帰りに白子坂でうづくまっている狐を連れ帰った。 翌朝子狐が三匹生まれたが、産後の肥立ちが悪く、子狐は次々と市に・母狐も死んでしまった。 これを哀れみ、家人が「正一位三つ子稲荷大明神」として祀った。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント