So-net無料ブログ作成
検索選択

野菜の焚き合せ [にっき]

Nadaman13

野菜の焚き合せ(なだ万)


nice!(0)  コメント(0) 

グンマを話そう:ぬかぼこ・こめぼこ [駄玩具]

Komenuka62

○ぬかぼこ・こめぼこ(糠福米福)
 ある昔、ぬかぼことこめぼこという姉妹がいた。 「ぬかぼこ」の母親は早く死んだので、継母は「こめぼこ」ばかり可愛がった。
 ある日、ぬかぽこには穴のあいた袋・こめぼこにはちゃんとした袋を渡し、米穂拾いに行かせた。  なかなか袋一杯にならないぬかぼこはだんだん山奥へ入り、暗くなったので一軒の小屋をたたいた。 そこは鬼の兄弟の家であり、おばあさんから「えんめいこぶくろ」をもらって逃げ帰った。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

白雪糕 [ぐんま]

Edo_hakusenkou

○売薬一覧(江戸時代)
 白龍膏・白雪・西大寺豊心丹・東山小粒・萬金丹・神教丸・孫太郎虫・反魂丹・奇應丸・無名圓・龍王湯・紫金錠・烏丸枇杷葉湯・岩見銀山・牛肉丸・藤の丸膏薬・定斎・薄荷圓・五種香・ズボウトウ・ウニコオル・正氣散・和中散・王子五香湯・一粒金丹・實母散・錦袋圓・讀書丸・清明丹・堀越固本丹・婦王散・茄子薬・年玉薬・小児丸・大木五臓圓・達摩薬・三つ星薬・てれめんていこ・角力膏薬・芭蕉膏・熊の傳三膏薬・徳平膏薬・かぶと膏・梅花膏・万能膏・あんま膏・玉水疥癬薬・即功紙・うなぎ薬・

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

大晦日の豆まき [ぐんま]

Tsuina

○大晦日の鬼やらい
 豆まき(鬼やらい)は、大晦日に行われた追儺に由来する。(源流は中国の儺・大儺)
 新年を迎えるにあたって悪鬼を追い払い・疫霊を除く宮中の年中行事となり、大晦日の大祓に次いで行われたとされる。
 室町時代に入り、一般家庭で豆まきが行われたといわれる。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

一之宮貫前神社 [ぐんま]

Nukisaki23

 安閑天皇元年(531年)、安中・鷺宮に物部姓磯部氏が氏神である経津主神を祀り、その南方・蓬ヶ丘綾女谷に社を定めたのが創建といわれる。 経津主神と比売大神とよばれる女神でありね養蚕の神とされる。
 鎌倉時代頃までは抜鉾神社とよばれ、経津主神が十握剣を地面に挿したので「ぬきさき」、荒船峠と碓氷峠の毛信国境を定める時に鉾で画いたので「ぬきほこ」ともいわれる。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

レンジで白子鍋 [たべる]

Shirakonabe25

レンジで白子鍋

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

ポリタンク [にっき]

Politank

○ポリタンク
 関東は赤色、関西は青色。


nice!(0)  コメント(0) 

大利根仙人 [ぐんま]

Ootone

○大利根仙人
 藤原の郷土玩具、白樺に松ボックリの笠・目が動く。

※宝川温泉には、「くるみ細工」なる民芸品があったらしい。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

正幸寺の三碑 [ぐんま]

Syoukouji11

○正幸寺(前橋)

三日月の碑 「三日月や広い空にも曲げて置く」
十夜の碑 「祖父祖母の孫にもあまき十夜かな」
猫の碑 「麦飯にやつつる恋や里の猫」

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

グンマの昔:川場村 [ぐんま]

Kawabaikushina

川場村・生品分教場


nice!(0)  コメント(0) 

書上タイムス [ぐんま]

Kiryu57

書上タイムス

※グンマの新聞
 明治六年十二月、高崎誠之堂から「書抜新聞」が木版印刷で月五回発行された。


nice!(0)  コメント(0) 

グンマの昔:清水鉱泉 [ぐんま]

Takasaki_kannon71

清水鉱泉(高崎観音山)

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

グンマの昔:わらび縄 [ぐんま]

Warabinawa11

○わらび縄(高山村)
 ワラビを乾燥して縄を綯った。 飢餓になったら水で戻して食べる、代用食であった。


nice!(0)  コメント(0) 

甘楽町・小幡 [ぐんま]

Obata33

甘楽町・小幡

甘楽 について

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

ふなずし [にっき]

Funazushi51

ふなずし(@魚谷清兵衛商店)

本物は高価なので、砕いた物を買う。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

獅子岩 [さいたま]

Shishiiwa11

獅子岩@定峰


nice!(0)  コメント(0) 

グンマの昔:亜炭鉱 [ぐんま]

Takasaki_atan12

○亜炭鉱
 明治時代に舘の亜炭採掘始まる・水平に掘る岡堀り(狸堀り)、大正時代に廃坑となった。  昭和時代になると高崎炭鉱で亜炭採掘、斜抗による採掘となった。 1939年群馬亜炭、1946年金井炭礦株式会社、抗口は左近屋敷と大畑。 この他に青木炭鉱があった。

※炭鉱坑口跡

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

すあま [駄菓子]

Dagashi2353a

すあま
 (和楽株式会社@足利市多田木町1313-1)

☆すはま
 浜辺を表現した「洲浜」が源、現在も京都植村義次の洲浜が残る。


nice!(0)  コメント(0) 

グンマを話そう:茂左衛門 [ぐんま]

Mozaemon39

○天下の義人茂左衛門
 沼田城主真田信利の悪政に憤慨した杉木茂左衛門は幕府に直訴を企て、上野寛永寺輪王寺宮文箱に訴状を入れ・板橋の茶屋に置いた。 茶屋主人は宮家の紋章に驚き、巡り巡って幕府に届けられ、天和元年真田信利は三万石没収(お助け検地)・身柄拘束となった。 直訴した茂左衛門は、補吏に捕まり天和二年竹の下刑場で磔になった。(恩赦になったが赦免状が間に合わなかったともいわれる)


nice!(0)  コメント(0) 

和田城 [ぐんま]

Wada_shiro11

○和田城
 和田義信(義言)創始、その後拡張・増改修・廃城、井伊直政が箕輪城を移城再築、当初の形は消えた。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

榛名 メモ [ぐんま]

Gunma_haruna01榛名山・榛名湖・榛名神社 メモ

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

伊香保 メモ [ぐんま]

Gunma_ikaho01伊香保温泉メモ


☆伊香保
 古くは、厳つ峰(榛名山のこと)。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0)