So-net無料ブログ作成

桜まつり・幸手市 [さいたま]

Satte_sakura7

幸手桜まつり@幸手権現堂桜堤(県営権現堂公園内)

桜もスゴイが、露店もスゴイ(一列に並んで約100店)。

について

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

埼玉県立浦和図書館 [さいたま]

Urawalibraly2

 さいたま市から県立図書館が消えた。 これで、県立図書館が無い「県庁所在地」となった。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

玉だれ [駄菓子]

Tamadare

○玉だれ
 山葵を用いた求肥菓子、榮太樓特作として夏の人気菓子だった。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

萬年筆 [むかしむくれて]

Edo_mannenhitsu

○万年筆(丸善書店)
 明治二年頃「カウススタイログラフィックペン(針萬年筆)」輸入、明治三十年頃ペン先のついた「Fountain Pen(萬年筆)」輸入。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

辻占 [むかしむくれて]

Edo_tsujiuranai82

○辻占(夕占・道占)
 神社仏閣の神官僧侶たちが神託により吉凶を記した刷り物を神占といったのが始まり。 黄楊の櫛を持って辻に立ち・神仏を念じながら・往来する人々の言葉を聞き、事の吉凶を占った。 この結果を記した紙を売り歩いたのが「辻占売り」。 その後、巻き煎餅やかりんとうにはさんで売る者が現れた。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

圏央道:久喜白岡~境古河 [さいたま]

Satte_high

圏央道:久喜白岡JCT~境古河IC

※ほぼ対面通行


nice!(0)  コメント(0) 

富山ブラックカレー [駄菓子]

Toyamablackcurry

富山ブラックカレー
 (廣貫堂@富山市梅沢町2-9-1)

○レトルトカレー、180g
 廣貫堂は富山の薬屋さん。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

ふしぎなえ [???]

Fukuonkan

ふしぎなえ・福音館書店


nice!(0)  コメント(0) 

あんみつ [駄菓子]

Anmitu

○みつ豆・あんみつ
 江戸時代末より屋台で売られていたものを、1902年浅草舟和が改良して売出した。 その後、銀座若松がみつ豆に餡をのせた。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

鯰絵 [むかしむくれて]

C0090882

上方震下り瓢磐鯰の化物他
画像番号: C0090882
列品番号: QB-11034
時代: 江戸時代

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

耳の垢とり [むかしむくれて]

Edo_mimiaka1

○耳の垢とり
 江戸神田紺屋町・京都・松浦潟平戸、などにみられたらしいが、正徳時代には消滅したといわれる。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

ポンポン船 [駄玩具]

Dagangu161a

ポンポン丸


nice!(0)  コメント(0) 

三笠山 [駄菓子]

Dagashi2369a

三笠山(文明堂)

☆どらやき
 関西では三笠山、古今和歌集に出てくる三笠山の稜線に見立てた。 
※京都の菓子に「どら焼き」というのがある。 寺の銅鑼で焼いたのがはじまりといわれる。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

歯磨 [むかしむくれて]

Lion5

歯磨
 明治二十八年本舗東京資生堂(現資生堂)が福原衛生歯磨石鹸発売。 明治二十九年「ライオン粉歯磨」発売。 その後、花王散歯磨・ライオン歯磨・菊世界はみがき・ベビー歯磨・アーム歯磨・コルゲート・スモカ歯磨・鹿印練歯磨・クラブ歯磨・象印歯磨、などあった。

※ライオン歯磨きの社名は、ライオンの牙が白くて強いので「ライオン歯磨き(獅子印ライオン歯磨)」とした。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

日本コナミルク株式會社 [1960年代]

Nihonkonamilk

○日本コナミルク株式会社(富浦村)
 1916年に東洋煉乳所を譲り受けて設立された。  当時としてのコナミルク製造は、日本としても初期であり製法も幼稚だつたので製品は芳しからず営業は振るわなかった。 大正九年の財界パニツクの余波を受け房総煉乳株式会社に移譲して工場を閉鎖、富浦駅前鉄筋コンクリートの大煙突のみはその後も永くその面影を残していた。 粉乳以外に練乳も製造していたが、関東大震災の被害を受けて解散した。


nice!(0)  コメント(0) 

猫の絵かき [むかしむくれて]

Edo_nekoekaki

○猫の絵かき
 鼠除けの絵を描き売り歩いた。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

日枝神社 [にっき]

Hiejinjya5

日枝神社
 (千代田区永田町2丁目10番5号)

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

レトルトカレー [にっき]

House_beefcurry

House カリー厨房
炒め玉ねぎの ビーフカレー

廉価レトルトカレーだが美味しい。


nice!(0)  コメント(0) 

浅田飴 [1960年代]

Asadaame1

○浅田飴
 昔は病気見舞い(特に産後)には「水飴」が贈られた。 その一つが「良薬にして口に甘し」といわれた明治二十二年「御薬さらし水飴」の発売であり、後の「浅田飴」である。  江戸時代の薬屋の看板は、大きさ・豪華さを競い、費用を惜しまなかったといわれる。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

竹田近江機捩戯場 [むかしむくれて]

Edo_karashibai9

○竹田近江機捩戯場(からくりしばゐ)
 寛文二年(1662年)大阪道頓堀で竹田出雲がからくり芝居を興業。 当時日本に来ていたオランダのカピタンたちが、このからくり芝居を見物して感嘆したと描かれている。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

片陰 [むかしむくれて]

Edo_mizu2

○片陰(夏の夕方の日陰)
 佃島住吉神社・佃祭にて、麦湯・水売り・街芸人。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

調神社 [さいたま]

Tsuki0334b

調神社・つき(つきのみや)神社@さいたま市浦和区岸町3

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

樟脳船 [1960年代]

Dagangu160a

しょうのう舟
 セルロイド製舟の船尾に樟脳を付けて水の上を走る。

※古く江戸時代には、松ヤニや熊の肝なども使われたらしい。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

子のできる保證薬 [むかしむくれて]

Kusuri_kodomo

○子のできる保證薬(新宮薬館)
 妊娠にならざる時ハ百倍にして返金す。


nice!(0)  コメント(0) 

流行癈物くらべ [むかしむくれて]

Edo_ryukou

○流行癈物くらべ

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

お千代舟 [むかしむくれて]

Edo_ochiyofune

○お千代舟(阿千代舟)
 船饅頭を見立てた街芸、お千代は船饅頭一番の美女だったらしい。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

かれい西京漬焼膳 [さいたま]

Marushin0324a

かれい西京漬焼膳
 (串焼 丸真@さいたま市浦和区仲町2-12-3、11:00~14:00、月休)

かれい について

もっと見る


nice!(0)  コメント(0) 

大禿 [むかしむくれて]

Ookamuro

○大禿(おおかぶろ)
 男娼の妖怪といわれる。


☆切禿(きりかぶろ)
 髪を切りそろえただけで・結ばない髪型の子供。 古くは陰間の霊、その後は遊女に仕えた少女の意。


nice!(0)  コメント(0) 

貝杯 [むかしむくれて]

Edo_sakazuki2

○貝杯
 鶉貝の「幾瀬」・夜光貝の「鳴戸」・オランダ渡りの「春風」・鮑貝の「君が為」「梅枝」・その他に「吾肖子」「瀧音」など。

もっと見る


nice!(0)  コメント(0)