So-net無料ブログ作成
検索選択

忠七めし

Ogawa_futaba1

○日本五大名飯・忠七めし
 割烹旅館二葉・二葉楼@比企郡小川町大塚32、月休、0493-72-0038

お茶 について

Ogawa_futaba2

Ogawa_futaba3


 「忠七めし」は、山岡鉄舟から八代目当主・八木忠七に「料理に禅味を盛ってみよ」との示唆があり、思案に明け暮れ苦心創案して作られました。 これは温かいご飯に新鮮な海苔を加え、独特のつゆをかけてお茶漬けのように召し上がる料理で、その味を引き立たせるものとして、わさび・柚子・さらし葱などの薬味を添えます。
 東京・深川めし、大阪・かやくめ..

YAMADA

鉄火丼

Sukiya_tekka01

○すき家の鉄火丼

すき家 について

Sukiya_shijimi鉄火丼としじみ汁

Sukiya_ochaすき家でお茶

YAMADA

八潮市立資料館 (1)

Yashio01

八潮市立資料館
 (八潮市南後谷763-50、月休、048-997-6666)

Yashio02

八潮市 について

Yashio03


☆八潮市垳
 他には無い地名。 八潮は、八幡村・潮止村・八條村が合併してできた。



八潮のむかしばなし

○月夜に光る丸木舟(西袋・柳之宮)
 西袋の蓮華寺のわきの田んぼは、まん月の晩にかぎって、ピカッ、ピカッと光ったそうな。 何でも、そのように光るところには、丸木舟がうまっているそうな。 


○たから船のちんぼつ(大原・浮塚・南川崎)
 むかし、八潮は海だった。 この海をば、..

YAMADA

福神漬

Syuetsu1

福神漬の碑(福神漬顕彰碑)@日暮里・浄光寺

福神漬 について

Syuetsu2

Syuetsu5

石碑 について


☆酒悦
 延宝年間(1673~1781年)伊勢山田の野田清右衛門が江戸本郷元町にて乾物屋「山田屋」を開いたのが前身といわれ、後に池之端に移った時に上野輪王寺の門跡が好き勝手につけたらしい、詳細は不明。

☆福神漬
 日暮里浄光寺に福神漬の碑(福神漬顕彰碑)があるらしい。

☆福神漬け
 酒悦十五代店主野田清右衛門が、七種類の野菜を醤油漬けにしたのが始まり、七種類の野菜で..

YAMADA

いろは金平

Dagashi2472a

いろは金平・まっ茶
 (大阪糖菓株式会社@堺市堺区南島町4丁目148番12号)

お茶のコンペイトウ

金平糖 について

YAMADA

江戸の茶屋

Shinobazu21

☆江戸の茶屋
 お茶だけを出すのが「葉茶屋」、酒や肴も出すのが「水茶屋」。 奈良茶飯屋などは「一善茶屋」・「煮売茶屋」とよばれた。

Fukagawa31

Fukagawa32

Chaya_meiji

Chamise1880○茶屋・1880年

YAMADA

後楽園

Meiji_kourakuen愛宕山後楽園・明治時代

Meiji_ochanomizuお茶の水

Suidoubashi_mieji○小石川水道橋(お茶の水)


Ochanomizu21御茶ノ水駅

YAMADA

教訓茶碗

Kyoukun

○教訓茶碗
 石垣島土産、沢山お茶を入れると全部流れ出てしまうので教訓「欲張って多くを望むと、すべてを失う」。 早い話が、水洗便器の原理だ。

Kyoukun2

YAMADA

上野不忍

Edo_ueno

上野山した・不忍池畔(名所江戸百景)
茶屋・伊勢屋

※不忍池畔には出合茶屋があったらしい。

不忍池 について

Shinobazu21

不忍池(江戸名所道戯尽)

☆江戸の茶屋
 お茶だけを出すのが「葉茶屋」、酒や肴も出すのが「水茶屋」。 奈良茶飯屋などは「一善茶屋」・「煮売茶屋」とよばれた。
※明歴の大火後、浅草に奈良茶飯屋(一善飯屋)ができ、次第に江戸中に広がった。

☆池の茶屋
 上野不忍池畔の出合茶屋、蓮茶屋・蓮池院ともよんだ。 


Edo_yaozen

八百善・浅草山谷(江戸高名会亭尽)

☆八百善
 勘定..

YAMADA

レモン牛乳

Lemonmilk9

○レモン牛乳
 牛乳にレモン果汁を加えると固まると思われているが、よく冷えた牛乳をかき混ぜながらレモン果汁を少しずつ加えていくと固まる事は無く、甘味を加えると本物の「レモン牛乳」ができる。 サッパリして意外と美味しい。 

※温かい牛乳は不可


Lemon_shibori

☆レモン
 レモンが酸っぱいのはクエン酸。 ビタミンCはアスコルビン酸。
※熱に弱いビタミンC、熱いお茶で壊れないのは、お茶の苦み(エピガロカテキンガラート)がガードしているそうだ。

YAMADA

饅頭茶漬け

Manjyu_chazuke2

○饅頭茶漬け
 饅頭にはお茶。 とにかく、ぼた餅・おはぎ・ぜんざい・おしるこ・小豆ぼうとう、などを包括する日本食の原点だ。

※米・饅頭・茶だけの方がおいしい。

茶漬 について

Manjyu_chazuke

○饅頭茶漬け
 饅頭を四つに分け・ご飯にのせて・煎茶をかける。 森鴎外一家が好んだといわれる。
※焼餅を醤油に浸し・ご飯にのせて・ほうじ茶をかけたともいわれる。

YAMADA

茶コーラ

Dagashi2331a

しずおか 茶 コーラ
 (木村飲料株式会社@島田市宮川町2429)

○炭酸飲料、240ml。

※お茶大好きなやまだくんには、美味さ解らず。

YAMADA

ぐんまわらべうた:故郷の唄

Gunma_jijibaba

じじーばばー
おれの目にごみがへったから
こまででかき出せ ほうきではきだせ

※じじーばばーは、あけび・春らん

桃栗三年 柿八年
ゆずの馬鹿めが十八年

牛のしょんべん 十八丁
これつもずいぶん 長いな
ああ 長いな

こうもり こいこい とんでこい
おまえのぞうりは くそぞうり
おれのぞうりは 金ぞうり

ひばりひばり 下りてこい
早く下りぬと 子をとるぞ

からすからす かんがらす
先のからすが 後んなれ
後のからすが 先んなれ
からすからす かんがらす

しなば死ね いきれば生きろ
※捕った魚が死にそうなときに

おっぺ..

YAMADA

茶柱縁起茶

Chabashira

必ず茶柱が立つお茶

☆お祝いの席には茶を出すな
 「茶々を入れる」ので嫌われた。

☆茶柱
 大国主命が須世理媛を迎え宮殿を建てるさい、地に柱を立て・空中高く千木をあげて屋根を作ることは縁起が良いと言うので、朝一番の茶柱を喜ぶようになったといわれる。

☆茶柱
 お茶商人が、売れ残った二番茶を何とかして売ろうと「茶柱が立つと縁起が良い」と宣伝したという説もある。

☆茶柱
 「茶柱が立つと縁起がよい」は、駿河の茶商人が売れ残った茎茶を売りさばこうと考え出したといわれる。
※キャッチフ..

YAMADA

グンマ食禁忌

Okirikomi

お正月には一色もちはつくな、もち米とアワの二色のもちをつくこと。

○ご飯に箸をたてるな。(仏さまのやり方)

○ご飯をこぼすと目がつぶれる。

○ご飯をのこすと、茶わんの中から火が出てもうご飯が食べられなくなる。

○ご飯を食べてすぐに寝ると牛になる。

○とろろご飯のあと、洗い茶を飲むと中風になる。

○はしばさみをするな。(焼場でお骨をひろうやり方)

○ふだんはたつぜん(飯碗を右、汁を左の並べ方)にするものではない。(死者の膳のやり方)

○一月十五日の小豆がゆをふいて食べると、田植えのときに風が..

YAMADA

グンマの昔:お茶講

Ochakou11

○お茶講(中之条・白久保、伊参)
 天満宮のお祭り二月二十四日に、お茶を飲み比べ・飲み当てする一種の遊び(闘茶)。
※甘茶・渋茶・チンピを適度に混ぜ四種のお茶を当てるらしい。

Ochakou23

YAMADA

どこまで解る上州弁(続々)

Gunma_go3

どこまで解る[上州弁]!


☆上州弁は語調が強いのが特徴。

 アマジャラシ→雨ざらし、 アマジョッパイ→甘辛い、 アマヨル→腐る、 アンジャーネー→大丈夫(案じること無しの意)、 イガット→行かなくても、 イジメ→子守かご(飯詰籠を流用した)、 イッサキセン→伊勢崎線、 イッチシタ→行ってきた、 イドコロネ→うたた寝、 イナス→相手をかわす・帰らせる、 イブセエ→危ない・危険、 イボル→ふくれる・拗ねる(エボクルとも言う)、 エビガニ→ざりがに、 オオヤケシイ→公然と・格式ばって..

YAMADA

グンマの占法・呪法(太田史)

Ohta27

○「イネゴ」をなはすには、鎌の柄をあぶって、その部分をなぜる。
○「コウデ」が起ったら、両親揃った末っ子の異性の人に、縫糸にて腕を縛って貰うとなほる。
○「シビレ」のきれた時は、ひたひにつばきで十の字を三つかく。
○トゲを抜きたるあと局部の化膿を防ぐには、抜きたるトゲを歯で十分にかみくだきて、それを局部につける。

○夏日「カクラン」にかかったときは、破れすげ笠をかむり、水をかけるとなほる。
○顔へはたけが出来たら、もぐらの手でなぜるとなほる。
○子供の口の周りに皮膚病の出来たとき、草でそ..

YAMADA

富士見村伝説(勢多郡富士見村、現前橋市)

Akagi

○大沼の主は大きな緋鯉、五十年毎に人身御供が必要。

○覚満法師が、法華経力をもって赤城沼に入水した赤城姫を竜神の座に上げた。(覚満淵)

○唐人が船でやってきたがもう上流に行かれないので引き返したのが、石井の船返し。 一休みしたところが、漆窪の唐人貝戸。

○弘法大師が鉈で薬師如来を彫ったのが穴薬師。

○小沢・金剛寺が火事になったとき、不動様が庭の木に登って避難したが、魂は石井に行ってしまい抜け殻だった。

○漆窪の薬師様を、馬に乗ったまま通ると落馬し・帽子をかぶったまま通ると飛ばされた。

○..

YAMADA

義経伝説

Isesaki_yoshitune1

○義経伝説(伊勢崎)
 伊勢崎三和町・赤堀町・東村にかけては東道とよばれ、源義経が平泉に逃れるとき通ったとされる。

(堂山)

Ushiishi

Isesaki_yoshitune2

◇牛伏
 源義経が従えていた牛が病気になり休ませたので「牛伏」と呼ぶようになった。 また、この地一面の野原にはシドメが咲きトゲがあって座ることもできなかった。 しかし翌年になると、牛伏のシドメにはトゲが消えたとされる。

◇五目牛
 牛の病気が治り出発した一行は、粕川の洪水で牛が流され、牛の荷鞍だけが浮かび上がったので「鞍が淵」となづけた。 また、川..

YAMADA

北橘伝説(勢多郡北橘:きたたちばな、現渋川市北橘町:ほっきまち)

Shiroi31

○親鸞一行が「波阿弥陀物」と唱えながら布教の途中、上箱田の硯石で利根川の白波を見て、「この自然の激しい地の人々はその気質も激しく、私の教えも容易には理解されないであろう」。 布教をあきらめ常陸国へ向かった。 このとき、硯石で墨をすり和歌を詠んだ。

○火事の時に助けられたお坊さんに、お茶がなかったので甘酒を出したら喜んで飲んだ。 翌朝、石井・珊瑚寺のお地蔵さんの手が焼けていた。 それ以来、甘酒を供えるようになり「甘酒地蔵」とよばれる。 萩原右近・左近兄弟が祭った地蔵ともいわれる。..

YAMADA

ぐんまわらべうた:季節編

Gunma_warabe12

ぐんまわらべうた:季節編

○お正月(羽根つき)
お正月三日の日 大師様のお祭りに
おばさん家に行ったらば いもにてつん出した
もっとくいてえといったらば 大根にてつん出した
もっとくいてえといったらば 大きな目でにらんだ

○大晦日
だんなのきらいなおおみそか おたばこぼんとお茶もって来い もう早おいとまつかまつる

○お正月
おんしょうしょう正月は 松立てて竹立てて 子供の喜ぶお正月

○お正月
お正月はどこまで 番匠山の腰まで 赤え餅て白え餅を松葉にさして ガラガラ振ってくれ 

○お盆..

YAMADA

ぐんまわらべうた:動物編

Gunma_warabe17b

ぐんまわらべうた:動物編

○牛
牛のしょんべん 長しょんべん 牛の小便十八丁

○立ちションベン
外の神様ごめんね

○トンボ
油かい茶かい 油一升かってこい

○カタツムリ
つのんでえろ でねえと でえかん様につれてって くびべったり切りもうす

○ちょうちょ
やんめどっこ くそどっこ おれの目にたかんな

○バッタ
ばったばった はたおれはたおれ ぎっつ
※ぎっつ=コオロギなど

○ありじごく
てっこはっこ てっこはっこ お茶のみおいで

○クモ取り
ちちぐも ちちぐも 下に火事があるか..

YAMADA

節句は女の祭りだった(女の日)

Syoubuyu39

○節句
 ショウブとヨモギを軒に下げて厄除けとした。(昔、鬼に追われた人がショウブとヨモギの間に隠れ、その香により鬼が人を見失ったとされる)  子供に菖蒲をつけ・こいて腹をむぐし、腹の虫除けとした。  地域によっては、菖蒲が育つのを待って一ヶ月遅れで節句をした。

節句 について


○節句・菖蒲と蓬
 強い香気を発するので魔性のものを退けるとされた。 これらで、屋根を葺き(屋根に挿すor軒先に挿す)・菖蒲湯に入り・菖蒲酒を飲み・菖蒲で打ち合い・地面をたたき・女の尻..

YAMADA

群馬での暮らし:グンマ語(榛東編)

Shintou_mimi

耳飾り館
 (北群馬郡榛東村大字山子田1912、0279-54-1133)

 縄文時代後晩期の集落(約3000年前)である茅野遺跡から多数の土製耳飾りが出土したことから、これを展示・紹介することを目的として開館。

《グンマを話そう》 @榛東村
 あそびょう→農協・役場などによる無報酬の仕事、 あんね→おんな・あねさん、 うさぎねむり→目を開いて眠る、 おけー・ぞーせー→おじや・雑炊、 おごっそう→ごちそう、 おっこす→こわす、 おてんたら→おべっか、 おばんし→炊事する人..

YAMADA

群馬での暮らし:オチャスケベ

Chasukebe1

○オチャスケベ(茶好部)
 [お茶大好き人間]のこと。 地域によっては、チャフクベ・オチュッパカリ・チャドウラク・オチャクレ・チャブクレ・オチャッピキ・オチャクライなどというが、いずれもあまりいい意味ではない。

※お風呂好きはユスケベ、出歩くのが好きな人はデスケベ、酒好きはサケックライという。
------------------------------
○近所でお茶を飲みまくることを「ヒラキマワル・ヒラキアルク」という。

※ヒラキは物貰いの意。




○茶渋
 茶碗の茶渋でお茶が..



YAMADA

グンマの昔:節分

Gunma_setsubun

○節分
 節分は、トシトリ・トシコシとも呼ばれ、この日で数え歳に一才加えられる地域も多い。 もともと豆撒きは、神への散供(打ち撒き)とされ、やがて鬼を追いやるものとされた。 ただ、豆を撒くとは限らず、地域によっては川に流したり・井戸に入れたりして厄落としとした。 ほかにも、厄落としに、豆・みかん・銭などを撒く地域もある。

※節分の豆を紙袋に入れ・かぎ竹に吊し、初雷の時食べると落雷が無いと言われている

Gunma_sankakumanako

○三角マナコ(鬼の目)
 ウツギで三角形をつくる。 腰に下げると「はやり目」に罹..

YAMADA

どんど焼き伝説

Dondoyaki2

○ドンドン焼きの火にあたると風邪をひかない。
○道祖神焼きの灰をこたつに入れると風邪をひかない。
○道祖神焼きの灰を家の周囲に撒くと、百足・蛇・虫が入らない、盗難除けになる。

○ワキザシを短かく切って鎌の柄にするとマムシ除けになる。
○カタナにつけた火で煙草を吸うと無病、長生きする。
○家の中に蛇が入ったときキッポで追うと入らない。
○ドンドン焼きの火で餅・マユダマを焼いてたべると風邪をひかない、長生きする、できものができない、虫歯にならない。
○女はこの火で頭髪の抜毛を燃す..

YAMADA

お茶漬けうどん

Chazuke_udon

YAMADA

群馬での暮らし:道祖神

Gunma_dousojin2a

○道祖神(ドウソジン・ドウロクジン)
 境の神、外界から集落に入ってくるあらゆる魔障を防ぐとされる。 グンマでは男女の双体道祖神が多い。(兄妹説が多い)

(縁結びの道祖神@室田坂下)


○ぐんまわらべうた:大晦日
だんなのきらいなおおみそか
おたばこばんとお茶もって来い
もう早おいとまつかまつる

YAMADA

ぐんまわらべうた:子守歌

Gunma_warabe16

○子守歌
お月どんいくつ 十三、七つ
七つの年に あの子を生んで この子を生んで 
だれにだかしょ
おまんにだかしょ 
おまんはどこいった
油かいに茶かいに
油屋のえんで すべってころんで 油一しょうこぼした
その油どうした
太郎どんの犬と 次郎どんの犬が みんななめてしまった
その犬どうした
ぽっころしてしまった
その皮どうした
太鼓に張った
その太鼓どうした
つんもしてしまった


○子守唄

ねんねん猫のけつへがにがへえ込んで
一匹だと思ったら二匹だったよ
二匹だと思ったら三匹だっ..

YAMADA

群馬での暮らし:食生活いろいろ

Okirikomi

《グンマを話そう》

○アンゴー:竹製の杓子さし。
○ウチヅカイ:家庭用。
○オチャゾッペー:お茶だけで他のものを出さないこと。
○カジリガキ:直ぐ食べられる甘柿。
○カタケニタベル:副食でなくて主食にする。
○カッテクベル:交ぜて食べる。

○キリバン:姐板。
○キリボシ:乾燥藷。
○クスリモン:極く大切な食べ物。○シギ:筋、繊維。
○シップリ:野菜頼の切端、尻。
○シトギ:梁・屋根換えの時米粉のを一つ豆粉のを二つ助けた家に配る。
○ツカイアブラ:食用にしない油。 ..

YAMADA

塩焼きそば

Shioyakisoba0223a

  「ソース」の代わりに「お茶漬けの素」で和風焼きそばに。

Shioyakisoba0223b

YAMADA

塩焼きそば

山田君の世界

  ソースの代わりに「お茶漬けの素」で食べてみた。 美味しく食べられる。

Peyang1b

YAMADA

駄菓子 (2027) 

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

高崎うめぼし
2つぶ梅
 (福島農園@高崎市箕郷町金敷平448)

○梅干(2個入りで30g)
 駅弁売店で売っている梅干し。(100円)

☆梅はその日の難のがれ
 朝、梅干しを食べるとその日は災厄をまぬがれ、山野瘴癘の気に侵されぬ。
※温泉旅館で、朝のお茶請けに「砂糖をかけた梅干し」が出るのはこれによる。

☆梅は食うとも核食うな
 「梅は食うとも核(さね)食うな 中に天神寝てござる」とも、菅原道真..

YAMADA

駄菓子 (1997) 

山田君の世界

キンセン
黒豆
 (金扇ドロツプス工業株式会社@名古屋市西区則武新町 2-11-41)

○飴菓子(黒豆)
 チョットお茶受けに良い感じだ。

YAMADA

しらこ汁

山田君の世界

○ 鱈の白子汁、たらの子入り

Shirako_jiru2

○残りで雑炊。


☆雑炊
 古くは「増水」、もっと古くは「こながき(糝)」。 少量の米を水増ししたもの。  ご飯たっぷりなのがお茶漬け、平安時代藤原実朝にはじまったといわれる。 江戸時代に永谷宗七郎が煎茶を普及してから、庶民の味となった。(後に永谷園)

YAMADA

山椒の実の炊き込みご飯

Gunma_sansyo

○山椒の実の炊き込みご飯
 独特な香りと食感だそうだ。

☆昆布に山椒
 お茶を飲むに、良い取り合わせとされた。 「山椒昆布」というのもある。

※「山椒は小粒でぴりりと辛い」、ナガノでは「山椒は小粒でも実は辛い」ともいう。

YAMADA

グンマの食事体系:やきもち

Gunma_oyaki

○やきもち
 おやき・じりやき等呼び方はいろいろ、作り方もいろいろ。 小麦粉に手元にあるものを入れて焼くだけ。

Jiriyaki21

○グンマの食事体系
①チャガシ(チャノコ):起きてすぐ食べて、山仕事に出かける。 ブチ・やきもち等。
②アサメシ(アサハン・アサゲ):ひと仕事してから食べる。 ご飯・みそ汁のフツーの朝ごはん。
③ヒルメシ(オヒル):正午ごろ食べる。  朝食の余りに副食品程度。
④コジュハン:午後三時頃、仕事休憩時に食べる。 おむすび・やきもち・蒸かしイモ等。
⑤バンメシ(ユウメシ・ウユ..

YAMADA

お茶の子饅頭

Numata_kamikiku

○紙菊(現菊屋紙店)@沼田市下之町1008

 沼田で一番古い菓子が「お茶の子まんちう(お茶の子饅頭)」であり、 製造元は菓子屋の元祖とも言うべき沼田藩御用菓子司「菊屋」であった。
 その後、菊屋の初代伝田太惣次が、息子に「菓子菊(菓子)」を、娘に「紙菊(紙・菓子・雑貨・筆)」にのれん分けした。 現在「菓子菊」は廃業したが、「紙菊」は菊屋紙店として続いている。

※伝田専人は伝田太兵衛(菓子菊)の弟

※沼田の「菊屋の羊羹」が有名だったともいわれる。

YAMADA

駄菓子 (1425)

山田君の世界

緑茶香る静岡の味
お茶らむね
 (木村飲料株式会社@静岡県島田市宮川町2429)

「静岡緑茶」と、昔懐かしい「ラムネ」が出会った。 なんとなく、ほっとする味です。

○炭酸飲料(200mlで67Kcal)
 瓶ラムネ、口部分はプラスチック。 なんとなく、ウォッとする味だ。

Dagashi1425b

瓶裏のこの表記は何なんだ?

YAMADA

汽車土瓶

山田君の世界

 ヤカンを持った駅弁売りやホームで、売っていた「お茶」だ。 飲んだ後は、中身(お茶・お湯)だけ買うこともできた。

Ksya_dobin2


☆お茶
 明治二十二年、三盛軒(現東海軒)が駅弁と併せてお茶の販売を始めた。 冷めにくいように信楽焼陶器を用いたが、全国的に広がるとお茶の量が少ない物が売られ、ガラス製も用いられたが不評(尿瓶に見える)となり、後にポリエチレン製となった。

YAMADA

狭山茶 (3)

山田君の世界

特濃みどりのお茶
 (株式会社伊藤園)

○緑茶(100g) 
 狭山茶、新茶の季節だ。

Sayamatea

☆「狭山茶」半分以上は、狭山市ではなくて入間市でつくられる。
 江戸時代終わりごろから狭山丘陵で茶作りがはじまり、明治時代初めには「狭山会社」が日本茶を輸出するようになった。 そして、1954年狭山市ができ・1966年入間市ができ、その結果入間市側で「狭山茶」の半分以上がつくられることとなった。

☆おちゃっぴい
 江戸時代の遊郭、遊女が暇な..

YAMADA

一番茶 めがみ

山田君の世界

一番茶 めがみ
 (株式会社伊藤園@東京都渋谷区本町3-47-10)

○緑茶(100g)
 鹿児島産のお茶らしい。 濃くて、少し甘みがある。

YAMADA

鰻丼(白焼き版)

山田君の世界

 さっぱりと、わさび醤油で、白焼きうな丼。 塩を加えて櫃まぶし風にしても良い。 お茶漬けも合いそうだ。

 しかし、中国産鰻に、躊躇してしまうこの頃…

 櫃まぶし、見た目は良くない。 一見、ねこまんまだ…

 土用の丑の日を前に、会社食堂で鰻丼が出た。 迷わず止めた。

YAMADA

狭山茶 (2)

山田君の世界

彩の国さいたま 狭山茶 (株式会社伊藤園)

○緑茶(100g)
 
 最近、「特濃みどりのお茶」のパッケージが変わった。 [色の静岡・香りの宇治・味の狭山]と言われるように、濃い緑で美味しい。(少量でも濃厚な味 )

☆玉露
 元文三年山城國湯屋ヶ村水谷三之亟が精製した茶を、日本橋五代目山本嘉兵衛が買い取り「天上天下一」と命名し諸侯有志に領けた。 その後五代目山本嘉兵衛が、「玉の露」を作り上げた。

☆あがり
 江戸時代の花柳界、芸妓さんにお客..

YAMADA

狭山茶

山田君の世界

特濃みどりのお茶 (株式会社伊藤園)

○緑茶
 
 日本茶(特に濃いお茶)が大好きなので、これを愛飲している。
[色の静岡・香りの宇治・味の狭山]と言われるように、濃い緑で美味しい。(少量でも濃厚な味 ) 

 お茶にも、こだわりがあったりする…

なぜ茶色は緑(日本茶の色)でないのかと思っていたら、中国茶の色だったんだ…。

☆日本茶
 日本茶にはグルタミン酸が含まれているそうだ。

☆ほうじ茶
 ほうじ茶に含まれるタンニンが、舌の疲れを癒し・味覚を正常にす..

YAMADA