So-net無料ブログ作成
検索選択

おひながゆ

Ueno_ohinagayu

○おひながゆ(上野村)(お雛粥)
 河原に石の城を作り、おひなさまを飾り・かゆを作って食べ・お菓子などを食べ、一日を河原で過ごす。(男女ともの地域が多い)

※ ある昔、神流川の上流からお姫様が流れてき、乙父部村人が助け上げ・河原で藁を焚き暖め・かゆを食べさせたのが始まりと言われている。

乙父 について

Ohinagayu21

○乙父と乙母(おっち・おとも)
 木曽義仲の四天王の一人今井兼平の遺児を忍んで夫婦が別れ住んだといわれる。

Ohinagayu_62

Ohinagayu25

Ohinagayu29


○乙父・乙母
 木曽義仲の四天..

YAMADA

竜宮伝説

Fukiware21

○グンマには竜宮伝説が数多くある。

グンマの伝説 について

○伊勢崎市宮子
 雨乞い・日和乞い、阿感坊三日間滞在するも領主に龍宮の様子を話したため狂死。 椀貸し伝説あり、浦島太郎の石碑あり。

○桐生市梅田町
 鍾乳洞奥が龍宮に通じている。椀貸し伝説あり。

○千代田村
 五軒屋敷の井戸は龍宮に通じ、水が尽きない井戸といわれる。

○上野村
 龍宮洞(不二洞)、罪人が洞窟中に織姫っを見たが役人に話したため狂死。
※白鰍を見たものは死ぬといわれる。

○吹割の滝
 滝壺は龍宮への..

YAMADA

グンマの昔:関所一覧

Kaidou_sekisyo31

○関所一覧
戸倉関所:会津街道・片品戸倉
湯桧曽番所:原則通行禁止・水上湯桧曽
入山番所:六合村入山
伊香保関所:伊香保 榛名関所:榛名神社内
祖母島関所:渋川市祖母島
大笹関所:原則通行禁止(毛無峠道もあった)・嬬恋大笹
 ※非常時は「くさび」をはずすと橋が吾妻川に落下する仕組だった。(刎橋)
狩宿関所:長野原応桑
大戸関所:吾妻大笹
本宿関所:信州街道(中山道脇往還)・下仁田町本宿
藤井関所:女街道(西牧関所)・下仁田町藤井
砥沢関所:中山道脇往還(南牧関所)・南牧村砥沢
白..

YAMADA

かんかん踊

Kankan38

カンカン踊
 文政四年春、葦屋町河岸にて唐人踊なる見世物が出「カンカンノウ」とて蛇皮線に合わせ・銅鼓を叩き・法螺を鳴らし・大蛇を舞った。 後に、両国広小路・深川八幡でも開かれ・子供たちが真似て踊り・江戸市内を風靡したといわれる。 文政五年には禁止令が出たが、みんなで無視した。

Kankan_edo38

グンマのカンカン踊りは下記。

○カンカン踊り・上野村乙父

○カンカン踊り・藪塚三島神社

Kankannou97

☆看々踊之図

Kankannou97

Kankannou21

○看々踊・かんかんのう
 文政三年四月大阪荒木芝居にて興行、..

YAMADA

グンマの昔:下仁田森林鉄道

Ueno_hontani

○本谷事業所(営林署)・上野村
 1933年開設、20年ほどで閉鎖(廃村)。 本谷は、営林署従業員らの生活の場であった。(ランプ生活だったらしい)  木材搬出はトロッコをガソリンカーが三岐まで牽き、トラックで輸送した。 また「トロッコ道」もよばれ生活路でもあった。

Shimonitashinrin69

○下仁田森林鉄道
 1920年度磐戸~塩ノ沢峠工事着手、1921年度塩ノ沢峠~坂下~本谷国有林工事着手、1927年度磐戸~本谷国有林34.92km開業、下仁田~磐戸は上信電鉄が計画していた。
 1934年磐戸~塩ノ沢峠~坂..

YAMADA

グンマの昔:十石犬

Jukkokuken

○十石犬
 上野村だけにいた猟犬、絶滅した。

YAMADA

砥沢砥石

Tozawa1

○砥沢砥石(上野村)
 江戸時代は「上野砥」とよばれ、幕府の御用砥であった。 猿に教えられて発見したとされる。 17世紀初め代官中野七蔵が奈良屋彦次郎に開発を命じる、1923年土豪市川氏が採掘開始、その後幾多の変還を経た。 17世紀初め全盛期をむかえ、江戸への輸送のため富岡町新田が整備された。

☆他山の石
 粗末な石でも砥石になる。 反面教師のお手本。

YAMADA

猿ヶ京・赤谷湖

Mikuni57

猿ヶ京カッパ公園・カッパ地蔵
 (群馬県利根郡新治村猿ヶ京温泉)

利根郡 について

Mikuni53


○カッパのおんがえし(赤谷・本宿)
 日照りで食べ物が無くなったカッパが、じいさん・ばあさんの住む水車小屋にやってきたので米を与えた。 その冬、じいさんが雪道で転んで足を折ってしまったところ、助けたカッパが出てきて、治るまで背負って足代わりになってくれた。 
※ただし、カッパの背中だったので、いつもビショビショになったらしい。

○かっぱのおんがえし(相俣)
 湯の原村相俣の..

YAMADA

グンマの昔:カンカン踊り(藪塚本町三島神社)

Yabuzuka_mishima

○三島神社
 神楽奉納の際、余興として「ねんねこ踊り」と「カンカン踊り」が行われていた。 ここの神官はひょっとこ踊りが上手だったので「ひょっとこ神官」ともよばれていた。

※かつては、片品村・太田市周辺でも「かんかん踊り」が行われたともいわれる。

①カンカン踊り唄
カンカンノー
キューノデス コリヤ
キュワキュデス
サンジョナライーサーハーミカンサコリヤ
テッペンタイコデヤーハーノハ コリヤ
ヤーハーノハー
メンコノオサイデツンツラツンノツ
オヤマカフーリン
ヒックリケチャバッキンダ
ピーピーピット..

YAMADA

上野国鉱泉一覧

Kouzuke38

☆現在、グンマには約461の源泉(温泉地数は203ヶ所)がある。
 カルシウム鉱泉(黒保根)、 伊香保温泉、 磯部鉱泉、 猿ケ京温泉、 塩川鉱泉、 塩之沢温泉(上野村)、 塩平林鉱泉(多野郡日野)、 奥平温泉、 応徳温泉、 温泉沢鉱泉(碓氷坂本)、 下仁田鉱泉、 花敷温泉、 我楽目嬉鉱泉(がら)、 蟹沢鉱泉(原市)、 開場温泉(利根郡東村老神)、 勧能鉱泉(南牧村・勧能)、 丸沼温泉、 亀沢鉱泉(碓氷川浦)、 吉ケ谷鉱泉、 錦山荘鉱泉(清水鉱泉)、 穴原温泉(利根郡東村老神)、..

YAMADA

全国郷土玩具館

Ueno_kyoudo

全国郷土玩具館@上野村大字楢原309-1
開館時間:午前9時~午後4時30分
休館日:木曜日

※もはや見るべき物無い

上野村 について

Ueno_ohinagayu

おひながゆ(お雛粥)


☆かなんばれ(長野県北相木村・川上村)
 三月三日は、川原に小屋をつくりおひな様を飾り・お汁粉をつくり・お祭りをして・おひな様を川に流す。

YAMADA

旧黒澤家住宅

Kurosawa11

○黒澤家住宅・上野村楢原200-9

上野村 について

Kurosawa12

江戸末期/1830-1867
桁行21.8m、梁間15.9m、二階建、切妻造、正面及び背面庇付、板葺、 風呂場及び便所附属
1棟
群馬県多野郡上野村大字楢原200番地9
重文指定年月日:1970-06-17

Kurosawa53

Kurosawake51

○石置き屋根
 杉(栗)皮を屋根に葺き、押さえ板(貫木)をして石をのせた。 傷んだら天地返しができたので経済的ではあった。
※現在は、このようには綺麗に石がのっていない。

Korosawaie22

YAMADA

グンマ地名伝説

Gunma_map23

○地名伝説、あくまで伝説

○明戸坂(あけとさか)
 小倉季氏がこの坂を通ると日輪が輝いたとか、鹿島・香取の神がこの坂を通ると夜が明け始めた、ともいわれる。 ※アクト・アクツが源らしい。

○稲含山
 神が唐から種籾を口の中に隠して持ち込んだとされる。

○入の湯
 猟師が山中深く犬が傷を癒している湯をみつけたので「犬の湯」が源。

○歌川町
 藤原定家と藤原家隆が、烏川を渡れず歌を詠み合ったとされる。

○姥が懐(うばがふところ)
 平井落城で上杉憲政の嫡男竜芳君が姥もろとも自害した。

○海老瀬(えびせ)..

YAMADA

グンマの昔:十石峠

Jyukkoku14

○十石峠
 かつては、信州大日向へ馬子が荷(下駄など)を運び、帰りは米・酒・わら・草鞋などを持ち帰った。 小諸へ行く馬子衆は帰りに十石の米を上野村白井まで持ち帰ったので、「十石街道」・「十石峠」と呼ばれるようになった。 帰り荷は、白井の市場でトリヒキされた。 
※細い崖道で馬もろとも谷間におちてしまうのが「やきゅう沢」、供養の馬頭観音石碑も多い。

○十石街道(じっこく)
 中山道新町から藤岡・鬼石・万場を経て神流川沿いを遡り、十石峠を越え信州南佐久へ至る街道、十石峠道・山中道とも..

YAMADA

グンマの20世紀:自然災害

000266019

○グンマで怖いもの、それは「火山・雷・火事・空っ風」。


○自然災害一覧
 台風により渡良瀬川決壊(1904.7.14)、 大凶作(1905)、 前橋大雪31.4cm(1908.4.9)、 浅間山噴火すそ野延焼(1909.12.7/5.31)、 豪雨死者行方不明306名以上(1910,8.12)、 浅間山大爆発(1910.12.25)、 豪雨20名死傷(1911.8.4)、 浅間山大噴火(1911.1.18/5.8/12.3)、 大干魃・水不足(1914)、 大地震震源地..

YAMADA

グンマを創る

Gunm_yama10

○グンマの地形
 関東山地(上野村・藤岡方面)と足尾山地は、古生代~中生代に海に堆積した地層により形づくられた。
 三国山脈は、新第三紀に深い海底で堆積した地層やその後の火山活動で噴出した溶岩や火山灰が、地下のマグマから上ってきた熱水により変質したグリーンタフ(緑色の岩石)などからつくられた。
 このため、平野部では海生物の化石が・山地部では恐竜や像の化石が見られる。

Gunm_yama11

 中之条盆地は、五十万年程前、榛名山の噴火で吾妻川がせき止められて形成された「古中之条湖」に地層が堆積してでき..

YAMADA

上野村

Ueno36

○上野村の地名
 楢原(ならはら)、乙父(おっち)、乙母(おとも)、川和(かわわ)、勝山(かつやま)、新羽(にっば)、野栗沢(のぐりさわ)、中ノ沢(なかのさわ)、三岐(みつまた)、神行(かんぎょう)、浜平(はまだいら)、黒川(くろかわ)、明ヶ沢(みょうござわ)、白井(しろい)、坂下(さかした)、利根平(とねだいら)、堂所(どうどころ)、大平(おおだいら)、須郷(すごう)、楢沢(ならざわ)、中越(なかこし)、小春(おばる)、中村(なかむら)、田平(ただいら)、石神(いしがみ)、乙..

YAMADA

グンマの温泉

Gunma_onsen2

どこまで解るグンマの温泉。(温泉一覧)

 グンマには約461の源泉(温泉地数は203ヶ所)があり、約1/3が自然湧出泉で北部に多く・南部には掘削泉が多くある。  近年東部平野部で1000m以上掘る「大深度掘削泉」が広まった。(グンマ何処でも1000m掘れば,60℃程の温泉が湧くともいわれる) ただし、この大深度温泉水は地下停滞水と考えられ限りあるといわれている。
※泉温25℃未満は冷鉱泉。
※老神温泉や猿ヶ京温泉はダム建設で移転した掘削泉。

 カルシウム鉱泉(黒保根)、 伊香保温..

YAMADA

グンマの昔:多野群

Tanogun23

○多野群
 1896年、多胡・緑野・南甘楽の三群が合併した。 この結果、藤岡町・神流村・新町・小野村・八幡村・美土里村・平井村・三九里村・鬼石町・三波川村・吉井町・多胡村・入野村・日野村・美村・神川村・中里村・上野村、が含まれた。
 その後離脱軍が続出し、現在は「上野村と神流町」が残るのみとなった。


☆どこまで解るグンマのことば @多野群(カッコ内は由来)

 あさっぱか→朝仕事(朝作)、 あぜうにも→何としても(何篠に)、 あちゃ→それなら(あぁそれで)、 いしい→悪い(え..

YAMADA

つとっこ

Gunma_tsutokko

○つとっこ@上野村
 ちまきに近いが、餅米を包むのに栃の葉を使う。 

※つと(苞)からついた名前と思われる。

Tsuto23

Tsuto21

 つと(苞)といえば、藁納豆などわらなどを束ねてその中に食品を包んだもの(わらづと)のことであるが、グンマでは瀬戸物など割れやすい食器などを保管する物も「つと」といった。(緩衝保管庫だ)


○粽(ちまき)
 ある昔、楚の国の屈原が五月五日汨羅という川で入水自殺したので、人々は餅を川に投げ入れ弔った。 その後屈原の幽霊が現れたので、投げ入れた餅が川に住むこ..

YAMADA

グンマの昔:本谷事業所

Hontani32

○本谷事業所(営林署)・上野村
 1933年開設、20年ほどで閉鎖(廃村)。 本谷は、営林署従業員らの生活の場であった。(ランプ生活だったらしい)  木材搬出はトロッコをガソリンカーが三岐まで牽き、トラックで輸送した。 また「トロッコ道」もよばれ生活路でもあった。

※トロッコ単体は1960年代まで使われていたらしい。

Ueno_hontani

○本谷周辺は日航機墜落現場でもある。

Ueno29

Hontani39

YAMADA

グンマの昔:白井宿楢原集落

Narahara31

○上野村楢原
 「奈良原」が語源との説もある。 
※ならすので緩い傾斜地を示す。

YAMADA

グンマの昔:小八木人形

Koyaginingyou

○小八木人形
 高崎市小八木・鏡宮神社に保管されていた人形かしらであり、1721年頃には始まっていたとされる。

※グンマで確認された人形芝居は下記など、
 下長磯人形(前橋)・唐堀人形(吾妻)・尻高人形(高山村)・木村人形(利根)・
以下は三人遣い人形:
 下牧人形(月夜野)・津久田人形(赤城村)・羽場人形(新治村)・星尾人形(南牧村)・小沢人形(南牧村)・楢原人形(上野村)・小八木人形(高崎)・泉沢人形(前橋)・清水人形(黒保根村)・
☆人形芝居補足:現存7座・廃絶17座・記録のみ..

YAMADA

殺された六部

Gunma_rokube39

《グンマを話そう》

○番頭に殺された六部(上野村)
 村の大金持ちがお金の土用干しをしていると、通りかかった六部が水を求めた。 そして「これはスゴイ・土産話に見せてくれ」 。  これを見た主人は「怪しいヤツ」と、番頭に言いつけ殺させ・証に耳を削いでこいと命じた。 
 それからというもの、家には不運が押し寄せ貧乏になってしまった。  そこで片耳の「耳無し地蔵」を作って祀るようになった。 

※この話は、グンマ各地にある。

○六十六部
 廻国巡礼人、法華経を書写し全国六十六ヶ所の霊場に..

YAMADA

グンマの昔:黒澤家住宅

Kurosawake51

○黒澤家住宅・上野村楢原200-9

Kurosawake52

江戸末期/1830-1867
桁行21.8m、梁間15.9m、二階建、切妻造、正面及び背面庇付、板葺、 風呂場及び便所附属
1棟
群馬県多野郡上野村大字楢原200番地9
重文指定年月日:1970-06-17

YAMADA

グンマの昔:楢原・浄瑠璃

Narahara_jyoururi

○楢原人形(上野村、楢原・中越・小春)
 1931年楢原・中正寺にて芝居人形一式が見つかったが、その後の保管が悪くほとんどが壊されてしまった。

YAMADA

グンマの昔:弘法の井戸

Gunma_koubouido

○弘法井戸(甘楽)
 弘法大師が水を求めたところ、一人の女が遥か遠くまで水を汲みに行った。 これを見た弘法大師は、錫杖を地中に突き刺し泉を湧出させた。

※弘法大師が大盤振る舞いしたらしく、この話・この井戸はグンマ各地にある。






グンマで今までに発見された「弘法の井戸」は下記、

○藤岡市日野高井戸・弘法井戸
○松井田町坂本・弘法井戸
○榛名町間野・弘法井戸
○利根村石戸新田・弘法井戸
○利根村根利・弘法井戸
○新治村・弘法井戸
○片品村花咲千貫松峠・清水
○新里村赤城山・弘法井戸..





YAMADA

ぐんまわらべうた:おひながゆ

Ohinagayu21

○おひながゆ(上野村)(お雛粥)
 河原に石の城を作り、おひなさまを飾り・かゆを作って食べ・お菓子などを食べ、一日を河原で過ごす。(男女ともの地域が多い)

※ ある昔、神流川の上流からお姫様が流れてき、乙父部村人が助け上げ・河原で藁を焚き暖め・かゆを食べさせたのが始まりと言われている。

Ohinagayu2

Ohinaayu3

Gunma_ohinagayu

☆どれだけ読める上野村の地名
 塩ノ沢(しおのさわ)、 奥名郷(おくなごう)、 乙父(おっち)、 乙父沢(おっちぎわ)、 乙母(おとも)、 胡桃平(くるみだいら)、 向屋(こうや)..

YAMADA

春駒まつり

Harukoma21

開催日 2月11日(祝)
場所  川場村門前地区

 金甲稲荷神社の祭日に奉納されるまつりで、2月11日に行われます。 女装した若者が唄と踊りを 披露しながら門前地区内の家々を廻り、家内安全と養蚕豊作を祈願する、全国的にも知られたお 祭りです。

お問い合わせ【川場村役場むらづくり振興課TEL.0278-52-2111】





Harukoma_takayama

 春駒はグンマ各地にみられ、女一人(高山村)・母と娘(川場村)・爺さんと婆さん(上野村)、などがやって来た。 しかし、養蚕業の衰退・芸人の高年齢化などにより消えた..




YAMADA

グンマの昔:オキンマラ

Gunma_okinmara

○オンマラサマ
 水祝い・カゴ祝い等と称して、新しく嫁を迎えた家に行く行事。 多くは、ドンドン焼きの日に行われた。 これをしめ縄で村の中央につるし、村人が一列に並んで「オッー、オッー」と叫び土神様を招き呼ぶ儀式が「オンマラサマ」である。

※カタナをオキンマラということがあるが、通常オキンマラは太く、ひねれた木が好まれる。
※オキンマラをドウロクジンのヒョーケ神とも言う(上野村)

Gunma_okimara6a

Gunma_shintai3

Gunma_mara3

Gunma_mara5

Gunma_okimara7

YAMADA

世界最後の魔境グンマ:カンカン踊り

Gunma_kankan

○かんかん踊り(カンカンノー)の唄
かんかんのう
きゅうのです
きはきです
さんしょならえ
さあいほおい
みいかんさん
いっぴんだいさい
やははんの
ちんぴがからくて
ふいかんさ
すてつるてん
すてつるしゃんしゃん

☆この呪文はいまだに解読されていない。(唄う人により若干異なる@上野村)

Kankannou2

※カンカン踊りは、藪塚本町三島神社など他の地域でも伝承されていた。 派生に「山寺・いぐべえ帰るべえ・お医者さん」などキワドイものもあったらしい。
※カンカンノーの元々は、若き男女間の官能唄だったら..

YAMADA

全国郷土玩具館

Ueno_kyoudo

全国郷土玩具館@上野村大字楢原309-1

開館時間:午前9時~午後4時30分
休館日:木曜日

YAMADA

つとっこ

Gunma_tsutokko

○つとっこ@上野村
 ちまきに近いが、餅米を包むのに栃の葉を使う。 

※つと(苞)からついた名前と思われる。
※藁苞→ベンケイという地域もある。(矢が刺さった弁慶の姿)

YAMADA

群馬での暮らし:のぞき酒

Sukimisake

《グンマを話そう》
○のぞき酒
 上野村では、婚礼の時に障子に穴をあけ覗き見る習わしがありました。 参会者が儀礼として障子に穴をあけると、「のぞき酒」として若者に酒が振舞われ、庭にムシロをひいて祝杯をあげました。 越後十日町でも「隙見酒」と呼ぶ同じ習わしがあったそうです。
 さらに古くは「婚礼のハレの行事にあたっての石打(砌礫)」と称して婚礼に石をなげる儀式もあったらしい。
 
※この儀式は東北北部でもみられたそうです。

YAMADA

群馬での暮らし:グンマネパール

Sawairi_st

《グンマを話そう》
 勢多郡東村(現みどり市)は、山々に囲まれた中を渡良瀬川が流れて、グンマ最東端に位置している。(東へ山を越えても・北へ行ってもそこは敵国トチギである)  足尾銅山の銅を運ぶ「銅山街道」として栄える前は、炭焼きと山地農業だけの僻村であり、「グンマネパール」とも言うべき秘境であった。 今でも、東村・黒保根村を「山中」・「花輪山中」とさえ言われている。(厳しい地形の万場町・中里村・上野村なども山中・山中領と呼ばれた)  また、沢のつく地名も多く「沢入」もその一つで..

YAMADA

群馬での暮らし:竜宮の椀

Karuta_fukiwari

《グンマを話そう》
○利根村:竜宮の椀
 吹割の滝の底は竜宮に続いていると言われていました。 ある昔、利根村追貝の若者が嫁をもらうことになりましたが、貧しくて客用の膳と椀がありません。 そこで竜宮にお願いしようと、滝の上手から手紙を流しました。 翌日滝へ行くと、お願いした膳と椀が岩の上に置いてありました。 嫁迎えを無事すませた若者は、膳と椀をきれいに洗って返しました。 やがてこの話が広がり、多くの村人が膳や椀を借りることが出来ました。
 ただ、ある村人が返し忘れたことがありました..

YAMADA

群馬での暮らし:神流川

Jyoumine3

《グンマを話そう》
○神流川
 日本武尊は、旅の途中で妻の弟橘姫を亡くしたのを哀しみ、姫の髪を形見として懐に入れていた。 そして、秩父から志賀坂峠を越え上野村 野栗についた時に、野栗神社を建て髪をおさめ臣を使えさせることにした。
 ある時、野栗に悪病が流行ると、村人達はご神体(姫の髪)を清めようと川に流した。 この後、この川を「髪流し川」そして「神流川」と呼ぶようになった。

Kannagawa_51

神流川(伊香保志)


○野栗の神(上野村)
 ある昔、武州秩父の山奥から神々軍団が信濃路にむけて進軍..

YAMADA

焼きドーナツ

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんぐんまんじゅう キャンペーン》

ジューシー焼きドーナツ
 (森の菓子工房@群馬県多野郡上野村大字乙父894)

○焼菓子
 かなり美味しい焼きドーナッツだ。

YAMADA

十石みそまんじゅう

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんぐんまんじゅう キャンペーン》

十石みそまんじゅう
 (森の菓子工房@群馬県多野郡上野村大字乙父894)

○蒸し菓子
 お土産に最適。 でも、「十万石饅頭」に間違われないように。

Ueno_man2

YAMADA

御荷鉾スーパー林道・完走西編

山田君の世界

《ぐんまぐんぐん キャンペーン》

 だいぶ道を覚えたので、「みかぼ林道」を正しく走ってみる。

○南牧村・みかぼ林道西端から入る。

20120711b


○大仁田ダムまでは、一応舗装道。

20120711c


○[大仁田ダム~上野村境]は砂利道。   

20120711d


○南牧村では、鹿などに出会うこと多い。

20120711e


○上野村内は優舗装道。

20120711f


○ 神流町内は並舗装道。

20120711g


○塩沢峠。

20120711h


○八倉峠付近は、そのうち..

YAMADA

御荷鉾スーパー林道・南牧村

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

 南牧村・大仁田ダムの前を通って、塩の沢峠へ。

Nanmoku615e

 
 南牧村内は未舗装。

Nanmoku615f

 
 トンネルも照明無し。

Nanmoku615g

 
 上野村に入ったとたんに道が俄然良くなる。 塩の沢温泉方面分岐。 

YAMADA

群馬での暮らし:市町村

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

○群馬県市町村一覧
  市町村名、どこまで読める?

 

みどり市
安中市
伊勢崎市(いせさき)
館林市
桐生市
高崎市
渋川市
沼田市
前橋市
太田市
藤岡市
富岡市
甘楽郡(かんらぐん)・下仁田町(しもにたまち)
甘楽郡(かんらぐん)・甘楽町(かんらまち)
甘楽郡(かんらぐん)・南牧村(なんもくむら)
吾妻郡(あがつまぐん)・高山村(たかやまむら)
吾妻郡(あがつまぐん)・草津町(くさつまち)
吾妻郡(あがつまぐん)・中之条町..

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA