So-net無料ブログ作成

とうきょう伝説

Kasamoriosen0

東京伝説

☆スッテクリョウ、秋川市菅生・
 兄弟の太郎と二郎、太郎の白馬を二郎が代掻きに使い喧嘩となり・太郎は殺されてしまった。 太郎は埋葬のさい頭を剃ってなかったので今尚「剃ってくれ」…

☆足立姫と六阿弥陀、足立区扇2・性翁寺
 豊島氏に嫁いだ宮城宰相の娘足立姫、不縁となり川に身を投げた。 父は姫の霊を弔うため紀州熊野にて霊木を得、行基が六体の阿弥陀仏と木余如来を彫った。

☆猿仏塚、足立区栗原1・島根小学校前
 むかしむくれて農家には利口な猿、ある日家人の留守に赤ん坊を風呂に入れ..

YAMADA

国分寺市文化財資料展示室

Kokubunji_bunka01

○国分寺市文化財資料展示室
 国分寺市西元町3-10-7、月休、042-323-3231

展示室 の記事を探す )

Kokubunji89

Kokubunji65

Kokubunji67

Kokubunji66

YAMADA

史跡東山道の碑

Tosando_musashi01

○史跡東山道の碑・東山道武蔵路跡
 国分寺市泉町2-10ほか

の記事を探す )
の画像を検索 )

Tozando88b

 泉町二丁目の西国分寺住宅の東側にある東山道武蔵路跡は古代の道路遺構です。 東山道武蔵路は上野国から南下して武蔵国府に至る往還路です。 発掘調査の結果、幅12mの道路跡が台地上から谷部にかけて490mの長さで確認されました。 そこで計画が変更され、地下遺構を保存して、現在の道路が築造されました。 現在、その道路跡の300mを歩道形式で保存しています。 また、..

YAMADA

武蔵国分尼寺跡

Kokubuniji03

○武蔵国分尼寺跡・尼寺歴史公園
 国分寺市西元町4-1ほか

の画像を検索 )

Kokubuniji01

Kokubuniji02

Kokubuniji04

Kokubuniji05

Kokubuniji06

Kokubuniji07


Kokubuamadera88

 西元町四丁目のJR武蔵野線西側に武蔵国分尼寺跡が広がっており、国指定史跡武蔵国分寺跡に一括して指定されています。 史跡指定地は、公有地化と整備事業を終え、国分寺市最初の市立歴史公園として平成15年4月に開園しました。 確認調査の成果に基づき、尼寺伽藍の中枢部を構成する中門・金堂・尼坊など主要建物や区画施設である掘立柱塀を、埋没保存されているそ..

YAMADA

七重塔跡

Kokubunji_nanajyu01

○七重塔跡
 国分寺市西元町3-26

の画像を検索 )

Kokubunji_nanajyu05

Kokubunji_nanajyu06

 七重塔跡は、金堂・講堂跡から東方200mのところに位置します。 塔は、「金字金光明最勝王経」を安置する国分寺の重要な施設でした。 三間四方の礎石建物で、高さは約60mメートルほどあったと推定されます。 現在、中央にほぞ穴(心柱を受ける穴)がある心礎を含め7個の礎石が残っています。
 国史である「続日本後紀」に、承和二年に七重塔が雷火で焼失し、復旧ができなかったのを、前の男衾郡大領である壬生吉志福正が..

YAMADA

武蔵国分寺跡

Kokubunji_ato02

○武蔵国分寺跡・史跡公園
 国分寺市西元町1丁目から4丁目付近

 奈良時代の中頃、聖武天皇は仏の力で国を安定させるために、諸国に国分寺の建立を命じました。 武蔵国では、都と国府(現府中市内)を結ぶ古代官道「東山道武蔵路」沿いの東に僧寺、西に尼寺が計画的に配置されました。

史跡 の記事を探す )

Kokubunji_ato01

Kokubunji_ato03


○武蔵国分寺跡・附東山道武蔵路跡
 国分寺市西元町・東元町、府中市栄町
 聖武天皇ノ朝ニ置カレタル國分寺國分尼寺ニ次キテ曩ニ指定セラレタルモノノ外當時ノ土壇..

YAMADA

国分寺楼門

Kokubunji_romon01

○国分寺楼門・最勝院国分寺山門
 国分寺市西元町1-13-16

 板金葺の屋根で、江戸時代の建築様式をよくとどめた、風格ある建物です。 三間一戸の楼門で、2階には十六羅漢像(現在13体)を安置しています。

の画像を検索 )

Kokubunji_romon02 

YAMADA

旧本多家住宅蔵

Kokubunji_honda06

○旧本多家住宅倉・おたかの道湧水園
 国分寺市西元町1-13-10、月休、042-300-0091

の画像を検索 )

Kokubunji_honda07


Kokubunji_honda09

○旧本多家住宅倉
 明治/1900/1933改修
 木造2階建、鉄板葺、建築面積22㎡
 敷地の西側に位置する。 桁行4.5m梁間3.6mの木造2階建、切妻造鉄板葺の置屋根とする。 東妻面を出入口、2階の東西妻面に開口を穿つ。 内壁は板張とし、外壁は昭和の改修で目地を切るモルタル洗出しとする。 時代の流行を反映した近代的な倉である。

YAMADA

旧本多家住宅長屋門

Kokubunji_honda01

○旧本多家住宅長屋門・おたかの道湧水園
 国分寺市西元町1-13-10、月休、042-300-0091

の画像を検索 )
長屋門 の記事を探す )

Kokubunji_honda02

Kokubunji_honda04


Kokubunji51

○旧本多家住宅長屋門
 江戸/1848
 木造2階建、鉄板葺、建築面積84㎡
 敷地の南端、丁字路の突き当たりに建つ。 桁行15m梁間4.5mの木造二階建、東西棟の寄棟造鉄板葺。 1階は下見板張、2階は漆喰仕上げとする。 中央を門口とし、両開戸と潜り戸を吊り、東側に座敷、西側に物置を配する。 名..

YAMADA

武蔵国分寺跡資料館

Kokubunji_honda00

○武蔵国分寺跡資料館・おたかの道湧水園
 国分寺市西元町1-13-10、月休、042-300-0091

資料館 の記事を探す )

YAMADA

お鷹の道

Kokubunji_yusui02

○お鷹の道・真姿の池湧水群・弁財天
 国分寺市東元町3丁目・西元町1丁目

☆真姿の池、国分寺市西元町1・お鷹の道
 嘉承元年、玉造の小町が癩を病み、武蔵国分寺で祈ると童子が現れ「真姿の池で洗え」と告げた。 そして教え通りにすると、病が治った。

湧水 の記事を探す )
弁財天 の記事を探す )

Kokubunji_yusui01

 江戸時代に市内の村々は尾張徳川家の御鷹場に指定されていました。 それにちなんで、崖線下の湧水が集まり野川にそそぐ清流沿いの小径を“お鷹の道”と名づけ、現在約350mを遊歩道..

YAMADA

殿ヶ谷戸庭園

Tonogaya21

○殿ヶ谷戸庭園
 国分寺市南町二丁目、年末年始休、042-324-7991

庭園 の記事を探す )

Tonogaya22

Tonogaya23

Tonogaya24

Tonogaya26

Tonogaya27

Tonogaya29

YAMADA

殿ヶ谷戸庭園

Tonogaya11

○殿ヶ谷戸庭園
 国分寺市南町二丁目、年末年始休、042-324-7991

庭園 の画像を検索 )

Tonogaya12

 武蔵野の自然の地形、すなわち段丘の崖にできた谷を巧みに利用した「回遊式林泉庭園」。 崖の上の明るい芝生地と崖下の湧水池、樹林で雰囲気が一変する造園手法がみどころのひとつです。
 ここは、大正二年~四年に江口定條(後の満鉄副総裁)の別荘として整備され、昭和4年には三菱財閥の岩崎家の別邸となりました。 昭和40年代の開発計画に対し本庭園を守る住民運動が発端となり、昭和49年に都..

YAMADA

武蔵国分寺公園

Kokubunji_koen11

Kokubunji_koen12

○武蔵国分寺公園
 国分寺市泉町2-1、042-323-8123

Kokubunji_koen13

Kokubunji_koen15

○中央鉄道学園記念碑


☆幹線資料館・鉄道展示室(ひかりプラザ内)
 新国分寺市光町1-46-8、042-573-4370

☆電車開通記念碑
 国分寺市本多2-2
 明治二十二年に、新宿・立川間で開通した甲武鉄道が政府に買収され、その後大正十一年に国分寺駅まで電化が進み、電車が通ることになったのを記念して、同年十一月二十一日に建てられた碑。


☆羽根沢台横穴古墳群
 三鷹市大沢4-9・首都防衛高射..

YAMADA