So-net無料ブログ作成

味噌ぬり地蔵

Warabi_sangaku71

○目疾地蔵・六地蔵・子育地蔵
 金亀山極楽寺三学院(蕨市北町3-2)

塩地蔵 について

Warabi_sangaku72

Warabi_sangaku73

Warabi_sangaku75

Warabi_sangaku77

Warabi_sangaku78

Warabi_sangaku79

YAMADA

聖徳寺

Koshigaya_syotoku1

○聖徳寺・塩地蔵
 越谷市北川崎18

塩地蔵 について

Koshigaya_syotoku2

Koshigaya_syotoku3

☆塩地蔵
 安産子育・いぼとりなど、塩を供えると願をきき届けてくれるといわれる。 岩塩を彫った地蔵様なので、雨季になると石から塩分が出てくるといわれる。

※聖徳寺のイチョウは、樹高20m・幹回り4m・幹は地上3.41mのところで数本に分かれ、さらに上方で多数の枝を広げています。 このイチョウは雌株でギンナンの実を結びます。 樹齢は400年ぐらいと推定されていますが、樹勢は旺盛です。


☆越谷の七不思議

ぎょ..

YAMADA

子安観音

Kawaguchi_koyasu1

○観音院・子安観音
 川口市柳崎4-11

 仁和元年第五十九代宇多天皇皇后難産のおり、比叡山座主円珍知記大師が彫刻した「正観世音」が由あってこの地にもたらされたともいわれる。

子育伝説 について

Kawaguchi_koyasu2

 古くは比叡山東光寺に安置されていたが、織田信長の比叡山山焼き打ちで寺が全焼するも、正観世音贈だけが焼け残った。 僧恵海がこの像を背に東国に霊地を求め巡錫に出たると、夢枕に現れた観世音菩薩のお告げ「難産を除きたもうため東方に奉れ」により安置した。

YAMADA

延命子育地蔵尊

Arakawaku_himachi1

○延命子育地蔵尊・日待供養塔
 荒川区西尾久6-32-4 

 延命子育地蔵尊:寛永二十年、日待供養塔:寛文九年・宝永二年。 古くは延命寺飛地境内にあった。 

Arakawaku_himachi9

YAMADA

鯰押え

Namazuosae_ohgaki

○鯰押さえ(大垣)
 箱の紐を引くと、瓢箪を持った道外坊と鯰が回る。 瓢箪で鯰を押さえようとしている。
※地震のお守り「ひょうたん鯰」が源。 大垣祭り山車のからくり人形「道化坊」を玩具化。
※瓢箪鯰は、室町時代に措かれた「瓢鮎図」が源、猿知恵の意。

Uzuma_namazu

○うずまの鯰・栃木市
 農民が助けたナマズがその恩返しに、巴波川でおぼれてい た農民の子供を救ったといわりる。 子育てのお守り。

Namazuosae_aomori

○鯰押え・青森
 大津絵の瓢箪絵をもとに白粘土で作られた。

Hyoutannamazu2

瓢鮎図


☆蓴菜で鰻繋ぐ・瓢..

YAMADA

幽霊子育飴

Kosodateame27

○幽霊子育飴
 墓の中で生まれた嬰児に、母は幽霊となり毎夜飴などを買い与えて育てた。 不思議に思った店主が後を追うと、そこは墓の中から鳴き声が聞こえた。 救い出された子は後に高僧となった。
※地域により、飴・団子・菓子・砂糖など異なる。
※東京では白雪糕、越後では越の雪、仙台では算木菓子(算木餅)、などある。

Kosodateame28

由来
~母の深い愛情の物語~
 命をつないだ飴の由来 今は昔、慶長四年京都の江村氏妻を葬りし後、数日を経て 土中に幼児の泣き声あるをもって掘り返し見れば亡くなりし 妻の産みた..

YAMADA

日本の神々

Okamasama

☆日本最初の神様
 天地初発之時、天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神の三神が高天の原に誕生した。 続いて「別天の神々」が登場し、その後に地上の神「神世七代」が登場した。 一番最後が、伊邪那岐神と伊邪那美神、この二神の間に次々と神が生まれ・そしては神々の誕生ブームとなった。  時が流れると、亡くなると神様になる人々があらわれた。 早良親王・菅原道真・平将門・武田信玄・上杉謙信・徳川家康・吉田松陰・明治天皇・乃木希典、など多数。
※浦島太郎もその一人。


【日本神様御祈願担..

YAMADA

渋川伝説(2)

Sourinji11

○千手姫(榛東村柳沢寺)
 千手姫は京の都に憧れ病となった。 京に上った夫田烈太夫信保が見たのは「散りもせず咲きおくれたる花もなし 今日をさかりりの庭桜かな」と詠み消えた千手姫似の女であった。 そのころ桃井の郷では、千手姫が他界していた。

○赤いお椀で鰻料理を出したら不幸が続いたのが地名「赤椀田」。

○雙林寺の七不思議
 ・開山堂の一本の拍子木、悪いことが起こりそうになると鳴る。
 ・月江和尚が持っていた数珠が大木となったのが「開山のつなぎカヤ」。 その実は針で通したような穴..

YAMADA

高崎伝説(1/3)

Gunma_takasakishiro

○倉賀野
 倉賀野は舟運で栄えた町であり、米や穀物も多いのでネズミもおおかった。 しかしネズミを殺すのは忍びないと、安楽寺に「鼠供養塔」を建てた。

○目青竹(鼻高)
 小林爺婆が仲良く香煎を食べているところに来た老翁(一沙門とも)が、森に向かって竹の杖を飛ばして根付いたのが「逆さ竹」、「目青竹(金明竹)」ともいう。 この地に創建したのが上野国一社八幡宮、857年鎮座とされる。

○少将桜(慈眼寺)
 前橋城主酒井阿波守親本が「しだれ桜」を城内に植えたところ、咲くことなく、夜には..

YAMADA

グンマの昔:でんぐり薬師

Dekkurijizo11

○でんぐり薬師・間違い地蔵・角地蔵(大間々)
 天正七年城主阿久沢能登守が戦い、桐生の援軍と同士討ちとなった霊を慰めるため宝暦二年に一丈二尺の石地蔵を建立した。 頼まれた石屋が寸法を間違えて夜逃げした・代金を払わないので頭を作らなかった、などの説がある。

他にも、猫地蔵(長尾根)・霜除観音・柿薬師・猫地蔵・子育正観音(コーモリ様)、などある。

薬師 について

Nekojizou11

○猫地蔵・猫供養(長尾根・金子家)

YAMADA

グンマの昔:滝窪の開姫さま

Akagikami36

○開姫さま(瀧窪・八柱神社)
 開姫さま(貝姫さま・さね石さま)  1874年、村人が赤城荒山鍋割から持ち帰り寺沢川辺に祀り、後に八柱神社に移転祭祀された。 お願生果しには旗をあげた。 

※「荒山のただ石こそはイヤハーノ里に出て、里に出て開姫様にまつられる」と田植唄にもある。

  大胡町は赤城山南面に位置し、古くは大児臣の居住地であり、大胡城が多くの支城を支えた。(地名の由来も大児臣といわれている)   大胡町には下記の信仰もある。

○ひいらぎ薬師・河原浜
 慈覚大師巡錫の折、柊を..

YAMADA

郷土玩具:雉子車

Gunma_gangu1

○雉子車(きじぐるま)
 小正月(1月15日頃)にヌルデやアカマツで作る。 子供達がこれをひいて道祖神焼き(ドンドン焼き)に行った。
 雉は野火が巣を襲っても逃げることなしに卵を抱き続けるのて、「愛情・子育ての象徴」とされたらしい。

※地方によっては、きじうま・ケンケン・喜寿くるま などともよぶ。
※「木地屋が作った牽き車が始まり」との説もある。

Gunma_kijiguruma

○雉
 カケドリ(掛け取り)・ヤマドリ(ヤマを取る)として歳神に供えられた。 下げた後は、キジの 吸い物・団子・キジ飯・キジ酒となった。(活..

YAMADA

郷土玩具:山名八幡獅子頭

Gunma_shishi

○山名八幡獅子頭
 上信電鉄山名駅近くの山名八幡宮は830年前、山名城主新田義範が宇佐八幡宮を勧請して社殿を造営したと伝わる。 この神社では、古くから子育てと虫封じの縁起物として張り子の獅子頭が授与され人気がある。 全国でも珍しい頭にかぶる様式で、神功皇后が幼い息子(応神天皇)に唐獅子を与えたところ、獅子をかわいがり、思いやりのある元気な子供に成長したとの伝説に由来する。 

Shishikashira

YAMADA