So-net無料ブログ作成

陸軍豊島ドック

Kitaku_rikugun1

○旧陸軍豊島ドック跡(船留まり)・板橋火薬製作所王子工場跡
 東京都北区豊島2、現豊島公園

 かつて陸軍が、隅田川から石神井川を経て第二造兵廠王子工場へ物資を運んだ。

陸軍 について

Kitaku_rikugun2

Kitaku_rikugun3

Kitaku_rikugun5b石神井川口

Kitaku_rikugun6隅田川口

Kitaku_rikugun7

Kitaku_rikugun9

○豊島公園(豊島ドック跡)
 板橋火薬製造所王子工場跡地と石神井川を結ぶ水路が埋立られ現在の区立豊島公園になりました。 この場所には明治~大正期につくられた豊島ドックと呼ぼれる堀割があったが、軍の施設でもあったため、詳細な資料は残されていません。 ..

YAMADA

千住ラシャ製造所 メモ

Arakawaku_senjyuseijyu01

○千住ラシャ製造所
 荒川区南千住6

紡績 について

Arakawaku_senjyuseijyu02

Arakawaku_senjyuseijyu07

Arakawaku_senjyuseijyu08

Arakawaku_senjyuseijyu09

Senjyu_seijyu8


○旧千住製絨所
 明治十二年九月二十七日、官営工場千住製絨所創設、軍服用羅紗を製造したので「羅紗製造所」とよばれた。 明治四十三年墨田川水害により煉瓦塀建設開始。 
 1940年四月陸軍製絨廠、戦後民間に払い下げ大和毛織株式会社工場、1961年工場閉鎖・敷地売却、大映株式会社(名古屋鉄道株式会社経由)が購入した土地は東京球場となった。 最後まで残った東京既製服製造卸協同組合建物は、19..

YAMADA

赤羽緑道公園・陸軍兵器補給廠引込線

Kitaku_ryokudo1

○赤羽緑道公園・陸軍兵器補給廠引込線
 東京都北区赤羽台3-8~東京都北区赤羽西5-8 

 廃線となった陸軍兵器補給廠引込線路跡を利用して作られた。

Kitaku_ryokudo2

北区 について

Kitaku_ryokudo3

Kitaku_ryokudo4

Akabane1932b

YAMADA

東京陸軍造兵廠電気軌道

Kitaku_chinchin

○ちんちん山児童公園
 東京都北区岸町2-1-11先

☆ちんちん山児童公園
 戦時中ここを東京陸軍造兵廠電気軌道が通っており、その電車が「チンチン」と鐘を鳴らしていたことが、名前の由来となっています。
 かつて公園正面の道は、鉄道のための土手に掘られたトンネルを通っていました。 公園内の石のアーチは、そのトンネルの出入り口に使われていた石を、記念に残したものです。

Kitaku_saikyou1○東京陸軍造兵廠電気軌道コンクリート橋台
 十条~板橋間

Kitaku_saikyou2

Kitaku_saikyou3

Ohji1932b

○東京第二陸軍造兵廠
 引込み線の先は東京第二陸軍造兵..

YAMADA

煉瓦刻印メモ

Rengakokuin01東京砲兵工廠銃砲製造所建造物調査報告書・メモ

Rengakokuin11

Rengakokuin12

Rengakokuin13

Rengakokuin14

Rengakokuin16

Rengakokuin17

YAMADA

中央公園文化センター

Kitaku_27

○中央公園文化センター
 北区十条台1丁目2−1、03-3907-5661

(東京第一陸軍造兵廠の一部)

東京第一陸軍造兵廠本部・第一製造所・第二製造所・第三製造所
※1940年4月東京工廠が東京第一陸軍造兵廠に改組

Kitaku_22

北区 について

Kitaku_23

Kitaku_24

Kitaku_26

Kitaku_28

Kitaku_29

Kitaku_41芝浦製作所製ボイラー・煙突(一部)

Kitaku_43赤羽台第3号古墳石室

YAMADA

東京砲兵工廠銃包製造所

Kitaku_00

○東京砲兵工廠銃包製造所(現北区立中央図書館)
 北区十条台1丁目2−5、03-5993-1125

Kitaku_01

 明治三十八年小石川より移転、大正八年弾丸鉛身場赤レンガ棟建設、陸軍造兵廠火工廠十条兵器製造所・陸軍造兵廠東京工廠銃包製造所・東京第一陸軍造兵廠第一製造所と改称、1958年陸上自衛隊武器補給処従事用支所、2008年北区立中央図書館に改築。

工場 について

Kitaku_02

Kitaku_03

Kitaku_04

Kitaku_05

Kitaku_06

Kitaku_07○三角屋根構造

Kitaku_08○レンガには製造所刻印がある

☆桜マークは小菅集治監煉瓦製..

YAMADA

東京砲兵工廠銃砲製造所・メモ

Kakousho_jujyoh5

東京砲兵工廠銃砲製造所・メモ

(自衛隊十条駐屯地)

Kakousho_jujyo01

Kakousho_jujyo02

Kakousho_jujyo03

Kakousho_jujyo04

Kakousho_jujyo06

Kakousho_jujyo09○ボイラと耐震煙突

Kitaku_rikugun275○東京砲兵工廠銃包製造所

Kitaku_kayakuko ○火薬庫

Kitaku_kayakuko6

Kitaku_rikugun6

YAMADA

東京第一陸軍造兵廠川越製造所・メモ(2)

Kakousho_kwagoe01

○川越製造所第一工場・第二工場

Kakousho_kwagoe02

Kakousho_kwagoe03

Kakousho_kwagoe04

Kakousho_kwagoe05

Kakousho_kwagoe06

Kakousho_kwagoe07

Kakousho_kwagoe09

Kakousho_kwagoe10

Kakousho_kwagoe11

YAMADA

東京第一陸軍造兵廠川越製造所・メモ

Rikugun_kawagoe1

東京第一陸軍造兵廠川越製造所・メモ
 埼玉県上福岡市福岡1~2(元日本無線)

○川越製造所第一工場・第二工場
※1936年10月1日東京工廠福岡派出所設置、1937年12月造兵廠火具製造所福岡工場(第三製造所)開設、1942年8月東京第一陸軍造兵廠川越製造所(火工廠)として独立。

Rikugun_kawagoe9b

☆東京第一陸軍造兵廠川越製造所(火工廠)
 上福岡の中央にあたる地域、上野台団地から上野小学校・福岡中学校・大日本印刷までの敷地には、昭和12年から太平洋戦争終戦の昭和20年まで陸軍造兵廠川越製造所と呼..

YAMADA

深谷メモ

Fukaya_machi61

☆旧東京第二陸軍造兵廠深谷製造所給水塔
昭和前/1944頃
鉄筋コンクリート造、高さ18m、面積41㎡ 埼玉県深谷市原郷1118

 周辺の軍施設に給水するために建設された塔で,一時期は松根油を採取する装置も設けられていた。内部は5層構造で,昭和30年以降は住宅として改造された。鉄筋コンクリートのラーメン構造が外観にそのまま現れており,その特異な外観で知られている。

Fukaya_machi51

Fukaya_machi52


☆大谷家住宅欅空庵
大正/1912-1925
木造平屋建、瓦葺、建築面積70㎡
 主屋のある敷地の北..

YAMADA

深谷・まちあるき

Fukaya_machi1

深谷市・まちあるき

Fukaya_machi2

○大谷家住宅

深谷 について

Fukaya_machi3

Fukaya_machi4

Fukaya_machi5

Fukaya_machi6

Fukaya_machi7a

Fukaya_machi7b

Fukaya_machi8

○旧東京第二陸軍造兵廠深谷製造所給水塔

陸軍 について

Fukaya_machi9

Fukaya_44○煉瓦煙突


☆深谷市町名一覧
 秋元町(あきもとちょう)・明戸(あけと)・新井(あらい)・石塚(いしづ か)・伊勢方(いせがた)・稲荷町(いなりちょう)・内ケ島(うちがしま)・上野台(うわのだい)・江原(えばら)・大塚(おおづか)・大塚島(おおつかじま)・大谷(おおや)・起会(おきあい)・折之口(おりの..

YAMADA

18ポンド カノン砲

Kawaguchi_87

18ポンドカノン砲
 増幸産業株式会社@川口市本町1-12-24

Kawaguchi_88

砲弾など について

Kawaguchi_89

☆18ポンドカノン砲
 増幸産業株式会社@川口市本町1-12-24
 この大砲は幕末の嘉永5年(1852年)に津軽藩(現青森県)の依頼により、川口の鋳物師として名にあった増田安次郎(当社代表の増田家初代)と、後の砲術奉行となった高島秋帆とが協力して、当時不可能とされていた大型砲の鋳造を可能にした。嘉永5年から安政5年までに213門の大砲と41323発の砲弾が作られ全国各地に供給された。鍋..

YAMADA

小石川後楽園

Koishikawa00_2

Koishikawa01

小石川後楽園@文京区後楽1-6-6

Koishikawa02

Koishikawa03

Koishikawa04

Koishikawa05

Koishikawa06

Koishikawa07


Kourakuen91a

Kourakuen91b

Rikugun_zohesyou陸軍造兵廠東京工廠記念碑


☆小石川後楽園
史跡名勝天然記念物
 寛永二年水戸潘祖徳川頼房ノ築造スル所ニシテ其ノ嗣徳川光圀之ヲ修治シ朱之瑜ニ選名セシメテ後樂園ト稱セリ江戸庭或ハ大名庭ノ稱アル型體ノ古園ニシテ築山泉水庭ニ屬シ徳川時代初期ヨリ中葉ニ於ケル庭園作物トシテ典型ト見ルヘキモノトスヘシ明治二年諸潘封土ヲ奉還スルニ方リ潘主徳川武時其ノ邸ト共ニ之ヲ上地シ今ハ東京砲兵工廠敷地ノ一部..

YAMADA

東上線・被服廠引込線

Asaka79

○東上線・引込線跡(陸軍被服本廠)
 1939年土地買収、1940年より被服廠建物建設、1941年赤羽から転移・操業、1986年撤去。
※朝霞駅池袋より~朝霞税務署付近

Asaka78

Asaka_1950

1950年

Asaka_1937

1937年

YAMADA

北王子貨物線

Ohji83

北王子貨物線跡・東京都北区

Ohji84

新館線高架下から北進

※古くは、王子製紙(十條工場)専用鉄道。 その後、王子四丁目公園付近で須賀線と分岐し、印刷局工場・大日本人造肥料(現日産化学工業)・陸軍造兵廠豊島貯弾場・東京セロファン紙・旭電化工業などが利用。 1971年3月1日須賀線廃止、2014年3月14日北王子線運行終了。

Ohjiseishi21

現日本製紙構内

Ohjiseishi89

王子製紙(明治時代)

Ohji_1983

1983年

☆王子貨物線
 かつて赤羽駅から志茂鉄道省東京鉄道局火力発電所まで引き込み線があった..

YAMADA

中島飛行機淺川工場

Asakawa02

○中島飛行機浅川工場(第一軍需工廠・第十一製造廠)
 1917年飛行機研究所創立(尾島町)、1918年中島飛行機製作所に改称、1931年中島飛行機株式会社に改称、1938年武蔵野製作所開設(陸軍用発動機)、1941年多摩製作所開設(海軍用発動機)、1943年武蔵野製作所と多摩製作所が合併して武蔵製作所、1944年軍需省管理下に入る・地下工場工事開始、1945年浅川へ疎開、8月第一軍需工廠解散。

Asakawa00

中島飛行機 について

Asakawa01

※1944年、陸軍が松代に大本営用のトンネル..

YAMADA