So-net無料ブログ作成
検索選択

浅間の猿

Shiki_asama06

○浅間の猿
 羽根倉浅間神社・志木市上宗岡4-700

 猿は富士山の使者とされた。

Shiki_asama07

について

Shiki_asama08


☆宗岡
 古くは、入間川・柳瀬川・新河岸川に挟まれた乱流地に生まれた堤防状の地。 宗は棟・胸を表し重要の意。

YAMADA

いろは樋 (2)

Shiki_iroha11

いろは橋・志木市

志木 について

Shiki_iroha12

☆橋名板(きょうめいばん)
 道路起点側から見て左側に「漢字表記の橋名」・右側に「交差する河川などの地物名」が、終点側から見て左側に「ひらがな表記の橋名」・「竣工年月」が掲示される。
 橋名のひらがな表記は、「~ばし」では無く「~はし」と名板には書かれることが多い。(水が濁らないように)

Shiki_iroha15

Shiki_iroha16

Shiki_iroha17

Shiki_iroha18大小合併門樋

Shiki_iroha19


Shiki_iroha18971897年

Iroha_taisyo

Shiki_iroha20


Mukeokakoumon97○宗岡閘門(新河岸川改修工事概要)

YAMADA

いろは樋 (1)

Shiki_iroha01

いろは樋の大桝(中宗岡側)@志木市本町2丁目・中宗岡

Shiki_iroha02

いろは樋の大桝(中宗岡側)@志木市本町2丁目・中宗岡

☆いろは樋
 江戸時代前期(万治二年とも寛文二年ともいわれる)、新河岸川に木製の樋を架け・本町川から宗岡川へ通水した。  つなぎ合わせた樋が48個だったので「伊呂波樋」。 明治三十一年河川改修 に伴い鉄管・煉瓦造りとなり、1965年廃止された。
 野火止用水の水を枡に貯水し、勢いと落差で260m離れた対岸の枡へ送り出した。 樋の高さは、舟運を考慮し水面から4mだった。
※新河岸川..

YAMADA

佃堤

Shiki80

佃堤@志木市上宗岡2

1644~1662年

Shiki81

ヒューム管は灌漑用

Shiki82

Shiki83

Shiki84

Shiki85

Shiki86

Shiki87

Shiki88

Shiki89


Shiki_tsukuda1

☆佃堤と新田場堤
 寛文初め、旗本岡部忠直が白井武左衛門に命じ、野火止用水とともに囲み堤として築いた。 天明六年大洪水で被害、弘化三年の大洪水で各所破堤後復旧工事で隣の南畑村と訴訟騒動。

☆宗岡村
 宗岡村は、荒川大囲堤(外堤)・新田場堤・中堤・新河岸川除堤(内堤)・下の谷堤・佃堤の総延長約8600mで囲まれていた。
※横手佃堤・築田堤・築田横手堤を合わせて佃堤とよば..

YAMADA

羽根倉富士嶽

Shiki_fuji91

羽根倉富士嶽(富士塚)・羽根倉浅間神社
志木市上宗岡4丁目700

 明治時代・高さ約5m・直径約17m・移築2回・平成24年修繕改修

Shiki_fuji98

 建久四年源頼朝が富士裾野で巻狩りをした際、宗岡里人が多数勢子として招集されたのを記として、大野の地に祠を建て・富士浅間社を祀った。 長禄年間荒川洪水で祠が羽根倉に流され、その地に社殿を建てた。 明治五年~十三年、境内に富士塚を築いたが、昭和初期荒川改修のため蓮田に遷座、1973年県道開通により現在の地に移転、富士塚も移築された。

Shiki_fuji92

Shiki_fuji93

..

YAMADA

志木郷土資料館

Shiki53

志木市役所 郷土資料館

月休・志木市中宗岡3丁目1−2 ・048-471-0573


☆志木
 古くは、新座郡志木郷。 もっと古くは、新羅郡。

Shiki52

Shiki54

Shiki59


館員の雰囲気悪い

YAMADA

朝日屋原薬局主屋

Shigi_kusuri

朝日屋原薬局主屋
 志木市本町2-4-43

1912年、 木造2階建・瓦葺・建築面積126㎡ 。

Shiki_71

Shiki_72

Shiki_nishikawa旧西川家潜り門
 慶応二年頃

YAMADA

旧村山快哉堂

Kaisando01

旧村山快哉堂(かいさいどう)
 志木市宗岡5-7040-2・金~月

明治十年建築・2001年復元移築

Kaisando02

Kaisando03

Kaisando04

Kaisando06

Kaisando07

Kaisando08

Arakawa_fune

YAMADA