So-net無料ブログ作成
検索選択

協三工業製10t動車

Warabe_tetsu1

○協三工業製10t動車・歩鉄の達人
 蕨市塚越

機関車 について

Warabe_tetsu2

Warabe_tetsu3

YAMADA

どうでもいいこと

Edo_yaoya1

[どうでもいいこと]メモ



○あっけらかん
 江戸時代「あけらかん」は、口を開いてぽかんとしている様子だった。

○アリジゴク・ウスバカゲロウ
 アリジゴクが成長してウスバカゲロウになるまでの数年間、排泄しない。 獲物の体液だけを吸い取り、死骸は穴の外へ投げ捨てるらしい。

○イタチごっこ
 天保年間には「鼠ごっこ、鼬ごっこ」なる終わりなき遊びがあった。
※嬉遊笑覧

○ウクレレ
 ハワイ語で、ウクは蚤・レレは飛び跳ねること。 ノミが跳ねるがごとく、おどけながら弾いたらしい。

○おあ..

YAMADA

蒸気機関車

Paris99

(WEB 転載)

蒸気機関車@パリ

YAMADA

上野停車場

Ueno61

○上野停車場(明治初)

停車場 について

Ueno62

○上野停車場(明治末)

Ueno63

※明治十六年七月二十八日上野~熊谷開通、熊谷駅で寿司とパンを売る者あり。 明治十八年七月十六日上野~宇都宮開通、宇都宮駅で「武川に包んだおむすび沢庵付」を売る者あり。


Ueno_1948上野駅1948年

Ueno99

☆善光号機関車
 明治十六年七月、日本鉄道会社が上野~熊谷(61.1km)開業、途中駅は王子・ 赤羽・浦和・上尾・鴻巣、一日二往復。
 建設工事で用いた機関車、東京湾から隅田川をさかのぼり川..

YAMADA

工業技術博物館

Kougyouhaku2

工業技術博物館
 (埼玉県南埼玉郡宮代町学園台4-1・日本工業大学内、0480-33-7545、9:30~16:30、休館日は大学に準ずる)
蒸気機関車

Kougyouhaku1

Kougyouhaku3

Kougyouhaku4

Kougyouhaku5

Kougyouhaku7

日野式二号機(レプリカ)

☆明治四十二年、日野熊蔵陸軍大尉が林田商会(後に日本醸造機械株式会社)と共に、新宿区西五軒町34番地で「日野式一号機」製作するも浮揚せず。 明治四十四年五月に東京工科学校にて「日野式二号機」・十二月「日野式三号機」、いずれも失敗。

※国産飛行機発祥の地・東京都新宿区西五軒町12-10..

YAMADA

日本車輌・蕨工場

Nihonsyaryou_w6

○日本車輌製造東京支店蕨工場
 1926年建設計画、1929年工事開始、1934年落成、1972年3月閉鎖。

Nihonsyaryou_w5

1968年試作951形

新幹線 について

Nihonsyaryou_w2

Nihonsyaryou_w1


Warabi911

1964年911形ディーゼル機関車

YAMADA

林業機械化センター

Neri_ringyou61

○林野庁 森林技術総合研修所 林業機械化センター
 (沼田市利根町根利1445)

 林野庁の研修施設。 かつて北海道と長野の森林鉄道で使われた機関車等3両をヒッソリ保存している。

根利 について

Neri_ringyou65

Neri_ringyou62

Neri_ringyou63

Neri_ringyou64

YAMADA

グンマの20世紀:事故

Kayakubako11

○火薬運搬箱・火薬箱
 岩鼻火薬製造所(1880年~1945年) 


事故一覧
 岩鼻火薬製造所爆発死者5名(1905.5.7)、 高崎線機関車正面衝突(1908.2.25)、  岩鼻火薬製造所爆発(1908.1.11/1.21)、 岩鼻火薬製造所爆発3名死傷(1909.2.1)、 岩鼻火薬製造所爆発死者6名(1912.1.24)、 高崎導火線製造工場爆発死者10名(1912.3.22)、 緑野馬車鉄道転覆(1916.8.24)、 岩鼻火薬製造所爆発(1917.6.27)、 ..

YAMADA

トモエ電機工業

Tomoe5

○トモエ電機工業(現新トモエ電機工業)
 1957年創立、電気関連車両の販売・修理に始まり、機関車製造に至った。 足尾銅山観光の蓄電池式機関車もトモエ電機製。

Tomoe1

Tomoe2

Tomoe3

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山(2)

Ashio52

 1877年、古河市兵衛が買い取り、最先端技術を導入し機械化され、産銅量は安定した。 足尾銅山の四大工事(古河橋架設・鉄架空索道・間藤水力発電所・水套式溶解炉)とよばれる。
 1880年頃の生産量激増が、渡良瀬川沿岸への鉱毒・煙害・伐採・洪水・有毒廃棄物・河川汚染となり、1896年の洪水で反対運動がピークとなり翌年操業停止命令となった。(松本村と谷中村が滅亡した)
 その後、鉱毒予防工事が行われたが、最終工事が終わったのは60年を経た1956年であった。

※備前楯山

Ashio51

 江戸時代「足..

YAMADA

林業機械化センター

Kikaikacenter1

○林業機械化センター @沼田市利根町根利1445
 林野庁の研修施設。 かつて北海道と長野の森林鉄道で使われた機関車3両をヒッソリと保存しているらしい。

利根 について

Kikaikacenter2

YAMADA

グンマの昔:藪塚石材軌道

Yabuzuka51

○藪塚石材軌道
 1909年藪塚石材鉄道設立(東武鉄道太田停車場~両毛線大間々停車場を藪塚石運送計画)、1911年太田~藪塚工事開始、当初は馬車鉄道を計画したが「軽便鉄道法」による敷設に変更し人車鉄道で旅客も運んだ。 同年、太田軽便鉄道に改称、設立当初から東武鉄道資本であったため1912年東武鉄道に線路敷設権を譲渡し太田~藪塚本町で蒸気化・軌間変更、1913年東武鉄道として蒸気鉄道線(太田~相老)となった。

Yabuzuka11○藪塚石材鉄道
 1903年藪塚石材株式会社設立、1908年藪塚石材軌道..

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山

Ashio52

○鉱山鉄道(古河鉱業・足尾鉱業所)
 1893年本山~古川橋間に電気鉄道開通、1897年構内用電気機関車(自社製・石川島造船所・ウェスチングハウスなど22両)、1912年桐生~足尾間の足尾鉄道、1926年ガソリンカー登場し町の交通機関となる(1951年廃止)、1973年閉山。

Ashio51

Ashio53

Ashio55

Ashio54

Ashio56

Ashio57

Ashio58

YAMADA

おとぎ電車

Seibu_otogi1

○西武鉄道山口線(ユネスコ村)
 1929年多摩湖鉄道が村山貯水池~宅部間に鉄道敷設、1950年西武鉄道おとぎ電車として登場、1952年地方鉄道となる、1972年蒸気機関車(頸城鉄道より借用・後に台湾より購入)を走らせる、1984年休止、1985年廃止(西武ライオンズ球場に対応できず)・線路敷をレオライナーに流用。

Otogi21

Otogi22

Otogi23

Otogi24

Otogi25

Otogi26

Otogi1984

YAMADA

引幕

Gunma_makuhiki

 隧道番がトンネル入口の官舎に住み、列車がトンネルに入った瞬間麻の排煙幕を引いてトンネル入口を塞ぐことにより、空気の流れを止め機関車が出した煙や蒸気を入口に付近に留まらせた。
 この方法は、アプト式機関車の運転指導に来ていたF・H・トルヴシックが教えたと伝えられている。

※碓氷第26号隧道においては、軽井沢の冷気から内部を守るため冬のみ幕引きをしたと言われている。

トンネル について

Makuhiki

 碓氷峠では、線路脇の官舎に住む隧道番が列車が通過するたびに幕を降ろして煙..


YAMADA

碓氷線

Gunma_usui9

 碓氷線は、1963年碓氷新線に切り替えられた。(左:碓氷線、右:碓氷新線)

Gunma_maruyama2丸山信号場

Gunma_maruyama1丸山変電所

Gunma_maruyama3

Gunma_yokokawa1

横川発電所 
 1912年、蒸気機関車を電気機関車に切り替えるべく「横川火力発電所」を建設した。 これが群馬初の火力発電所である。

Gunma_usui5横川駅

Gunma_kumanodaira1熊の平駅

Yokogawa_m29○横川駅・明治二十九年

YAMADA

碓氷峠の昔

Gunma_meganebashi1

碓氷第三橋梁、奥は碓氷新線・新碓氷橋梁。

※今は碓氷第3号拱橋を「めがね橋」と呼んでいるが、かつては碓氷第13号中尾川拱橋の愛称だったとの話もある。
 碓氷線には、碓氷第1号隧道~碓氷第26号隧道、碓氷第1拱橋~碓氷第16号拱橋、まであった。(拱渠は別途)

 

Gunma_usui6

 

Gunma_usui7

 

Gunma_usui8

Gunma_usui3

Usui36

Usui_meiji


○流油鉄管(パイプライン) 
 碓氷峠越えの蒸気機関車で石油を運ぶのに支障をきたしたので、1906年軽井沢と横川を鉄管でつなぎ標高差552mを利用し重力で石油を流した..

YAMADA

利根軌道

Gunma_tonekidou2_2

○利根軌道

 1911年「利根軌道株式会社」が沼田・渋川間の道路に軌道を施設しその上を馬車が走る「軌道馬車」を開始した。 さらに1918年1月27日、馬車鉄道から電気機関車(足尾鉱山で鉱石運搬用に使われていた中古機関車)に変更された。 これも、フツーに脱線転覆したらしい。

利根軌道 について

 

Gunma_tonekidou1

○利根軌道株式会社
1908年、沼田時間馬車株式会社がテト馬車開始。
1910年9月、利根軌道株式会社設立。
1911年、沼田~渋川間の軌道馬車開始(約3時間)。
1918年、電気..

YAMADA

地震に強い群馬

000266019

○恵まれた立地条件(自然環境)
 群馬県は、地震や台風など自然災害が少なく、工場や物流拠点施設をはじめとする様々な産業施設の立地に有利な条件を備えてい ます。 東海地方や首都圏などにおける大震災発生時の本社機能やデータセンターなどのバックアップ拠点としても、群馬県は多く の企業に選ばれています。 群馬県は、日照時間の長さが全国4位と上位に位置しています。冬場の降雪も平野部ではほとんどなく 、太陽光発電施設などの立地にも最適です。
by群馬県産業経済部産業政策課

※確かに自然災害は..

YAMADA

群馬での暮らし:首都高崎

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

【国会議事堂誘致キャンペーン】

高崎(競馬場跡)地周りは、
○台風少・雨少・地震少・津波無・夏熱温・冬強風
○新幹線完備・蒸気機関車可・飛行場未完
○駐車場完備・高速道路完備・幅員広・車依存
○自然豊富・温泉豊富・水源豊富
○スキー可・海水浴不可・サイクルトレイン有
○空物件多・ショッピングセンター大・饅頭多・ダイエット食有

Kokkai91

和風国会議事堂案(R・A・クラム)


Kokkai81

Kokkai82

☆国会
 国民大会議、明治..

YAMADA

蒸気機関車

p_traffic53.jpg
(WEB 転載)

YAMADA

ミニカー (1366)

山田君の世界

TRAIN BANK 機関車
トレインバンク

○ジオラマ風貯金箱
 (株式会社シャイン@東京都台東区柳橋2-1-9)

 機関車にコインをのせると、トンネル内で下の貯金箱に落ちる仕掛け。

YAMADA

モウニヤア車

Ashio_denki3s

○モウニヤア車
 沼田・渋川間(約3時間)の電気軌道・電気機関車を見て、若山牧水が「いざり車の如く車体が低く線路を這うよう」なので「モウニヤア車」と呼んだ。

※写真は足尾銅山より転載

※利根軌道株式会社が1918年1月27日、馬車鉄道から電気機関車(足尾鉱山で鉱石運搬用に使われたいた中古機関車)に変更した。

 

Gunma_tonekidou2

○若山牧水:利根の奥へ
 登りと違って下りの電車は賓に心地より走った。霜を帯びた林を畑も野原もみな朝日に滞れ輝き、近く仰ぐ榛名も、遠く見る赤城もひとしくこの爽かな秋晴の光..

YAMADA

トロリーポール式電気機関車:足尾鐵道

Ashio_denki2s

(WEB 転載)

1900年頃

YAMADA

はつかり

山田君の世界

 初期は、蒸気機関車が牽引した列車。 蒸気機関車がラインの入った座席車両を牽引し、上野駅のホームに入ってくるのは圧巻だった。

YAMADA

[はやぶさ]&[はつかり]

山田君の世界

[新幹線] E5系[はやぶさ]。 「東京~新青森」所要時間3時間+α。

新幹線 について

Hatsukari

[新幹線] こちらは、初代[はつかり]。 蒸気機関車が牽引し、「上野~青森」所要時間約12時間。 昼間の時間帯なので座席車のみ、青函連絡船深夜便に接続するのが特徴。 青函連絡船で4時間半 横になれるが、座席(当時は珍しい二人掛け)に12時間はキツイ。

YAMADA

碓氷峠鉄道文化むら

山田君の世界

横川駅

☆駅蕎麦
 信越線全線開通により横川駅での機関車交換のための停車時間を利用し、駅そばを売り出した。

☆駅そば
 明治二十年代、函館本線長万部駅(または森駅)で始まったとの説がある。  店は駅構内なので、信号と間違える色は使えなかったとも。

横川駅 について

Yokogawa_1b

Yokogawa_1c

Yokogawa_1d


Yokogawa_1985○横川駅・1985年

YAMADA

路面電車(番外編:EF58)

山田君の世界

Yujin
カプセルプラレール 地下ライナー編

EF58形電気機関車
 (株式会社ユージン@葛飾区青戸4-22-16)

○いわゆる「ガシャポン」。
 50mm程のゼンマイ式電車。

YAMADA

電気機関車

山田君の世界

電気機関車の前後は?

Teppa7b

  前後の区別は無いが、構造上こちらが[1エンド]、あるいは[1位(がわ)]とも呼ぶそうだ。

Teppa7c

こちらが、[2エンド]、あるいは[2位(がわ)]とも呼ぶそうだ。

YAMADA

摩周丸

山田君の世界

[4本煙突の時代]

青森~函館間:4時間半。 後に、緑色に塗り替えられた。

Mashu_1a

この大きさでも、海が荒れると、船体がミシミシ 音を立てた。(内装に木材が使われていたのかもしれない)

Mashu_1c

2等椅子席(指定席)、現在のグリーン。

この当時の接続列車は蒸気機関車だったので、連絡船内の風呂(今思えば、船員用風呂だろう)を使わせてもらう乗客も結構いた。

Mashu_1d

3等椅子席、現在の普通。

Mashu_1e

3等座席。 この当時の3等席は、車両甲板の下(積み込んだ貨車の下)にあり..

YAMADA

車内広告

山田君の世界

 特急[はつかり]は、1958年~。 当初は、蒸気機関車が牽引した列車(常磐線経由)であった。 1960年12月10日より気動車(キハ80系)となったが、故障を頻発した。

30

  こちらは、1960年の「はつかり特急券」。 この時期は、まだ蒸気機関車が牽引する列車だった。(所要時間は、ほぼ12時間)  ラインの入った座席車両が、蒸気機関車に牽引されて、上野駅のホームに入ってくるのは圧倒的であった。(でも本当は、使われた車両は..

YAMADA

電気機関車

電気機関車

電気機関車の前後の区別は? 
(写真で見えているのは、[後ろ側]。)

連結器上側に1または2の表示があり、1が前で「1先頭」・2が後ろで「2先頭」 と呼ぶらしい。 ただし、すべての電気機関車に表示があるとは限らないみたいだ…

追記)
前後の区別が付かない電気機関車は、それぞれ「1エンド]・[2エンド]と呼び、「どちらが前か後ろか」という概念は無いそうだ。

YAMADA

切符 (3)

はつかり(上:昭和35年、下:昭和49年)

昭和35年当時は、列車(蒸気機関車)だった。

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA