So-net無料ブログ作成
検索選択

オイテケ堀

Koshigaya_yasaka6

○オイテケ堀
 越谷市大成町1-71

※「おいてけ堀」は、「置いてきぼり」の語源。

おいてけ堀 について

Koshigaya_yasaka5

Koshigaya_yasaka7


 八坂神社裏手わきに昔は沼があり、そこに内池弁天が祀られていました。 この沼は天明六年の関東洪水のときに、元荒川の堤防が決壊してできたもので、人びとはこの沼を「オイテケ堀」と名づけています。 この沼の主は大きな白蛇で、人が通ると「オイテケオイテケ」と呼びかけ、沼に引き込むといって子どもたちを近づけなかったといわれています。
 現在のように、上流にダムがあるわ..

YAMADA

秩父定峰山里の道

Sadamine_56

秩父市定峰

Sadamine_55時計台

Sadamine_51

○定峰神社
 社伝によれば、天正十一年武田信玄の家臣・島田左近大夫定峰村に土着帰農に際し、加賀総社白山神社の分霊を勧請、伊弉諾尊・伊弉冉尊・菊理姫命を本村字権現堂宮城の地に鎮座し・白山権現と称し・村の総鎮守とす。 境内に愛宕社・天神社・白鳥社・山神社を祀る。 明治四年村社に列せられ、明治四十年七月、高篠村中心地字七曲り無格社八坂神社に合祀し、さらに無格社・妙見社・稲荷社を合祀して定峰神社と改称す。

Sadamine_52


☆地名
 山田:山の傍らに田畝
 栃谷..

YAMADA

安行原の蛇造り メモ

Angyohara1

○安行原の蛇造り
 安行原蛇造り保存会・川口市安行原2680-1

 5月24日(水) 市指定無形民俗文化財「安行原の蛇造り」が行われます。  安行原の蛇造りは、江戸時代中期ごろから伝えられている民俗行事です。 戦国時代の武将原弾正が討ち死にしたといわれている場所で、五穀豊穣・天下泰平・無病息災などを祈願して、藁で長さ10mほどの蛇をつくります。顎・耳・鼻・ヒゲ・胴などを編み合体して、欅の大木(現在は櫓)に設置し、最後に百万遍を行います。

Angyohara2


☆安行原の蛇づくり
 時は戦国時代..

YAMADA

水神社

Urawa_suijin1a

○水神社
 さいたま市緑区大間木2395

 享保十七年に見沼通船堀で江戸との物資輸送に携わる人たちが、水難防止を祈願して祀ったとされる。
 享保十七年六月創立、関東大震災で全壊・後に再建。

水神 について

Urawa_suijin1b

Urawa_suijin2

Urawa_suijin3

八丁橋
※伊奈忠治が築いた土堤防、堤の長さが八丁だったので八丁堤。

Urawa_suijin8

Urawa_suijin9

YAMADA

東京番付

Tokyo_meshi

大正百飯番附

Tokyo_tabemono東京名代食物番附

Tokyo_kaiseki會席即席御料理番附


Yaomatsu_suijin

○八百松
 八百善に修行した小山松五郎が開業、明治三年には向島枕橋に支店開業、これに伴い本店を「水神の八百松」と称した。

Yaomatsu_mukoujima

YAMADA

羽根倉富士嶽

Shiki_fuji91

羽根倉富士嶽(富士塚)・羽根倉浅間神社
 志木市上宗岡4-700

 明治時代・高さ約5m・直径約17m・移築2回・平成24年修繕改修

Shiki_fuji98

 建久四年源頼朝が富士裾野で巻狩りをした際、宗岡里人が多数勢子として招集されたのを記として、大野の地に祠を建て・富士浅間社を祀った。 長禄年間荒川洪水で祠が羽根倉に流され、その地に社殿を建てた。 明治五年~十三年、境内に富士塚を築いたが、昭和初期荒川改修のため蓮田に遷座、1973年県道開通により現在の地に移転、富士塚も移築された。

Shiki_fuji92

Shiki_fuji93

..

YAMADA

河童

Rekishi_kappa1

カッパ

河童は関東での呼称、他地方によりガラッパ・ガータロ・ケンムン・カワノヌシなど。

Rekishi_kappa2

河童の像

Rekishi_kappa3

Rekishi_kappa4

河童(河伯)の手

Kizakura_kappa

☆河童の牝
 利根川流域では「ネネコ」とよばれる。 球磨川流域では「九千坊」。

☆河童
 古くは、藁人形を作り神として崇めていた。 これが雛人形や案山子となり、川に流す儀式が生まれ、水霊となった。 その水霊の一つが、少童水神・河童といわれる。

☆への河童
 「木っ端の火」→「河童の火」→「火の河童」。 簡単に火がつくことから、朝飯前の簡単な仕事。

☆河童の腕..

YAMADA

両国の花火

Edo_ryogokuhashi

東都両国ばし夏風景(名所江戸百景)

花火 について

Edo_ryogokuyusuzumi

東都両国夕涼之図(名所江戸百景)

☆両国の川開
 八代将軍徳川吉宗の時代、大飢饉・コレラ流行などにより死者多数、このため享保十七年五月二十八日水神祭を催す、その後盛大となり両国橋上流は玉屋・下流は鍵屋の花火大会となった。

☆花火屋
 慶安元年七月の禁令にて花火製造禁止。 その後、両国吉川町玉屋市郎兵衛と横山町鍵屋弥兵衛が認められた。

☆玉屋と鍵屋
 享保十八年隅田川・川開きで大がかりな花火が打ち上げられた。   万治元..

YAMADA

長野原町

Kawarayu52

 八ッ場ダム建設に伴い、仏像・道祖神・弁財天・大黒天・観音・地蔵・菩薩・如来・水神・蚕神・猿田彦・不動明など、多くの神様・仏様達が引っ越すこととなった。

※王湯・1991年

長野原町

Kawarayu51

※川原湯温泉街・1981年


Yanba_ohashi1

八ツ場大橋(1935年頃)

Yanba_ohashi2

Yumoto_keigyou

湯元敬業館(昭和初期)

YAMADA

いなり寿司

Kuki_shoubu15

いなり寿司・たまご太巻寿司
 (すしの川島屋@加須市上種足1005-2)

 油揚げ一枚を丸々つかった稲荷寿司

☆稲荷鮨
 天保年間、簡単と低廉で庶民の間に急速に広まった。 弘化二年頃、油揚の中に雪花(きらず・おから)を詰めて売り歩いた。
※一時、狸鮨なるものがあったらしい。

☆稲荷
 むかし村人が、鼠を捕る狐に感謝して・巣穴に農作物と一緒に油揚げを置いたところ油揚げだけ食べたので、「稲荷神社の守り神キツネ」に油揚げを供えるようになったともいわれる。(キツネは肉食)

☆かっぱ巻き
 水神..

YAMADA

ふなっしーまん

Funasshi_nikuman

ふなっしーの肉まん
 (ファミリーマート/井村屋株式会社)


☆中華まん、人柱に代わり人間の頭に似せてつくられたとか。 ならば、中のアンは脳味噌…

※中華まんじゅうの起源は、中国の三国時代(220年頃)、名将・諸葛孔明が作らせたことで知られています。 孔明は南蛮征伐の帰途、川を渡ろうとしましたが、風雨のため川が氾濫し渡れません。 川をしずめるためには、人頭を水神にささげ祭るという信仰に従わなければならないのですが、戦いで失われた人命をこれ以上損うことが出来なかった孔明は、それに..

YAMADA

地名伝説(赤城山西麓)

20131211c

○北橘(ほっきつ)
 日本武尊命が山頂で、弟橘姫を偲んで「あづまはや」と入ったので、この山を「橘山」。 が、植物の橘が由来との説、急崖が立っているので「立ちバナ」との説もある。 

○岩鼻
 烏川に臨んだ所が岩石になっている。

○板鼻
 碓氷川に平板が臨んだ大地。

○十二様
 十二人の神々・十二人の子供を持つ神・一年を守護する神、など言われるが本当のところは判っていない。 女の山の神様である。
※女房を「山の神」というのは、十二様が源。

○溝呂木
 オオミ堂のミゾロガ池の主大蛇が大きくなり池が小さ..

YAMADA

グンマの昔:カッパの恩返し

Akaya_kappa

○カッパのおんがえし(赤谷・本宿)
 日照りで食べ物が無くなったカッパが、じいさん・ばあさんの住む水車小屋にやってきたので米を与えた。 その冬、じいさんが雪道で転んで足を折ってしまったところ、助けたカッパが出てきて、治るまで背負って足代わりになってくれた。 
※ただし、カッパの背中だったので、いつもビショビショになったらしい。

(猿ヶ京カッパ公園)

○かっぱのおんがえし(相俣)
 湯の原村相俣の西川と赤谷川の合流近く「千淵」・「万淵」に、カッパが住んでいた。 ある日、小野屋のばあさ..

YAMADA

グンマの神々(2)

Okamasama

 グンマには、大勢の神様方がすんでおられます。 御願事は、各担当神様に直接お願いします。


※隣国信濃には「人神虫」がいるそうだ。 なんでも、人神虫(にんじん虫)が走ると瞼がピクピクするらしい。


Gunmanokamigami

いろりの神・ オイヌ様・ タケ神・ ホウキの神・ 留守神・ 井戸神・ 雨の神・ 屋敷神・ 火の神・ 釜神・ 機神・ 橋神・ 恵比須・大黒様・ 庚申・ 山岳神・ 産神・ 蚕神・ 市神・ 蛇神様・ 十二様・ 職人の神・ 水神・ 性神・ 川神・ 祖神・ 倉の神・ 大工神・ 鍛冶神・ 池..

YAMADA

グンマの神々(1)

Susanoomikoto2

 グンマの主な山は、アカギサマ・ハルナサマ・コモッチャマ・ホタカサマ・シラネサマ、などみなタケ山的性格を持っている。  また、井戸などの水資源は共同利用だったので、清浄に保つため数多くの俗信があった。

カッパはグンマ各地でみられた。 嫌われることが多かったが、六合村湯本家にはカッパに教えられた秘伝薬がある。
○グンマの川・池・淵の底には多くの竜宮が存在し、そのほとんどが椀・膳の貸し出しをおこなっていた。
○メカゴ(メッパ)ができたら、井戸の上にふるい(ショウギ・スイノウ)を半..

YAMADA

樋越神明宮・春鍬祭

Harukuwa

○春鍬祭
 二月十一日、玉村町樋越神明宮で春鍬祭が行われる。 ここでの鍬は榊の枝に円いいおそなえ餅と長方形の長餅をつけてつくり、この鍬で田のクロ(土)をぬる。 この長餅は「クワキソギ(エンガなどについた土を払う小道具)」を意味する。 これは、鍬などについた土はその場で落としきれいにして大事にする・土を大切にする意味があったらしい。  また、墓掘りに使ったときは、一週間そのままにしておき・酒をかけて清めてから使ったことも関係あるらしい。

※土は地神様のものだから畑に置いてくるとされ..

YAMADA

群馬での暮らし:雷

Raiden

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:雷様群馬》 (WEB 転載)

 群馬県(特に前橋)は雷が多く、それも夏場に集中している。 そのため、古くから雷神信仰が盛んで「ライサマ(雷様)」・「オカンダチ(御神立)」などと呼び雷を神として祭ってきた。(明治期に実施された神社統合以前は、雷神(水神)などを祭る神社が354社あったそうだ。)
 今でも、雷電神社・雷神社・大雷神社・火雷神社など雷よけの神社が数多くある。


★もし子供の雷に臍がなかったら…
 それは…

YAMADA