So-net無料ブログ作成

太宗寺

Shinjyuku_enma1

○太宗寺
 新宿区新宿2-9-2、03-3356-7731

Shinjyuku_enma5

Shinjyuku_enma6塩かけ地蔵尊

Shinjyuku_enma7

Shinjyuku_enma8

☆内藤新宿
 徳川家康が内藤駿河守と青山常陸介に褒美として「馬を走らせ・一気に休まず土取りした地を与える」といった。 青山常陸介は三十万坪の地(現青山墓地と神宮外苑)を手に入れ、欲張った内藤駿河守は馬が倒れたため二十万坪(現新宿御苑)に終わった。

Shinjyuku_enma9

Shinjyuku_enma11

Shinjyuku_enma12

Shinjyuku_enma13

☆銅造地蔵菩薩座像(江戸六地蔵)
 深川在字地蔵正元が、少年時代に地蔵尊を祈願し病気を平癒したことから、江戸市中を托鉢し喜捨を乞い・江..

YAMADA

とうきょう伝説

Kasamoriosen0

東京伝説

☆スッテクリョウ、秋川市菅生・
 兄弟の太郎と二郎、太郎の白馬を二郎が代掻きに使い喧嘩となり・太郎は殺されてしまった。 太郎は埋葬のさい頭を剃ってなかったので今尚「剃ってくれ」…

☆足立姫と六阿弥陀、足立区扇2・性翁寺
 豊島氏に嫁いだ宮城宰相の娘足立姫、不縁となり川に身を投げた。 父は姫の霊を弔うため紀州熊野にて霊木を得、行基が六体の阿弥陀仏と木余如来を彫った。

☆猿仏塚、足立区栗原1・島根小学校前
 むかしむくれて農家には利口な猿、ある日家人の留守に赤ん坊を風呂に入れ..

YAMADA

おいてけ堀跡

Kameido_oiteke1

○おいてけ堀跡
 江東区亀戸1-12

伝説 の記事を探す )

Kameido_oiteke9

○おいてけ堀
 江戸本所七不思議の一つ。 日が暮れて魚釣りの帰り道、堀の中から「おいてけ~、おいてけ~」の声がする。 気がつくと魚籠の魚が消えている…
※「置いてきぼり」の語源

☆本所七不思議
  置行堀・送り提灯・送り拍子木・燈無蕎麦・足洗邸・片葉の葦・落葉なき椎・狸囃子・津軽の太鼓、など。

Oitekebori5

Sumidamidoritosho

Oitekebori85

Honjyowari

Honjyo30

Honjyom41明治41年

Oitekebori_edoc

YAMADA

横十間川

Kameido_tenjin0

○天神社石碑
 墨田区太平4-5

Kameido_zeniza1

○亀戸銭座跡
 江東区亀戸2-6
 江戸時代に銅銭が本格的に鋳造されたのは、寛永十三年に始まったため、幕末までに造られた銅銭はすべて寛永通宝と呼ばれ、「寛永通宝」の文字が打ち出されています。
 寛文三年天和三年まで、亀戸二丁目の都市基盤整備公団団地のある付近で寛永通宝が造られ「亀戸銭座」と称しました。

Suijyou_taxi

○旧水上バス乗船場・水上タクシー乗り場
 墨田区錦糸2-14

Kameidomap


Fuzokugaho_asanocementc旧浅野セメント

Chuo_asanocementc

YAMADA

入神明宮跡

Kameido_irishinmeigu

○入神明宮跡
 江東区亀戸3-41

Kameidoshinmei51

Irishinmei9

YAMADA

亀戸香取神社

Kameido_katori1

○亀戸香取神社
 江東区亀戸3-57-22、03-3684-2813

Kameido_katori2

 創立は、中臣鎌足が東国へきたとき、この亀島に船をよせて太刀をひとふりおさめて旅の安泰を祈ったことが始まりであると伝えられ、鎮祭は、天智天皇の四年と伝えられる区内で最も古い神社です。
 また、平将門の乱のとき、俵藤太秀郷が当社に戦勝を祈り、祈願成就の後、弓矢を奉納し、以後武運長久を祈ることが多くなったといわれます。 この古事に因む祭「勝矢祭」が、毎年5月5日に行われています。 境内には、「亀戸大根の碑」や「..

YAMADA

亀戸梅屋敷

Kameido_umeyashiki1

○梅屋敷跡(亀戸梅屋舗)
 江東区亀戸3-50付近

Kameido_umeyashiki5

 梅屋敷は伊勢屋彦右衛門の別荘で、多くの梅の木が植えてあったのでこう呼ばれるようになりました。 水戸光圀は、その中の一株の梅がまるで龍が地を這うように咲いていたので臥龍梅と命名しました。 江戸時代は、行楽地として有名でしたが、明治四十三年の水害によりすべて枯死し、廃園となりました。

Umeyashiki_kameido

☆亀戸梅屋敷
 亀戸天神北東に三千坪の広さがあった。 江戸の始め、本所呉服商伊勢屋彦右衛門の別荘・清香庵に梅を植えた。 水戸光圀がこの梅園を訪..

YAMADA

水神社

Kameido_suijin1

○水神社
 江東区亀戸4-11-19 水神社(亀戸水神宮)

Kameido_suijin2

Suijinmorikoban

(水神森交番)

Kameido_suijinc

YAMADA

亀戸天神

Kameido_tenjin1

○亀戸天神
 江東区亀戸3-6-1。03-3681-0010

Kameido_tenjin2

 天神社は、寛文二年九州太宰府天満宮の神職が神木飛梅の木で菅原道真の像を造りまつったのが始まりで、翌年に神殿以下・反橋・心字池などすべて太宰府天満宮に模して造られました。
 学問の神様として信仰を集めているほか、梅や藤の美しさは、広重の「名所江戸百景」で有名です。 現在でも藤の花は有名で、「新東京百景」の一つにもなっています。 また、毎年1月24・25日には、「うそ替神事」が行われます。 境内には、梅や藤の木の他にも..

YAMADA

江東区・まちあるき

Kotoku_50

Kotoku_51

清澄公園

Kotoku_52

Kotoku_53

旧東京市営店舗向住宅

Kotoku_54

Kotoku_55

Kotoku_56

小名木川

Kotoku_57a

Kotoku_58

Kotoku_59


Mannenbashi81

Mannenbashi82

Nakagawabansen8

☆中川船番所(小名木川)
 遠くから水路により運ばれる物資は中川御番所で検問を受けるため、運搬船が小名木川に集中した。 寛永九年には行徳船(長渡船・番船)なる定期航路船が設けられ、明治十二以降は東京~行徳間の早船となった。
※行徳船の当初は幕府の軍事利用であったが、後に旅客定期船となった。 
※行徳で生産される塩を江戸に運ぶため、江戸幕府が小名木川改修..

YAMADA

芭蕉記念館

Kotoku_81

○芭蕉記念館・芭蕉庵史跡展望庭園(分館)
 江東区芭蕉記念館、江東区常盤1-6-3、隔月曜休、03-3631-1448

Kotoku_82

Kotoku_83

Kotoku_84

Kotoku_86

Basyouan85

Basyouan86

Kotoku_88

☆深川芭蕉庵跡・常盤1付近
 天和元年三十八歳の時、門人鯉屋杉風の持家である深川六間堀の小庵に移り住み、敷地内に芭蕉を植えた。 その後芭蕉庵は火災などで建て替え三回も、芭蕉はここを根拠地として俳句を確立したといわれる。 芭蕉没後は武家地となり・尼崎藩下屋敷・長州藩屋敷・その後民有地、など経たので芭蕉庵の正確な場..

YAMADA

のらくろ館

Kotoku_71

○のらくろ館
 田河水泡のらくろ館・森下文化センター
 江東区森下3-12-17、03-5600-8666・江東区森下文化センター内

Kotoku_72

Kotoku_73

Kotoku_74

Kotoku_75

Kotoku_76

Kotoku_77_2のらくろ漫画

Kotoku_78_2

Kotoku_79

YAMADA

深川三十三間堂

Fukagawa_33kendo

☆深川三十三間堂・蓮華王院(江東区深川)
 新両替町弓師備後が浅草東本願寺近くに三十三間堂を建築するも元禄十一年焼失、深川に土地下賜を受け新三十三間堂を再建した。
※京都三十三間堂と同規模だったといわれる。

Sanjyusangen61

Fukagawa33ken227c

三十三間堂跡地(数矢町・富岡八幡宮東)

Honjyo_sazaedo

☆五百羅漢ざゞゐ堂・黄檗宗羅漢寺

Fukagawasazae227c

YAMADA

江東区立深川図書館

Kotoku_60

○江東区立深川図書館
 江東区清澄3-3-39、月休、03-3641-0062

Kotoku_61

 明治四十二年九月創設、関東大震災で焼失、その後帝都復興院が設立され東京市立図書館(深川図書館・京橋図書館・一ツ橋図書館)が造られた(昭和三年)。 1993年修復。
 昭和当初は有料(入館料要)で土足厳禁だったらしい。

Kotoku_62

Kotoku_63

Kotoku_66

Kotoku_67

Kotoku_68

Kotoku_69


Fukagawatosyo1

○東京市立深川図書館

Fukagawatosyo1c

Chuo_kyobashitoshoc京橋図書館

YAMADA

市谷上屋敷 メモ

Ichigaya_jiei5

☆市ヶ谷記念館
 新宿区市谷本村町5-1、03-3268-3111

自衛隊 の画像を検索 )

Jieitai_ichigaya1

 明治四年尾張徳川家上屋敷跡に兵学寮(後の陸軍士官学校)が京都より移転。  昭和12年本科を相武台へ移設、昭和16年予科を振武台へ移設、陸軍省と参謀本部を設置した。 

Jieitai_ichigaya2

Jieitai_ichigaya3

Jieitai_ichigaya4

Jieitai_ichigaya5

Jieitai_ichigaya6


Yoshinobu_ichigaya1

○市谷上屋敷・約75000坪
 明暦二年拝領、幕末まで上屋敷として利用された。 

Yoshinobu_ichigaya2

Yoshinobu_ichigaya3

Yoshinobu_ichigaya1c

Yoshinobu_ichigaya2c

Yoshinobu_ichigaya3c

Ichigaya228c

Sanbohonbu33参謀本部焼け跡


☆江戸大名屋..

YAMADA

深川めし

Fukagawa_meshi1

○深川めし
 深川釜匠、江東区白河2-1-13、03-3643-4053

上からは「ご飯」を見ることはできない!
(二合・約650gある、これに刻み海苔がかかる)

深川めし の画像を検索 )

Fukagawa_meshi3

☆深川めし・深川丼
 江戸時代、ファーストフードしとて人気あり・魚河岸に屋台。 明治時代当初は「バカ貝」だったが、次第にアサリが使われるようになり、やがて深川でアサリが穫れなくなり消滅した。  大正時代料亭「みや古」が会席料理締めのご飯として出すようになり復活した。

☆明治中期の..

YAMADA

IHIものづくり館アイミューズ

Ihi_toyosu02

○IHIものづくり館アイミューズ
 東京都江東区豊洲3-1-1・豊洲IHIビル1階、土日休、03-6204-7032

Ihi_toyosu01

Ihi_toyosu03

Ihi_toyosu04

Ihi_toyosu05

Ihi_toyosu06

○ウーズレーCP型トラック(大正十三年)

Ihi_toyosu07

○自立型煙突・東京電力株式会社千住発電所(大正十四年)
 通称、「お化け煙突」。

Ihi_toyosu08

Ihi_toyosu09

○ペンシルロケット(1955年)

YAMADA

中川船番所資料館

Koutouku_nakagawa01

○中川船番所資料館
 東京都江東区大島9-1-15、月休、03-3636-9091

Koutouku_nakagawa02

Koutouku_nakagawa03

Koutouku_nakagawa06

Koutouku_nakagawa05

Koutouku_nakagawa07

YAMADA

ゆりかもめ

Yurikamome81

○ゆりかもめ
 株式会社ゆりかもめ・東京臨海新交通臨海線、 江東区有明3-13-1

Yurikamome82

Yurikamome83

Yurikamome84

Yurikamome85

YAMADA

明治丸 (1)

Kotoku_meiji01

○明治丸
 東京海洋大学
 東京都江東区越中島2-1-6、火木開、03-5245-7300

Kotoku_meiji02

江東区 について

Kotoku_meiji03

Kotoku_meiji04

Kotoku_meiji05

Kotoku_meiji06

Kotoku_meiji07

Kotoku_meiji08

Kotoku_meiji09


☆明治丸の概要
 明治丸は、明治政府が英国グラスゴーのネピア造船所に燈台巡廻業務用に発注し、明治7年に竣工した鉄船(現在の船はすべて鋼船)で、翌8年横浜に回航されました。
 一等飛脚船同様の出来と言われたこの船は、特別室やサロンを備えた豪華な仕様の新鋭船で、単に燈台業務ばかりでなく、ロイヤルシップの役目も兼ねていま..

YAMADA

明治丸 (2)

Kotoku_meiji11

○明治丸
 東京海洋大学
 東京都江東区越中島2-1-6、火木開、03-5245-7300

Kotoku_meiji10

Kotoku_meiji11b

Kotoku_meiji13

Kotoku_meiji14

Kotoku_meiji15

Kotoku_meiji16

Kotoku_meiji17

Kotoku_meiji19

YAMADA

東京海洋大学明治丸海事ミュージアム

Kotoku_museum1

○東京海洋大学明治丸海事ミュージアム
 東京都江東区越中島2-1-6、火木開、03-5245-7300

Kotoku_museum2

Kotoku_museum3

Kotoku_museum4

Kotoku_museum5

Kotoku_boat1○救命艇

YAMADA

東京商船大学旧天体観測所

Kotoku_kansoku1

○東京商船大学旧天体観測所・第一観測台
 東京海洋大学、
東京都江東区越中島2-1-6

Kotoku_kansoku2

☆東京商船大学旧天体観測所(第一観測台)
明治/1903
煉瓦造2階建,鉄板葺,建築面積26㎡
 正門の脇に建つ煉瓦造,2階建の観測台で,経緯儀室または赤道儀室が置かれた。一階は八角,二階は円形の平面をもち,二階外壁を漆喰塗りとしドーム屋根をかける。小規模ながら丁寧な造りの建物で,現存する数少ない明治期の天体観測施設として価値がある。

Kotoku_kansoku3

Kotoku_kansoku4

Kotoku_kansoku5

○東京商船大学旧天体観測所・第二観測台

Kotoku_kansoku6

☆東..

YAMADA

東京商船大学

Kotoku_buil1

○東京商船大学一号館
 東京海洋大学、東京都江東区越中島2-1-6

Kotoku_buil2

☆東京商船大学1号館
昭和前/1932
鉄筋コンクリート造3階建,建築面積1769㎡
 関東大震災で多くの校舎が倒壊したが,昭和7年に再建。東京高等商船学校時代は,本館と呼ばれていた。外壁をスクラッチタイル貼りとし,正面に半円形の大アーチの玄関部を設ける。簡潔にまとめ上げられた意匠になる校舎の好例。設計は文部省・大蔵省。

Kotoku_buil3

Kotoku_buil4○東京商船大学二号館

Kotoku_buil5

☆東京商船大学2号館
昭和前/1933
鉄筋コンクリート造2..

YAMADA

越中島・まちあるき

Kotoku_machi1

○越中島・まちあるき
 東京都江東区越中島

Kotoku_machi2

Kotoku_machi3

Kotoku_machi4

Kotoku_machi5

Kotoku_machi6

YAMADA

旧弾正橋

Kotoku_hachiman2

○旧弾正橋・八幡橋
 東京都江東区富岡1-19
 かつては島田弾正屋敷のそばだったので「弾正橋」、今は富岡八幡宮のそばなので「八幡橋」。

Kotoku_hachiman1

☆旧弾正橋(八幡橋)
明治/1878
鉄製、単径間アーチ橋
 もと、東京市京橋区(現東京都中央区)の楓川に架けられていたものであるが、昭和四年現在地に移されて八幡橋と呼ばれている。 工部省赤羽製作所の製造になる長さ一五・二mの道路橋で、単径間アーチ(タイドアーチ)の形式をとる。 アーチ部分鋳鉄、他は錬鉄からなり現在ではみられない珍らしい材の組み合..

YAMADA

旧東京市深川食堂

Kotoku_modern1

○旧東京市深川食堂・深川東京モダン館
 東京都江東区 門前仲町1−19−15、03-5639-1776

Kotoku_modern2

食堂 について

Kotoku_modern3

Kotoku_modern5


Kotoku_modern9

☆旧東京市深川食堂
昭和前/1932/1945頃改修
鉄筋コンクリート造2階建、建築面積168㎡
 角地に建つRC造2階建。南面西端をエントランスとし、その奥を、2階天井まで全面窓で明るく開放的な階段室とする。当初は2階南面には水平に連続するスチール・サッシュ窓が設けられた。震災復興事業で建設された食堂で、当時の建築デザインの潮流を伝え..

YAMADA

金鍔

Kotoku_iseya1

○きんつば
 深川 伊勢屋
 東京都江東区富岡1丁目8番12号、03-3641-0695

Kotoku_iseya2

○豆餅

きんつば について

YAMADA

深川めし

Fukagawameshi21

深川めし
 (太郎@江東区深川2-1-20)

Fukagawameshi22

穴子弁当・ミニ


☆深川めし・深川丼
 ファーストフードしとて人気あり・魚河岸に屋台。 明治時代当初は「バカ貝」だったが、次第にアサリが使われるようになり、やがて深川でアサリが穫れなくなり消滅した。  大正時代料亭「みや古」が会席料理締めのご飯として出すようになり復活した。 

YAMADA

江戸の八百屋

Edo_yaoya1

Edo_yaoya2

Edo_komeya3_2

江戸の米屋

Edo_komeya2

※米屋の鶏は、地面に落ちた穀物を拾わせる・俵に付いた虫を捕らせるため。 夜は逃げないように棚の上に寝せる。

Yaoya1890

○八百屋・1890年

Mizukashi1890

○水菓子屋・1890年


☆大八車
 八百屋・呉服屋・酒屋などは大八車を引いてまわった。 坂の多い地域には、坂の下に後押しを仕事にする者もいたらしい。

☆大八車
 八人分の仕事をする車とも、大八がつくった車、ともいわれる。

Yaoya_edo

☆八百長
 八百屋の長さんが、関取「伊勢の海」と碁を打つときにいつもわざ..

YAMADA

旧東京市営店舗向住宅

Kiyosumi92

旧東京市営店舗向住宅(清澄・江東区)

Kiyosumi93

YAMADA

清澄庭園

Kiyosumi82清澄庭園(江東区清澄3-3-9)

Kiyosumi01

Kiyosumi02

Kiyosumi03

Kiyosumi04

Kiyosumi05

Kiyosumi06

Kiyosumi07

Kiyosumi08

Kiyosumi09

Kiyosumi81

☆清澄庭園
 江戸きっての豪商紀伊国屋文左衛門(紀文)の屋敷だったらしい。 その後関宿藩久世家の下屋敷となり、明治期に岩崎弥太郎が買い取った。

☆紀文・紀伊国屋文左衛門
 蜜柑船で大儲けをした紀文が上野寛永寺根元中堂造営を落札したのは、賄賂といわれる。


Iwasaki_fukagawa1

○岩崎邸(深川親睦園)・深川区伊勢崎町

Iwasaki_fukagawa2

Iwasaki_fukagawa1c

Iwasaki_fukagawa2c

Iwasaki_kiyosumi

Iwasaki_kiyosumic

Fuzokugaho_kiyosumic

Fuzokugaho_fukagawakoenc深川公園

YAMADA

深川江戸資料館

Kotoku_90

○深川江戸資料館
 江東区白河1-3-28、隔月曜休、03-3630-8625

Kotoku_92

Kotoku_91

Kotoku_93

Kotoku_94

Kotoku_95

Kotoku_96

Kotoku_97

Kotoku_98

Kotoku_99

Fuzokugaho_fukagawabakac○深川名物・馬鹿貝のむきみ

YAMADA

深川江戸資料館

Fukagawa12

深川江戸資料館(江東区白河1-3-28)

深川 について

Fukagawa01

 「展示品に手をふれないでください」無し、座敷に上がったり・引き出しを開けてみるのもOK。

Fukagawa11

Fukagawa13

Fukagawa14

Fukagawa15

Fukagawa21

Fukagawa22

Fukagawa23

Fukagawa_settin

共同便所


Komera_edo


☆江戸の大火・明暦三年
 外堀の内側にあった尾張家と紀伊家を麹町へ・水戸家を小石川へ屋敷替えし跡地を火除地とし、延焼防止策として広小路など広い道路を設けた。 市街地が手狭になったので、両国橋などを築き東岸へと広げた。
※江戸城近くに木材貯蔵地を..

YAMADA

駄菓子 (2049) 

山田君の世界

あんずがペーパーになっちやいました
 (株式会社やおきん@墨田区横川5-3-2、輸入:株式会社セカンドライフ@江東区扇橋1-2-9)

○乾燥あんず菓子
 14cm程の紙状あんず。 どう見ても「紙ヤスリ#400」、味もそんなだ。

YAMADA

駄菓子 (2050) 

山田君の世界

うめぇ~ペーパー 
うめぼし 甘ずっぱ~い!
 (株式会社やおきん@墨田区横川5-3-2、輸入:株式会社セカンドライフ@江東区扇橋1-2-9)

○乾燥梅菓子
 14cm程の紙状梅味。 もしかしたら、本当にペーパーかもしれない… そんな味だ。

YAMADA

駄菓子 (1820) 

山田君の世界

BIG IKA SO-MEN
デカいかそうめん
 (株式会社やおきん@墨田区横川5-3-2、輸入:株式会社セカンドライフ@江東区扇橋1-2-9)

○魚介乾製品(12g)
 味は[ふらふら]

YAMADA