So-net無料ブログ作成
検索選択

二本榎

Kitaku_nihonenoki88

○二本榎
 東京都北区西ケ原2-47

Kitaku_nihonenoki89

二本榎保存之碑
公爵徳川家達題
府下北豊島郡瀧野川町大字西ヶ原に幹太く枝茂りて緑陰地を覆ひ行人皆仰ぎ見て尋常の古木に非ざるを知るものあり之を二本榎と云ふ是れ旧岩槻街道一里塚の遺存せるものにして日本橋元標を距ること第二里の所なりとす往昔群雄割拠の世道路久しく乞梗塞せしか徳川氏覇府を江戸に開くに当り先づ諸街道の修築を命じ道を夾みて松を植ゑ里毎に塚を置き塚には榎を植ゑしむ之を一里塚と云ふ然るに年を経て塚多くは壊れ榎も亦斧片の厄を免れず今存するも..

YAMADA

寛永寺

Taitouku_kaneiji01

○寛永寺・旧根本中堂
 台東区上野桜木1

Taitouku_kaneiji02

Taitouku_kaneiji03

Taitouku_kaneiji04

Taitouku_kaneiji06虫塚碑

Kaneiji_map

Taitoku_kaneiji71

Taitoku_kaneiji72

Taitoku_kaneiji70


☆東叡山寛永寺
 徳川三代将軍家光が、川越喜多院天海僧正に命じて健立(寛永二年)。 最盛期は寺域30万坪、明治維新上野戦争で堂宇のほとんどを焼失、明治十二年川越喜多院から本寺堂を移設し根本中堂とした。
 四代家綱と五代綱吉が上野寛永寺に葬られたが、六大将軍以降は徳川家菩提寺の増上寺と調整するようになった。
※寛永寺には、八代吉宗・十代家治・十一代家斉・十三代家定の霊廟があっ..

YAMADA

飛鳥山

Kitaku_asukayama9

○アスカルゴ
 飛鳥山公園・東京都北区

Kitaku_asukayama1

○飛鳥山の碑

☆王子
 紀州牟婁の熊野若一王子を勧請したことに由来。 紀州新宮の飛鳥明神を勧請したので飛鳥(山)。

飛鳥山 について

Kitaku_asukayama2

Kitaku_ichirizuka1

○西ヶ原一里塚 
 北区西ケ原2-13
 一里塚は街道の一里(約4km)ごとに道の両側に築かれた塚で、その上には榎が植えられていました。 この一里塚は、日光御成道の日本橋から二里目にあたります。 23区内には18カ所あったといわれていますが、当時の位置を保っているのは西ヶ原一里塚と板橋区の志村一..

YAMADA

渋沢栄一記念館

Fukaya_52

○渋沢栄一記念館
 深谷市下手計1204、048-587-1100

※建物は、国立第一銀行外観を模したともいわれる。

Fukaya_51

渋沢栄一 について

Fukaya_53

○尾高惇忠生家
 深谷市下手計236

Fukaya_54煉瓦造土蔵

Fukaya_55

Fukaya_56

Fukaya_57

Fukaya_58

Fukaya_59c

Fukaya_59

YAMADA

渋沢栄一生地

Fukaya_61

○渋沢栄一生地(中の家)
 深谷市血洗島247-1

Fukaya_62

※血洗島の地名について
 合戦により血を洗った・アイヌ語が源・利根川氾濫で地が荒れた、などの説がある。

Fukaya_63

Fukaya_64

Fukaya_65

Fukaya_66

Fukaya_67

Fukaya_68渋沢家

Fukaya_69深谷瓦

Fukaya_46

Fukaya_47

Fukaya_48

Fukaya_45


☆深谷市鼠
 ネ(台地)に住むので、ネズミ→鼠となったらしい。

YAMADA

旧煉瓦製造施設

Fukaya_31

○旧煉瓦製造施設
 深谷市上敷免28-10 

日本煉瓦製造株式会社、旧事務所・旧変電室・ホフマン輪窯など

Fukaya_32

○日本煉瓦製造株式会社
 明治十三年東京小菅集治監で登窯による赤煉瓦製造(手抜式製造法)、明治十八年会社創立計画(欧州風建築ブームで赤煉瓦不足)、深谷瓦産地の良質粘土から上敷免を選定、明治二十年十月二十五日日本煉瓦製造会社成立(日本橋浜町に本社)、明治二十三年六月事業開始、日清戦争後の建築ブーム(鉄道を含む)で大発展した。
 大正十二の関東大震災で、「煉瓦造りは地震に弱い(浅草..

YAMADA

誠之堂 (2)

Fukaya_19

○誠之堂
 深谷市起会110-1、048-571-0341・大寄公民館

Fukaya_02

☆誠之堂
大正/1916 煉瓦造、建築面積113.30m2、一階建、スレート葺
 誠之堂は,渋沢栄一の喜寿を祝い,第一銀行の運動場及び保養施設の清和園に建設された記念堂である。大正5年3月に起工,同年11月12日に竣工開館した。設計は清水組技師長の田辺淳吉である。平成10年から11年にかけて,大ばらし解体のうえ,現在地に移築復原された。
 煉瓦造,平屋建,屋根は天然スレート葺である。平面は濡縁(ヴェランダ)付きの..

YAMADA

誠之堂 (1)

Fukaya_28

○誠之堂
 深谷市起会110-1、048-571-0341・大寄公民館

Fukaya_21

☆誠之堂の歴史
   誠之堂は、大正5年(1916)、渋沢栄一の喜寿(77歳)を祝って第一銀行の行員たちの出資により建築されました。
 渋沢栄一は、深谷市に生まれ、株式会社組織による企業の創設・育成に力を入れ、日本の近代経済社会の基礎を築きました。その拠点としたのが第一国立銀行でしたが、明治29年、同行は第一銀行となり、栄一は、その初代頭取を務めました。
 栄一は、喜寿を迎えるのを機に、第一銀行頭取を辞任しましたが..

YAMADA

帝国ホテル

Teikoku5

☆帝國ホテル
 明治二十年鹿鳴館北隣に「東京ホテル」建設計画(国策)、同名のホテルがあったため明治二十三年「帝國ホテル」として開業、大正十二年ライト館(日本館)開館。

Teikoku1

Teikoku2

Teikoku3

☆帝国ホテル
 外国人向けであったが、宿泊料金が高く・ほとんど空室状態であり、責任をとって創業社長渋沢栄一が辞任したといわれる。

Teokokuhotel_meiji

Teikokuhotel_31

Teikokuhotel_32


Rokumeikan_31鹿鳴館

Rokumeikan_32


Osaka_teikoku○大阪帝国ホテル(帝國ホテルとは関係ありません)

YAMADA

埼玉会館

Saitamakaikan1

埼玉会館
 大正十二年御成婚記念埼玉会館建築計画あるも、関東大震災で延期。 大正十四年渋沢栄一らにより起工、大正十五年十一月六日埼玉会館落成式。 1963年解体し建て直し。  1966年5月27日新館落成式。

浦和 について

Saitamakaikan2


Saitamakaikan3

平和の女神像(女神の像)
 開館三日目県議から取り外しの動きがあり、その後1927年2月25日取り外された。

※大宮の料亭清水園に移された後、現在県立博物館にある。

Saitamakaikan78

Saitamakaikan79

Saitama100

Saitamakaikan9

Saitama_kaikan1

YAMADA

王子製紙

Ohjiseishi61

洋紙発祥の碑

製紙 について

Ohjis71

○抄紙製紙(しょうし)
 渋沢栄一が、三井・小野・島田らに製紙事業起業を呼びかけ1873年2月12日「抄紙製紙」創立。 1875年12月16日王子村にて操業開始。(石神井川と千川の水を使った)  敷地内に紙幣寮(後の印刷局)が進出し「製紙会社」に強制改称、1893年王子製紙株式会社となる。

Ohjis72

 1933年、王子製紙・富士製紙・樺太工業が合併。  1949年GHQにより解体され、苫小牧製紙株式会社・十條製紙株式会社・本州製紙株式会..

YAMADA

渋沢史料館

Shibusawa21

渋沢史料館 (北区西ヶ原2-16-1)

Shibusawa11

Shibusawa22

青淵文庫

Shibusawa23

Shibusawa24

Shibusawa31晩香廬

Shibusawa32


Shibusawa11

渋沢栄一邸・西洋館

※以下は、いずれも1945年焼失。

Shibusawa13

日本館

Shibusawa12

茶室

YAMADA

大川邸 メモ

Report_okawa1

○江戸東京たてもの園 大川邸移築工事報告書

 大正十四年大田区田園調布4-23-12に建築大川栄邸、その後貸家を経て 1941年後尾崎定雄に譲渡、1993年須崎満へ譲渡。
※田園調布は、田園都市株式会社(渋沢栄一設立)が開発した住宅地(多摩川台住宅)・大正十二年十月販売。

Report_okawa2

Ohkawatei31

Ohkawatei32

Ohkawatei33

Ohkawatei34

Ohkawatei35

YAMADA