So-net無料ブログ作成

オスプレイ

Gunma_osprey1

@高崎市・相馬原

相馬原 について

Gunma_osprey2

Gunma_osprey3

YAMADA

グンマの昔:ジラート事件

Soumhara

○ジラート事件
 1957年1月30日、相馬ケ原演習場で弾拾いをしていた主婦が米兵ウィリアムSジラートに射殺された。(声をかけて弾拾いにおびき寄せ、逃げる主婦を背後からカラカイ半分に撃ったとされる)  国内世論に押され国内での裁判となり、11月19日「懲役三年執行猶予三年」となった。 12月6日、ジラートは横浜から米軍用船で帰ってしまった。 これを伝えたのは、「上毛新聞」だけだったといわれる。
※弾拾いは、土地を接収された農家の収入源でもあった。


○ジラート事件
 米軍接収により副..

YAMADA

グンマの20世紀:事件

Takasakigun

事件一覧
 上州に強窃盗多発・女強盗も(1910)、 前橋でサリチル酸入り酒(1912)、 風紀が乱れるので多野盆踊り禁止(1914.7)、 前橋でピストル強盗(1915.12.8)、 藤岡事件(1923.9)、 世良田事件(1925.1.18)、 保険金詐欺放火10件以上(1931)、 桐生行幸鹵簿誤導(1934.11.16)、 組合製糸群馬社社長自殺(1934.10.22)、 暴力団検挙300名以上市議も(1935.5)、 コーヒー事件(1948)、 倉賀野人身売買(1..

YAMADA

グンマの昔:ざる観音

Zarukannon1

○ざる観音
 ある昔、船尾山中に十二山天狗があばれていた。 山王のお祭りで千葉左衛門常将の子「相馬若」に目を付けてさらってしまった。 悲しんだ常将は、伝教大師がつくった三千百坊舎を焼き払った。 このとき一人の法師が、観音様身体を矢に結び東方へ放った。 
 この矢が漆原新田へと飛び、桑を摘んでいる少女のざるの中に入った。  この観音様をは、後に長松寺西方へと「ざる観音」として祀られた。(ここのざるは蚕が当たるとされた)
※讃岐国生まれの弘法大師(空海)の行動範囲は関西・四国が主で..

YAMADA

渋川伝説(1)

Onogami11

○小野上名石
 ・夫婦石:七社神社そばにあるのが女石、粗末に扱うと祟りがある。 男石は上流にいる。
 ・牛の屎石:牛の糞に似ている、でも高さ6m幅9m。
 ・むしば神:虫歯に見えないこともない、おがらの箸を供えると虫歯が治る。
 ・弘法の腰掛石:弘法大師が腰掛けた、足跡二つとお尻の跡がある。
 ・白丁石:弘法大師が「白丁」と書いたといわれる。
 ・蟹石:川辺の蟹に見えた。
 ・かえる石と硯石:雨乞い祈願用。

○有馬五石ほか
 ・子種石:石に手を触れて祈願すると子種が授かる。(若伊..

YAMADA

群馬での暮らし:グンマの花見・第二弾

Soumagahara1

[お前はまだグンマを知らない]にもでてくる【グンマの花見】、第二弾開戦。

○第12旅団創立13周年・相馬駐屯地創設55周年 記念行事
日時:平成26年4月12日(土)
場所:陸上自衛隊相馬原飛行場地区
お問い合わせ先:第12旅団 司令部広報室

Soumagahara2


○相馬が原
 かつては御料地であったが、明治初めに相馬殖産会社ができ、明治末陸軍演習地として取り上げられた。 地元住民は大反対したが、陸軍省があの手この手を使い尽くしたらしい。
 その後は、1945年米軍が進駐、1952年相馬ヶ原駐屯..

YAMADA

群馬での暮らし:グンマの花見

Gunma_shinmachi

[お前はまだグンマを知らない]にもでてくる【グンマの花見】、いよいよ開戦。

○新町創設63周年記念行事・新町桜まつり(高崎市主催)
開催日:2014年4月6日(日)
開催場所:新町駐屯地(群馬県高崎市)

○しんまち桜まつり
開催日:4月5日~6日、10:00~15:00
開催場所:陸上自衛隊新町駐屯地・桜並木


○相馬原駐屯地創立記念行事
開催日:2014年4月12日(土)
開催場所:相馬原駐屯地飛行場地区(群馬県北群馬郡)

YAMADA

グンマの昔:ガラメキ温泉

Garameki11

○ガラメキ温泉(我楽目嬉温泉)・榛東村
 ガラメキ温泉は、2世紀末仲哀天皇のころ発見されたとされる。

Garameki21

○ガラメキ温泉源泉
 1900年代には三軒の温泉旅館(富士見旅館・阿蘇山旅館・扇屋)があり参拝客や湯治客で賑わっていたが、元々が国有地を借りて営業していたため、1946年米軍が相馬ヶ原演習場を接収し更地にしたため消滅した。

YAMADA

群馬での暮らし:榛東村

Soumhara

《グンマを話そう》
 榛東村は榛名山麓傾斜地に位置し広くが山村原野であるため、限られた耕地を利用した農村であった。 古く相馬が原は演習場となり国軍→米駐留軍→自衛隊と変わったが、現在も陸上自衛隊相馬原駐屯地があり、ここから前橋へ通じる軍用道路が密かに建設中である。
 この山麓傾斜地のため水不足は深刻であり、雨乞いも度々行われ、田植えの夜は水を惜しんで風呂に入らないほどであった。 この貴重な水源である井戸には神様がいるとされ、井戸に関する俗信も数多い。

YAMADA

群馬での暮らし:ガラメキ温泉

Garameki

○ガラメキ温泉(がら女き・我楽目嬉)
 群馬県北群馬郡榛東村上野原にあった温泉。 1946年米軍相馬原駐屯地として接収され、取り壊された。

YAMADA