So-net無料ブログ作成

学習院鉄門

Gakusyuin_mon3

○学習院旧正門・学習院女子大学
 新宿区戸山3-20-1

 明治十年華族学校開校時に神田錦町に建てられた正門が、目白学習院を経て昭和25年に移築された。 

※もはや錆び付いて閉めることができないらしい…

Gakusyuin_mon1

Gakusyuin_mon2

Gakusyuin_mon4

Gakusyuin_mon5

Gakusyuin_mon9

 明治十年十月七日神田錦町に華族学校開校、明治十七年宮内庁所管の官立学校となるも明治十九年二月校舎焼失、明治二十一年八月虎ノ門工部大学跡に移転、明治四十一年目白に移転、昭和二十五年現在地に移築。
 明治十九年の火災後、鉄門扉は鐘淵紡績に払い下げられ・墨田区東..

YAMADA

東京瓦斯株式会社千住工場 メモ

Senjyu_tokyogas9

○東京瓦斯株式会社千住工場 
 明治二十六年東京瓦斯第二工場として設立、1972年操業停止。 計量器室(明治四十五年六月竣工)ガス資料館に移築。

東京瓦斯 について

Senjyu_tokyogas6

Senjyu_tokyogas7

Senjyu_tokyogas8


☆千住
 明治十二年千住製絨所、明治十九年東京板紙会社、明治二十一年王子製紙千住工場、明治二十六年東京瓦斯千住製造所、明治三十九年東京毛織株式会社、明治四十二年日本紡績株式会社、大正元年鬼怒川水力電気東京変電所、大正三年猪苗代水力電気株式会社田端変電所。

YAMADA

千住ラシャ製造所 メモ

Arakawaku_senjyuseijyu01

○千住ラシャ製造所
 荒川区南千住6

紡績 について

Arakawaku_senjyuseijyu02

Arakawaku_senjyuseijyu07

Arakawaku_senjyuseijyu08

Arakawaku_senjyuseijyu09

Senjyu_seijyu8


○旧千住製絨所
 明治十二年九月二十七日、官営工場千住製絨所創設、軍服用羅紗を製造したので「羅紗製造所」とよばれた。 明治四十三年墨田川水害により煉瓦塀建設開始。 
 1940年四月陸軍製絨廠、戦後民間に払い下げ大和毛織株式会社工場、1961年工場閉鎖・敷地売却、大映株式会社(名古屋鉄道株式会社経由)が購入した土地は東京球場となった。 最後まで残った東京既製服製造卸協同組合建物は、19..

YAMADA

丸子郷土博物館

Ueda23

上田市立丸子郷土博物館(上田市東内2564-1)

 大正2年1月1日丸子小学校内に「丸子陳列館」開館。 その後「丸子町郷土資料館」に改称、昭和58年11月6日「丸子町郷土博物館」開館、平成18年3月6日合併により「上田市立丸子郷土博物館」となる。

博物館 について

Udeda20

Ueda21

Ueda24

Ueda25

Ueda26

Ueda27


☆上田市メモ

Uedasanshi

☆旧上田蚕糸専門学校講堂と絹糸紡績資料館・上田市

YAMADA

本庄市・まちあるき

Honjo25

旧本庄商業銀行煉瓦倉庫
※現在、保存改修工事中。

Honjo24

☆旧本庄商業銀行煉瓦倉庫
 明治二十九年建設の繭・生糸保存倉庫。 

Honjo21

Honjo22

Honjo23

Honjo26

Honjo27

Honjo28

Honjo29


Honjyo91


Saitama_honjyo1

○武州銀行倉庫・本庄市
 明治三十五年竣工、武州銀行倉庫後に埼玉銀行・富士紡績・ローヤル洋菓子店

Honjo_royal

Honjo_post1☆本庄仲町郵便局

Honjo_post2

Honjo_post3

Honjyo_machi1

Honjyo_machi2

YAMADA

高崎伝説(2/3)

Takasakishi

○1793年、岩鼻陣屋創設、現日本化薬地。

○1616年、下小鳥にて高崎藩検見あるもその厳しさに村人が役人を殺害。 藩主松平丹波守が激怒・出兵し、部落皆殺しにしたのが「首塚」。

○高崎はたばこの産地、「館たばこ」で有名だった。

○田嶋元七が蛇場見の谷川で水に石油気が含まれているのを見て、乗附山に石炭があるのを確信した。(1874年) 後にこの亜炭がも富岡製糸場・新町紡績所でも使われた。

○京ヶ島にある井戸が「七つ井戸」or「いろは井戸」。 弘法大師が掘ったといわれている。 
※実..

YAMADA

新町屑糸紡績所 メモ

Takasaki_sinmachi61

新町屑糸紡績所 メモ
 高崎市新町2330

Takasaki_sinmachi11

☆旧新町紡績所
 明治~昭和

 明治十年群馬県新町に操業開始した我が国最初の絹糸紡績工場。 佐々木長淳のヨーロッパでの紡績業などの視察報告に基づき、内務省が官営工場として設立した。 創業時の動力は、工場付近を流れる温井川を利用した水力と蒸気で、原料はそれまで安価で輸出されていた屑繭・屑糸を使用し、紡績絹糸を製造した。 明治二十年三越呉服店に払い下げられ、明治三十五年には企業合同により絹糸紡績株式会社新町工場となり、さらに明治四十四年の..

YAMADA

グンマの昔:新町屑糸紡績所

Shinmach21

○新町屑糸紡績所・高崎市新町2330
 明治初期、蚕糸業に関連した官営工場として、富岡製糸場と新町糸屑紡績所があった。  1877年創業、1887年三井家へ払い下げ、現カネボウフーズ新町工場。  屑糸や屑繭を使って絹製品を作ることを目的とした。

Shinmach22


Shinmach_kuzuito

☆新町紡績所
 明治20年5月、農商務省から三越得右衛門に払い下げとなる。 明治35年京都絹糸紡績へ譲渡された。
※明治31年三井工業部廃止により、新町紡績所・前橋紡績所・富岡製糸所などが三井呉服店へ移管された。

Mitsui_tomioka○三..

YAMADA

グンマの昔:観音山

Kannonyama51

○観音山
 観音山丘陵には、金井炭坑・興亜亜炭礦業・乗附礦業所・長坂礦業などの亜炭採掘所があり、鉱内からトロッコで亜炭を運び出していた。 1875年頃に始まった亜炭採掘は、富岡製糸場などの需要で発展し、金井炭坑・興亜亜炭礦業にいたっては1955年頃まで操業していた。

Kannonyama21

○高崎炭田
 明治初期、片岡郡乗附村(現高崎市乗附町)蛇場見の炭田で寺尾村の田嶋元七によって亜炭の採掘が行われたのが最初といわれ、この高崎の亜炭が官営富岡製糸場・新町屑糸紡績所で燃料として用いられた。
 1952年頃..

YAMADA

群馬での暮らし:新町駅

Shinmach1

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:鉄道群馬》

 「新町駅」は群馬県内最古の駅(1883年12月27日)、高崎駅(1884年5月1日)より古い。

[電車] 高崎線は上野を起点に、熊谷(1883年7月28日)・本庄(1883年10月21日)・新町(1883年12月27日)・高崎(1884年5月1日)、と順次開通した。

 

Gunma_shinmachi1

 当時の新町には、官営の新町屑糸紡績所があったそうだ

YAMADA