So-net無料ブログ作成
検索選択

旧新井製糸所メモ

Nogi_arai31

☆旧新井製糸所煉瓦蔵
明治
煉瓦造2階建、瓦葺、建築面積69㎡
 漆喰蔵の南に東面して建つ。南北棟の切妻造桟瓦葺、桁行15m梁間4.7m。イギリス積で、中間に水切りを付け、鉢巻は3段の蛇腹とするなど、土蔵造風のデザインもみられる。下野煉化製造会社製の煉瓦で造られ、地域の近代化を物語る。

Nogi_arai32

☆旧新井製糸所漆喰蔵
明治
煉瓦造及び土蔵造2階建、瓦葺、建築面積42㎡
 事務室の西に隣接し、東面して建つ。南北棟の切妻造桟瓦葺で、東面に下屋をかける。桁行7.3m梁間4.6m。1階は下野煉化製..

YAMADA

旧新井製糸所

Nogi_arai00

○旧新井製糸所・荒井家ふるさと記念館
 栃木県下都賀郡野木町野渡328、土日開、0280-55-2107

Nogi_arai01

☆新井製絲所
 明治二年頃新井元之助が製絲所開始、明治十五年中止、明治三十二年機械製糸として再開、その後古河社と大澤製糸会社と共に下總社設立。

※蔵は、下野煉瓦の屑煉瓦を使い・職人の養成を兼ねて築造されたとされる。

製糸 について

Nogi_arai02旧新井製糸所煉瓦蔵(蚕飼場)

Nogi_arai03

Nogi_arai04

Nogi_arai05a

Nogi_arai06

Nogi_arai07旧新井製糸所漆喰蔵

Nogi_arai08旧新井製糸所事務室

Nogi_arai09


Nogi_arai21

Nogi_arai22

Nogi_arai23

Nogi_arai25

..

YAMADA

石川組製糸西洋館本館

Ishikawa06

旧石川組製糸西洋館
 未公開・入間市河原町13-13

旧石川組製糸西洋館本館
 1921年、木造2階建、瓦葺一部銅板葺、建築面積301㎡

旧石川組製糸西洋館別館
 1921年頃、木造平屋建、瓦葺、建築面積149㎡

入間市 について

Ishikawa01

Ishikawa02

Ishikawa03

Ishikawa04

Ishikawa05

Ishikawa07

Ishikawa08

Ishikawa09


Saitama_ishikawa1

○石川家住宅・入間市
 大正十年、生糸業を営む石川幾太郎が接待用に建てたといわれる。

Saitama_ishikawa3☆石川製絲場第三工場

YAMADA

グンマの20世紀:産業問題

Ashio_66

足尾銅山
 1550年足尾銅山発見(古川鉱業会社発表)・1610年足尾銅山発見(地元発表)、1627年日光東照宮支配下となる、1648年公儀御用山となる、1844年休山状態となる、1868年明治政府が没収、1878年古河直営となる(民営化)、1891年馬車鉄道、1896年大通洞(運搬坑道)完成・渡瀬川大洪水で鉱毒問題、1897年鉱毒予防工事命令、1905年日光精錬所稼働、1907年足尾暴動、1912年足尾鉄道開通、1918年古河鉱業株式会社設立、1973年閉山、1989年精..

YAMADA

グンマの20世紀:事件

Takasakigun

事件一覧
 上州に強窃盗多発・女強盗も(1910)、 前橋でサリチル酸入り酒(1912)、 風紀が乱れるので多野盆踊り禁止(1914.7)、 前橋でピストル強盗(1915.12.8)、 藤岡事件(1923.9)、 世良田事件(1925.1.18)、 保険金詐欺放火10件以上(1931)、 桐生行幸鹵簿誤導(1934.11.16)、 組合製糸群馬社社長自殺(1934.10.22)、 暴力団検挙300名以上市議も(1935.5)、 コーヒー事件(1948)、 倉賀野人身売買(1..

YAMADA

グンマの20世紀:火災

Takasaki_mini

○群馬県、2015年出火率全国7位。


○火災一覧
 両毛線汽車沿線火災多数(1906)、 高崎大火2000戸焼失(1906.3.23)、 安中町大火84戸焼失(1907.12.25)、 草津大火37戸焼失(1908.5.13)、 町井田大火35戸焼失(1908.3.21)、 高崎大火碓氷社分工場等24棟焼失(1909.12.7)、 神川村万場町大火(1912.1.22)、 高崎大火32戸焼失(1913.3.2)、 鬼石町全焼大火177戸(1916.2.20)、 下仁田町大..

YAMADA

高崎伝説(2/3)

Takasakishi

○1793年、岩鼻陣屋創設、現日本化薬地。

○1616年、下小鳥にて高崎藩検見あるもその厳しさに村人が役人を殺害。 藩主松平丹波守が激怒・出兵し、部落皆殺しにしたのが「首塚」。

○高崎はたばこの産地、「館たばこ」で有名だった。

○田嶋元七が蛇場見の谷川で水に石油気が含まれているのを見て、乗附山に石炭があるのを確信した。(1874年) 後にこの亜炭がも富岡製糸場・新町紡績所でも使われた。

○京ヶ島にある井戸が「七つ井戸」or「いろは井戸」。 弘法大師が掘ったといわれている。 
※実..

YAMADA

碓氷製糸農業協同組合

Usuiseishi22

○碓氷製糸農業協同組合(群馬県安中市松井田町新堀909)
 蚕糸業が衰退するなか、1959年松井田町農協を中心にした「碓氷製糸農業協同組合」が生まれた。  碓氷安中地域の農家が出資して経営している全国で唯一つの製糸工場であり、製糸工場として最大規模の工場。

Ususi36

○旧碓氷社本館・現グンサン株式会社保有

Usui35

○碓氷社高崎分工場
 1902年高崎八島町に建設された。

Usui27

Usuisyam38碓氷社本社事務室・安中市(明治三十八年)

YAMADA

富岡製糸場

Tomioka35

○富岡製糸場
 1872年富岡製糸場、1876年富岡製糸所、1893年三井家に払下げ、1902年原富岡製糸所、1938年株式会社富岡製糸所、1939年片倉富岡製糸所、1946年片倉工業株式会社富岡工場、1987年操業停止。

※富岡製糸場が残っているのは、長野にはじまった「片倉工業」が経営を引き継いだことによる。(はたしてリピーターがいるか?)

○水沼製糸所
 日本で最初の官営機械製糸所は1972年「富岡製糸場」、日本で最初の民営機械製糸所は1974年「水沼製糸所」。   明治七..

YAMADA

新町屑糸紡績所 メモ

Takasaki_sinmachi61

新町屑糸紡績所 メモ
 高崎市新町2330

Takasaki_sinmachi11

☆旧新町紡績所
 明治~昭和

 明治十年群馬県新町に操業開始した我が国最初の絹糸紡績工場。 佐々木長淳のヨーロッパでの紡績業などの視察報告に基づき、内務省が官営工場として設立した。 創業時の動力は、工場付近を流れる温井川を利用した水力と蒸気で、原料はそれまで安価で輸出されていた屑繭・屑糸を使用し、紡績絹糸を製造した。 明治二十年三越呉服店に払い下げられ、明治三十五年には企業合同により絹糸紡績株式会社新町工場となり、さらに明治四十四年の..

YAMADA

グンマの昔:新町屑糸紡績所

Shinmach21

○新町屑糸紡績所・高崎市新町2330
 明治初期、蚕糸業に関連した官営工場として、富岡製糸場と新町糸屑紡績所があった。  1877年創業、1887年三井家へ払い下げ、現カネボウフーズ新町工場。  屑糸や屑繭を使って絹製品を作ることを目的とした。

Shinmach22


Shinmach_kuzuito

☆新町紡績所
 明治20年5月、農商務省から三越得右衛門に払い下げとなる。 明治35年京都絹糸紡績へ譲渡された。
※明治31年三井工業部廃止により、新町紡績所・前橋紡績所・富岡製糸所などが三井呉服店へ移管された。

Mitsui_tomioka○三..

YAMADA

グンマの昔:群馬蚕糸

Gunsan10

○群馬蚕糸原市工場・安中市1958年
 碓氷社本社が淵源、その後日本蚕糸原市工場から群馬蚕糸原市工場(グンマサンシ)、1937年解散。

☆生糸(ヨーロッパ式機械製糸工場)
 生糸の製造は「座操」とよばれる手回の木製機械だったが、明治に入り前橋藩がスイス人シーベルトによりイタリア製水力製糸機械を導入し、技術者ミューラーを雇い入れ細ケ沢町武蔵屋を借りて創業した。

Gunmasanshi11

○群馬蚕糸室田工場(1955年頃)

YAMADA

群馬での暮らし:正田醤油

Shouda11

○正田醤油株式会社(館林市栄町3-1)
 明治6年12月25日正田文右衛門が創業、大正6年12月25日正田醤油株式会社設立。

☆醤油
 上州では、1716年頃初めてに製造されたらしい。 記録では、1764年「山十一醤油(田中藤左衛門)」とされる。

※[上州→嬶天下(嚊天下)→館林→正田醤油→正田美智子妃]、チョット無理はある。


上州のかかあ天下はこうして生まれた。

○男の働きだけでは食っていけなかった
 山地が多く平地が少ないので、米が採れなかった・林業も限られ、さほどの収入..

YAMADA

グンマの昔:観音山

Kannonyama51

○観音山
 観音山丘陵には、金井炭坑・興亜亜炭礦業・乗附礦業所・長坂礦業などの亜炭採掘所があり、鉱内からトロッコで亜炭を運び出していた。 1875年頃に始まった亜炭採掘は、富岡製糸場などの需要で発展し、金井炭坑・興亜亜炭礦業にいたっては1955年頃まで操業していた。

Kannonyama21

○高崎炭田
 明治初期、片岡郡乗附村(現高崎市乗附町)蛇場見の炭田で寺尾村の田嶋元七によって亜炭の採掘が行われたのが最初といわれ、この高崎の亜炭が官営富岡製糸場・新町屑糸紡績所で燃料として用いられた。
 1952年頃..

YAMADA

上毛電気鉄道 メモ

Jyoumou_oogoeki

☆上毛電気鉄道大胡駅駅舎
昭和前/1928
木造平屋建、スレート葺、建築面積53㎡
 市の東部に位置する。桁行12m,梁間4.5m規模で,木造平屋建,切妻造,平入とし,東面と南面に庇を張り出す。外装は下見板張及び漆喰塗とする。前橋市と桐生市を結び,近代群馬の基幹産業である養蚕・製糸業の発展を支えた上毛電気鉄道の施設。

Jyoumou_oogo1

☆上毛電気鉄道大胡駅変電所
昭和前/1928/1943増築
鉄筋コンクリート造平屋建、建築面積166㎡、地下室及び石垣付
 駅舎より約75m南西に位置する。変圧..

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA