So-net無料ブログ作成
検索選択

女郎鰻

Ogawa_unagi1

○女郎うなぎ
 割烹旅館福助、小川町小川97、0493-72-0026

うなぎ について

Ogawa_unagi2

Ogawa_unagi5


☆女郎うなぎ名前の由来
 天保安政年間に当家の先代善兵衛の親友某氏が、宿望の「伊勢神宮」へ行った帰りに後日の思い出にと、江戸は吉原の廊に立ち寄った所、相手の花魁があまりにも気品高く美しいのでたちまち虜となってしまいました。 そこで男は大枚を投じて身受けをして小川の町に連れ帰ったまではよかったのですが、我家には妻がおりますので思うにまかせず、思案に余り当家先代..

YAMADA

武州鉄道 メモ

Bushu_jyuden1

武州鉄道 メモ


○停車場道路工事記念碑(武州野田駅)

停車場 について
軌道 について

Busyutetsudo3

Busyutetsudo2b

Byushu_gyoei

Busyutetsudo1

Busyutetsudo1b

Bushyu_ticket

Bushyu_daimon武州大門駅


○武州鉄道
 明治四十三年中央軽便電気鉄道株式会社設立(川口町~春岡村宮ヶ谷塔、最終的には東京~日光を目指した)、明治四十四年中央鉄道株式会社に社名変更(川口町~岩槻町林道枡形とし、電車をあきらめ汽車とした)、大正八年武州鉄道株式会社に改称。 営業時は、蓮田・馬込・河合・岩槻北口・岩槻本通・岩槻・真福寺・浮谷・笹久保・武州..

YAMADA

旧和田家住宅 (2)

Tokorozawa_wada11

旧和田家住宅・クロスケの家
 所沢市三ケ島3-1169-1、火水土、0429-47-6047

Tokorozawa_wada12

☆旧和田家住宅 製茶工場
明治/1902/1951増築
木造平屋建、鉄板葺、建築面積169㎡
 主屋西隣に東西棟で建ち、木造平屋建、切妻造鋼板葺で、東面と南面を下屋とする。北西寄りの桁行七間梁間三間分が当初の蚕室部で、小屋に二層の簀子床を張る。養蚕用に建てられ、後に製茶工場とするため拡張された経緯をとどめ、生業の変遷過程を示す。

Tokorozawa_wada13

Tokorozawa_wada16

Tokorozawa_wada14

Tokorozawa_wada15

Tokorozawa_wada17

☆旧和田家住宅 土蔵
明治/18..

YAMADA

越生梅林・梅まつり

Ogose60

Ogose61

越生梅林・梅まつり  2月21日~3月22日

越生 について

について

Ogose62

Ogose63

Ogose64

Ogose65

Ogose66

Ogose67

Ogose68

Ogose69

☆龍穏寺・歌合せ
 江戸から太田道灌が歌の會に来ると、その歌詠の行列が七町も続いたといわれる。

YAMADA

桃マシュマロ

Kurazukuri11

桃マシュマロ(くらづくり本舗@川越市久保町5-3)

マシュマロ について

Kurazukuri12a

あわ大福

★夜中にも粟餅を食う大食漢

について

Kurazukuri12b

Kurazukuri13a

越生の千本梅

について

Kurazukuri13b

YAMADA

笛畝人形記念美術館

Tekiho13

○笛畝人形記念美術館(てきほ)
 入間郡越生町小杉5

☆1986年開館・収蔵約7000点、その後閉館されコレクションの半数がさいたま市の所蔵となった。

Tekiho11

○西澤笛畝と人形コレクション
 明治22年東京浅草で石川家に生まれ、画家を志し荒木寛畝に師事日本画家となる。 浅草銀行経営者西澤仙湖の長女勝子と結婚、西澤家の養子となる。 養父仙湖は美術に造形深く特に若手の人形師の育成に力を入れていた。 この中には近代人形史上欠く事の出来ない久保佐四郎などがいる。 花鳥を得意とした画家であった笛畝..

YAMADA

越生梅林

Ogose0309c

○越生梅林・梅まつり
 2月21日(土)~3月22日(日)

Ogose0309r

Ogose0309d

Ogose0309f

Ogose0309u

Ogose0309w

Ogose0309s

Ogose0309g

YAMADA

越生梅林

Ogose0209c

越生梅林・梅まつり
 2月21日(土)~3月22日(日)

※梅、いまだ早し

Ogose0221

YAMADA

ゆず寒天

Dagashi2351a

ゆず寒天
 (株式会社越生特産物加工研究所@越生町大字大満662-1)

YAMADA

ゆず飴

Dagashi2350a

ゆず飴
 (株式会社越生特産物加工研究所@越生町大字大満662-1)

YAMADA

梅乃粕漬

Dagashi2352a

梅の粕漬・越生中㐂屋
 (有限会社中喜屋@越生町大字津久根136)

Umekasuzuke

「カリカリ青梅の粕漬け」という感じだ。

粕が付いたままお湯をかけて粕汁風にしてもおいしい。(カリカリ感は無くなる)

Umekasuzuke2

右は甘露梅

YAMADA

酒まんじゅう

Ogose_sakeman

酒まんじゅう
 (住吉屋製菓@越生町字越生699)

YAMADA

越生・ようかん

Ogose_youkan

梅ようかん・柚子ようかん(羊羹)
 (株式会社越生特産物加工研究所@越生町大字大満662-1)

○梅羊かん・ゆず羊かん(48g)

YAMADA

一里飴

Ogose_ichiriame1

一里飴
 (住吉屋製菓@越生町字越生699)

 1464年に生誕した医学者の田代三喜が作ったのが始まりとされ、当時は越生梅林で採れた梅の蜜を原料とした医薬飴であった。現在の一里飴は蜂蜜味の大粒の飴である。 一里飴の名称は、日本橋から品川宿までの約一里の距離を歩く間、溶け切らずに味わい続けられると言われたことに由来している。

Ogose_ichiriame2

○医聖田代三喜伝
 寛正六年四月八日武州越生の里田代に三喜生る。 二十二才単身明国に渡り医術の奥義を究め三十四才足利住し関東管領足利利成氏(古河公方)の主治医と..

YAMADA

越生

Ogose1031a

越生、30年ぶりだ!

Tobu_ogose


Oyahana_memo1☆親鼻駅・1984年

YAMADA