So-net無料ブログ作成
検索選択

足尾銅山

YAMADA

グンマの昔:根利事業所

Neri99

○足尾鉱山・根利事業所
 1898年、皇海山西麓の根利山(練山)・赤城村砥沢に根利林業所開設、銅山事業・銅精錬には多大な木材(木炭)を必要とし、足尾付近の山林を伐採しつくして、細尾・沢入・座間・発光路を無立木地とし、隣接する根利山地へ及んだ。 根利林業所からの伐採材は、索道で小滝・銀山平製材所へ運ばれた。 根利林業所最盛期には従業員1500人以上・家族を含めると2000人以上が、砥沢と平滝に暮らしていた。 1938年根利山での伐採が終わり、40年の歴史は終わった。

※砥沢集落(1..

YAMADA

グンマの昔:足尾温泉

Ashioonsen

○足尾温泉
 坑内から湧出した温泉を小滝抗へ経由で「かじか荘」と「かめむら別館」に引湯した。(1977年7月)

足尾町 について

Ashio_ningen

1962年、足尾町遠下地区で「人間の条件」のロケが行われた。


Ashio_kotaki

○足尾銅山・小滝抗

Ashio1920足尾銅山・1920年頃

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山

Ashio98

Ashio99

通洞

Ashio97

Ashio96

Ashio_meiji1

Ashio_meiji2

Ashio81

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山山中銅穴

Ashio_yamanaka

足尾銅山山中銅穴の図

YAMADA

グンマ幻の鉄道計画

Usuitetsudou11

○碓氷鉄道
 アプト式官線では輸送量に限界があるので、トンネルを設けた南回りルートを敷設する「碓氷鉄道株式会社」を計画したが没となった。

Kiyuutesutou11

○桐生鉄道
 大間々を起点に、桐生で両毛鉄道連絡・太田で毛武鉄道接続・さらには東武鉄道に接続する「桐生鉄道株式会社」を計画するも没となった。

Kantoutetsudou11

○関東鉄道
 両毛鉄道前橋停車場を起点に、玉村・新町・藤岡・鬼石・秩父大宮への本線と、藤岡で別れて吉井への支線を結ぶ「関東鉄道株式会社」を計画するも没となった。 
※南側の人々が相手にしなかったらしい。..

YAMADA

古河掛水倶楽部

Kakemizu51

古河掛水倶楽部(足尾駅そば)

Kakemizu52

Kakemizu53

YAMADA

わたらせ渓谷鐵道 メモ

Watarase_souri1

Watarase_souri2

☆わたらせ渓谷鐵道沢入駅上り線プラットホーム及び待合所
大正/1912
プラットホーム 石造、延長79m 待合所 木造平屋建、瓦葺、建築面積9.9㎡
 名越トンネルより約1050m西南に位置する。両端を斜路状に築いた延長79mの石造構造物。線路側の擁壁は練積、軌道敷から高さ69㎝で、当初の姿を残す。中央に桁行5.5m梁間1.8m、木造平屋建、切妻造セメント瓦葺の待合所を設ける。

Watarase_souri3

Watarase_kamikanbai1

☆わたらせ渓谷鐵道上神梅駅本屋及びプラットホーム
大正/1912/1926-1988増築
本..

YAMADA

田中正造・ゆかりの地

Tanaka11

○田中正造
 明治23年第1回総選挙で衆議院議員に当選、農作物や魚に大きな被害を与えていた足尾銅山鉱毒問題を繰り返し国会でとりあげ、渡良瀬川沿いの人々を救うため努力した。  しかし国の政策に改善が見られず、ついに明治34年12月10日天皇に直訴した。

田中正造 について

Tanaka12

○佐野市郷土博物館(栃木県佐野市大橋町2047、0283-22-5111)

Tanaka13

○田中正造生家(栃木県佐野市小中町975、「田中正造旧宅」事務所、0283-24-5130)

Tanaka14

○浄蓮寺(栃木県佐..

YAMADA

黒保根のことば

Kurohone21

○黒保根村
 黒保根地区は、足尾銅山開鉱まで人物交流無き地であったため、独特の方言が残った。

 あかっこ→赤ちやん、 あったらこと→惜しいこと、 あてずっぽう→あてにならないこと、 あばよ→さようなら、 あらっぱ→乱暴者、 あれちんべー→あんな少ない、 あんけらこんけら→ぽかんとしている様子、 あんぴん→大福餅、 いいとこまわり→よい子になろうとする人、 うぬら→汝等、 えんつーじ→交通の便の悪い所、 えんつる→親類、 おこんじょ→根性のまがった人、 おこんま→味噌、醤油、漬..

YAMADA

グンマの20世紀:産業問題

Ashio_66

足尾銅山
 1550年足尾銅山発見(古川鉱業会社発表)・1610年足尾銅山発見(地元発表)、1627年日光東照宮支配下となる、1648年公儀御用山となる、1844年休山状態となる、1868年明治政府が没収、1878年古河直営となる(民営化)、1891年馬車鉄道、1896年大通洞(運搬坑道)完成・渡瀬川大洪水で鉱毒問題、1897年鉱毒予防工事命令、1905年日光精錬所稼働、1907年足尾暴動、1912年足尾鉄道開通、1918年古河鉱業株式会社設立、1973年閉山、1989年精..

YAMADA

グンマの20世紀:事故

Kayakubako11

○火薬運搬箱・火薬箱
 岩鼻火薬製造所(1880年~1945年) 


事故一覧
 岩鼻火薬製造所爆発死者5名(1905.5.7)、 高崎線機関車正面衝突(1908.2.25)、  岩鼻火薬製造所爆発(1908.1.11/1.21)、 岩鼻火薬製造所爆発3名死傷(1909.2.1)、 岩鼻火薬製造所爆発死者6名(1912.1.24)、 高崎導火線製造工場爆発死者10名(1912.3.22)、 緑野馬車鉄道転覆(1916.8.24)、 岩鼻火薬製造所爆発(1917.6.27)、 ..

YAMADA

グンマの20世紀:自然災害

000266019

○グンマで怖いもの、それは「火山・雷・火事・空っ風」。


○自然災害一覧
 台風により渡良瀬川決壊(1904.7.14)、 大凶作(1905)、 前橋大雪31.4cm(1908.4.9)、 浅間山噴火すそ野延焼(1909.12.7/5.31)、 豪雨死者行方不明306名以上(1910,8.12)、 浅間山大爆発(1910.12.25)、 豪雨20名死傷(1911.8.4)、 浅間山大噴火(1911.1.18/5.8/12.3)、 大干魃・水不足(1914)、 大地震震源地..

YAMADA

グンマを話そう:足尾

Gunma_watarase5

○足尾・渡良瀬川
 ある時、日光の山深い里で勝道上人が修行中、白ネズミが粟の穂をくわえているのを見つけた。 「こんな山奥に粟はない」とネズミの足に糸をつけその後を追った。 たどり着いたのは、山あいの村里・小さいながらも粟稗稔る豊かな村だった。 ネズミの足に糸(緒)をつけたので、その地が「足尾」。
 足尾の村中で川を渡ろうとしたが、橋もなく対岸へ行かれなかった。 そこで、弟子たちが渡れそうな場所・浅瀬を探し回った。 そしては、勝道上人が渡った浅瀬のある川「渡良瀬川」とよばれるよ..

YAMADA

グンマを創る

Gunm_yama10

○グンマの地形
 関東山地(上野村・藤岡方面)と足尾山地は、古生代~中生代に海に堆積した地層により形づくられた。
 三国山脈は、新第三紀に深い海底で堆積した地層やその後の火山活動で噴出した溶岩や火山灰が、地下のマグマから上ってきた熱水により変質したグリーンタフ(緑色の岩石)などからつくられた。
 このため、平野部では海生物の化石が・山地部では恐竜や像の化石が見られる。

Gunm_yama11

 中之条盆地は、五十万年程前、榛名山の噴火で吾妻川がせき止められて形成された「古中之条湖」に地層が堆積してでき..

YAMADA

トモエ電機工業

Tomoe5

○トモエ電機工業(現新トモエ電機工業)
 1957年創立、電気関連車両の販売・修理に始まり、機関車製造に至った。 足尾銅山観光の蓄電池式機関車もトモエ電機製。

Tomoe1

Tomoe2

Tomoe3

YAMADA

グンマの昔:根利林業所

Neri22

○根利林業所
 伐採した用材を銀山平製材所(足尾銅山小滝坑)へ運ぶため、1898年赤城村砥沢に根利林業所(古河)が開設された。 当時、皇海山西麓一帯は根利山(練山)とよばれていた。

Neri21

 銅精錬に石炭が使われる以前は木炭が使われ、足尾近辺の山林を伐採しつくしたため、周辺の国有山林の払い下げを要求し、1882年頃には根利村へ達した。
 根利林業所は1910年頃の最盛期には1500人を超える従業員がいたといわれる。(砥沢集落・平滝集落)  根利地区から銀山平製材所までは、架空線(砥沢線..

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山(2)

Ashio52

 1877年、古河市兵衛が買い取り、最先端技術を導入し機械化され、産銅量は安定した。 足尾銅山の四大工事(古河橋架設・鉄架空索道・間藤水力発電所・水套式溶解炉)とよばれる。
 1880年頃の生産量激増が、渡良瀬川沿岸への鉱毒・煙害・伐採・洪水・有毒廃棄物・河川汚染となり、1896年の洪水で反対運動がピークとなり翌年操業停止命令となった。(松本村と谷中村が滅亡した)
 その後、鉱毒予防工事が行われたが、最終工事が終わったのは60年を経た1956年であった。

※備前楯山

Ashio51

 江戸時代「足..

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山(1)

Ashio61

○足尾銅山
 1550年足尾銅山発見(古川鉱業会社発表)・1610年足尾銅山発見(地元発表)、1627年日光東照宮支配下となる、1648年公儀御用山となる、1844年休山状態となる、1868年明治政府が没収、1878年古河直営となる(民営化)、1891年馬車鉄道、1896年大通洞(運搬坑道)完成・渡瀬川大洪水で鉱毒問題、1897年鉱毒予防工事命令、1905年日光精錬所稼働、1907年足尾暴動、1912年足尾鉄道開通、1918年古河鉱業株式会社設立、1973年閉山、1989年精..

YAMADA

水沼駅温泉センター

Mizunuma21

水沼駅温泉センター
 (わたらせ渓谷鐵道 水沼駅)

○水沼湖
 二十数万年前、2500mほどの円錐形の赤城山が水蒸気爆発を起こし山体が崩壊し岩屑なだれとなり渡良瀬川をせき止め小さな湖「水沼湖」をつくった。(現水沼駅付近)
 八千七百万年前・白亜期後期、地下深部のマグマ溜まりがゆっくり冷えて固まり・その後の風化浸食で花崗岩が地表に露出するまでになったのが「沢入みかげ(沢入花崗岩)」。 硬くて色あせないとの定評があり、足尾線敷設の石工を使い都電敷石などに切り出した。
※百年近く続いた..

YAMADA

金精峠

Konsei21

○金精峠
 日光~湯本~金精峠~丸沼~白根温泉~沼田は、明治時代の外国人観光客向けモデルコースであった。

Konsei22

金精トンネル

Nikko21

中禅寺湖

Ashio22

日足トンネル

Ashio23

足尾

YAMADA

グンマの昔:根利林業所

Tone_torokko

○根利林業所
 伐採した用材を銀山平製材所(足尾・小滝) へ運ぶためにつくられた。 架空線(砥沢線・ 平河線・円覚線・不動沢線・広河原線)を設け 、根利地区国有林材の払い下げを受け、1901年 伐採を始め、やがては皇海山裾まで及んだ。

※南郷から根利へのトロッコ軌道(欅沢作業所のインクライン・土橇巻き上げ装置)

YAMADA

グンマの昔:足尾鉱山

Ashio27

○足尾鉄道
 1888年足尾銅山主古河市兵衛が足尾~大間々に電気鉄道を計画するも実現世ず、1890年細尾峠に鉄索運搬稼動、1889年に日本鉄道日光開通したため細尾~日光に軽便馬車鉄道敷設、1914年足尾線全線開通。
 足尾鉱山経営の馬車鉄道としては、地蔵坂~掛水・掛水~本山・掛水~切幹~小滝・切幹~沢入があった。

Gunma_ashio56

 1896年両野鉄道計画でるも足尾以北の敷設計画が膨大すぎて不認可となる。 その後も大間々~足尾などいくつか計画があったが実現しなかった。
 1902年足尾鉱業鉄道株..

YAMADA

グンマの昔:藪塚石材軌道

Yabuzuka51

○藪塚石材軌道
 1909年藪塚石材鉄道設立(東武鉄道太田停車場~両毛線大間々停車場を藪塚石運送計画)、1911年太田~藪塚工事開始、当初は馬車鉄道を計画したが「軽便鉄道法」による敷設に変更し人車鉄道で旅客も運んだ。 同年、太田軽便鉄道に改称、設立当初から東武鉄道資本であったため1912年東武鉄道に線路敷設権を譲渡し太田~藪塚本町で蒸気化・軌間変更、1913年東武鉄道として蒸気鉄道線(太田~相老)となった。

Yabuzuka11○藪塚石材鉄道
 1903年藪塚石材株式会社設立、1908年藪塚石材軌道..

YAMADA

百足鳥居

Gunma_mukade

○赤城の百足鳥居@桐生市新里町板橋
 この鳥居は、赤城山へ登る東南麓の参道として1782年に建てられた。 鳥居の島木(しまぎ)には、1.3mの百足が陽刻されており、この周辺の人々はムカデを見ると殺すことなく「ムカデ ムカデ 赤城へいけ」と唱えて逃がしたそうだ。

※老神温泉では「赤城の神が大蛇」であるのに対して、桐生では「赤城の神は百足」とされる。 ただし、二荒山神社には大蛇が祭られてるのに対し、老神温泉には大蛇関連の歴史的資料は無い。




《グンマを話そう》
○日光編
 ある昔、赤..



YAMADA

グンマの昔:足尾銅山

Ashio52

○鉱山鉄道(古河鉱業・足尾鉱業所)
 1893年本山~古川橋間に電気鉄道開通、1897年構内用電気機関車(自社製・石川島造船所・ウェスチングハウスなど22両)、1912年桐生~足尾間の足尾鉄道、1926年ガソリンカー登場し町の交通機関となる(1951年廃止)、1973年閉山。

Ashio51

Ashio53

Ashio55

Ashio54

Ashio56

Ashio57

Ashio58

YAMADA

死ぬまでに食べたいグンマの和菓子物

Manjyu50

アイスまんじゅう、赤石最中、甘太郎焼、あんこ玉、糸くるま、碓氷貞光の力もち、おやく、オランダコロッケ、かりんとうまんじゅう、かりんとうまんじゅう、ガンコじいさんの手焼、嘉祥献上最中、絹衣、草餅(あんなし)、栗まんじゅう、栗ようかん、くるみ焼きまんじゅう、黒豆大福、小町まんじゅう、小松屋の花ぱん、コロッケ、酒まんじゅう、酒まんじゅう、塩大福、しょうゆさぶれい、しろつばらくがん、そらまめまんじゅう、たいこ焼き、玉子ぱん、たれだんご、だんべえまんじゅう、チーズどらやき、チーズのみそ..

YAMADA

湖に消えた鐵道:足尾線

Gunma_ashio16

 1976年に完成した草木ダム底に、渡良瀬橋梁を含む足尾線の一部が沈んだ。

Gunma_ashio19

Gunma_ashio3

Gunma_ashio18

Gunma_ashio15

○神戸
 足尾線時代は、兵庫神戸と区別するため「神土」駅だった。 太郎神社の杉の大木が戸のようになり悪い風を入れないので、この地を「神の戸」。

YAMADA

利根軌道

Gunma_tonekidou2_2

○利根軌道

 1911年「利根軌道株式会社」が沼田・渋川間の道路に軌道を施設しその上を馬車が走る「軌道馬車」を開始した。 さらに1918年1月27日、馬車鉄道から電気機関車(足尾鉱山で鉱石運搬用に使われていた中古機関車)に変更された。 これも、フツーに脱線転覆したらしい。

利根軌道 について

 

Gunma_tonekidou1

○利根軌道株式会社
1908年、沼田時間馬車株式会社がテト馬車開始。
1910年9月、利根軌道株式会社設立。
1911年、沼田~渋川間の軌道馬車開始(約3時間)。
1918年、電気..

YAMADA

テト馬車

Ashio_basya1s

○テト馬車(馬車鉄道)
 1908年「沼田時間馬車株式会社」が設立され、沼田を起点に奥利根各地へ走り、ラッパの音が「テトテト」と聞こえたのでテト馬車と呼ばれた。 これは一般峠道を走るので[揺れる・すし詰め・寒い・横転]等危険なものだったらしい。

※写真は足尾銅山より転載

Gunma_nakanojyo2

中之条

Gunma_teto2

Asio_basya51

足尾馬車鉄道

YAMADA

群馬での暮らし:グンマネパール

Sawairi_st

《グンマを話そう》
 勢多郡東村(現みどり市)は、山々に囲まれた中を渡良瀬川が流れて、グンマ最東端に位置している。(東へ山を越えても・北へ行ってもそこは敵国トチギである)  足尾銅山の銅を運ぶ「銅山街道」として栄える前は、炭焼きと山地農業だけの僻村であり、「グンマネパール」とも言うべき秘境であった。 今でも、東村・黒保根村を「山中」・「花輪山中」とさえ言われている。(厳しい地形の万場町・中里村・上野村なども山中・山中領と呼ばれた)  また、沢のつく地名も多く「沢入」もその一つで..

YAMADA

草だんご

Yasuzuka_dango

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:隣の群馬》

草だんご
 (安塚菓子店@日光市足尾町松原3-1、0288-93-2256、 火休 )

あんこが美味しい。

※だんごの語源は、遣唐使が日本に持ち帰った唐菓子のひとつ「団喜(だんき)」に由来し、粉を使うことから「団粉」となり、小さいものであることから「団子」に変化したというのが通説である。

YAMADA

あんこ玉

Yasuzuka_anko5

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:隣の群馬》

あんこ玉
 (安塚菓子店@日光市足尾町松原3-1、0288-93-2256、 火休 )

○あんこ玉・うば玉
 アヤメ科のヒオウギの黒い種(鳥羽玉)が源ともいわれる。
※紅白とする地域もある。

YAMADA

ますやのコロッケ

Matou_korokke

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:隣の群馬》

コロッケ
 (ますや肉店@日光市足尾町松原6-2、0288-93-2308、日休)  

[わーい(嬉しい顔)] モチッとして美味しい。

YAMADA

すあま

Yasuzuka_suama

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:隣の群馬》

すあま
 (安塚菓子店@日光市足尾町松原3-1、0288-93-2256、 火休 )

すあまも美味しい。

○すあま
 卵形の紅白が慶事用「鶴の子餅・鳥の子餅」。 古くは、素甘・寿甘などと書かれた。 「すはま」とは異なる菓子。
※どちらを上にするかは、店により異なる。

YAMADA

細尾峠

Hosoo_web

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:秘境群馬》

Hosoo2013a

足尾側

Hosoo2013b

Hosoo2013c

細尾峠

Hosoo2013d

つづら折れ道

Hosoo2013e

日光側

YAMADA

群馬での暮らし:二荒山vs.赤城

Nikko1102c

《グンマを話そう》

○二荒山vs.赤城:日光編
 ある昔、赤城山の神と二荒山の神との間に、中禅寺湖の水利権を巡り争いが起きました。 ある晩赤城の仁王が水を盗みに行き、二荒山の仁王と水掛戦争となり、飛び散った中禅寺湖の水で大沼と小沼ができました。

 その後も戦いは続き、ついに日光側は「大蛇」に・赤城側は「大百足」に姿を変え大戦争となりました。(今回の話は日光編なので、自国が大蛇となっている)  やがて、足尾が日光軍に・小川(片品)が赤城軍に加わり、戦場ヶ原で戦闘が繰り広げられまし..

YAMADA

細尾峠

山田君の世界

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:秘境群馬》

日光側から細尾峠へ。

Hosoo1212b

 
122号線下を通る。

Hosoo1212c

 
日光側通行止め。

Hosoo1212d

Hosoo1212e

 
足尾側通行止め。

Hosoo_web

  
行かれないので細尾峠の写真を探してみた。 これは… 雪が溶けたら行くしかない…

YAMADA

粕尾峠

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

足尾から、栃木県道15号線(鹿沼足尾線)へ。

Kasuo121125b

 粕尾峠までは、急勾配&つづら折れ道。

Kasuo121125c

 

Kasuo121125d

 カーブに番号が付いており、50程ある。

Kasuo121125e

YAMADA

足字銭最中

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

足字銭最中
 (安塚菓子店@日光市足尾町松原3-1、0288-93-2256、 火休 )

Yasuzuka_monaka2

Yasuzuka_monaka3


 最中の皮はどちらも同じ、餡は店自前と思うが味違い解らず。


☆古印最中
 足利名物、足利学校跡から発見された布目瓦・論語義疏の古印・田崎草雲の落款、を象。

YAMADA

足字銭最中

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

足字銭最中
 (足字銭最中本舗御菓子司青柳@日光市足尾町松原5-6、0288-93-2175、火休)

Aoyagi_mise

YAMADA

舟石林道

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

かじか荘から舟石峠・足尾へ。

Funaishi2

Funaishi3

舟石峠

Funaishi4

YAMADA

通洞駅

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

通洞駅

Tsuudou_st2

Tsuudou_st3

Tsuudou_st4

足尾歴史館への路。

YAMADA

足尾

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

足尾精錬所・古河橋

Ashio6


明治23年にかけられた日本最初の道路鉄橋。

Ashio5


足尾駅

Ashio3

Ashio2

Ashio1


Ashio96

Ashio95

Ashio_kayakuko

☆足尾銅山・火薬庫跡

YAMADA

古河掛水倶楽部Ⅱ

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:おとなり足尾町》

古河掛水倶楽部
 (日光市足尾町掛水2281、288-93-3255、土・日・祝10:00~15:00、冬季休館)

Hayamizu2

Hayamizu3

ビリヤード室・撞球室

Hayamizu4

Hayamizu5

便所

YAMADA

古河掛水倶楽部

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:おとなり足尾町》

古河掛水倶楽部
 (日光市足尾町掛水2281、288-93-3255、土・日・祝10:00~15:00、冬季休館)

日光市 について

Furukawa2

Furukawa3

Furukawa4

Furukawa5

Furukawa6

Furukawa7

Furukawa9

Furukawa0

☆古河掛水倶楽部新館
大正/1912-1925
木造2階一部平屋建、鉄板葺、建築面積476㎡
 渡良瀬川の右岸段丘上に位置し、川に..

YAMADA

あんこ玉

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

あんこ玉
 (安塚菓子店@日光市足尾町松原3-1、0288-93-2256、 火休 )

○黒糖あんこ玉
 バラ売りもしてくれる。

Yasuzuka_anko

Yasuzuka_mise

YAMADA

群馬での暮らし:電話

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:おとなり足尾町》

【日本初の民間電話】

現在は使われていない。(念のため))


※足尾には「星野」性が多いらしい。


Souka26電話機

Souka27

YAMADA

ますやのコロッケ

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

コロッケ
 (ますや肉店@日光市足尾町松原6-2、0288-93-2308、日休)

 大きい・重い・ねっとり。

Masuya_mise
 @通洞駅前商店街

YAMADA

琴平トンネル:足尾鐵道

Ashio_kotohira(WEB 転載)

Ashio_kotohira1s 1912年頃

Ashio_kotohira2s

YAMADA

湖に消えた鐵道

Gunma_watarasw6

足尾鐵道・第一渡良瀬川橋梁(1968年)

Gunma_watarase5

Gunma_ashio7

YAMADA

モウニヤア車

Ashio_denki3s

○モウニヤア車
 沼田・渋川間(約3時間)の電気軌道・電気機関車を見て、若山牧水が「いざり車の如く車体が低く線路を這うよう」なので「モウニヤア車」と呼んだ。

※写真は足尾銅山より転載

※利根軌道株式会社が1918年1月27日、馬車鉄道から電気機関車(足尾鉱山で鉱石運搬用に使われたいた中古機関車)に変更した。

 

Gunma_tonekidou2

○若山牧水:利根の奥へ
 登りと違って下りの電車は賓に心地より走った。霜を帯びた林を畑も野原もみな朝日に滞れ輝き、近く仰ぐ榛名も、遠く見る赤城もひとしくこの爽かな秋晴の光..

YAMADA

小黒川橋梁:足尾鐵道

Ashio_kokuro

(WEB 転載)

Ashio_kokuro1s1912年頃

YAMADA

足尾本山小学校

Gunma_honzansyou2

1970年頃

Ashio_syougaku1s1914年頃

Ashio1914本山停車場

YAMADA

足尾鐵道・水沼駅

Gunma_mizunuma31911年頃

Gunma_mizunuma4

Gunma_mizunuma2

Gunma_konaka小中付近

Gunma_kanbai2神梅付近

YAMADA

馬車鉄道

Ashio_basya1s1900年以前@足尾


○上毛馬車鉄道
 1889年上毛馬車鉄道株式会社設立、1890年岩神細ヶ沢谷~北橘村箱田、1891年渋川新町、1894年前橋停車場、1903年前橋馬車鉄道に改名、1909年電化、1910年前橋電気軌道となる。 その後1927年東武鉄道に買収された。

○群馬鉄道馬車
 1888年高崎~渋川に馬車鉄道の計画あるも碓氷馬車鉄道を優先、1892年馬車鉄道計画が再浮上、1893年碓氷馬車鉄道から受け継ぎ、1896年電化計画するも没、1908年高崎水力発電に合..

YAMADA

足尾本山

Ashio4

○銅山街道
 幕府は御用銅山足尾の御用銅を、「足尾~沢入~花輪~大間々~平塚川岸~船積みで江戸へ」と運搬していた。

※後に「足尾~沢入~花輪~桐原~大原本町~亀岡から前島川岸~船積みで江戸へ」に変更された。

Ashio_denki1s1900年前後

Ashio_honzan2s

Ashio_honzan1s

Gunma_ashio6


Ashio36

Ashio37

YAMADA

トロリーポール式電気機関車:足尾鐵道

Ashio_denki2s

(WEB 転載)

1900年頃

YAMADA

足尾鐵道・足尾駅

Gunma_ashioeki1

1970年以前

Gunma_ashioeki2

YAMADA

わたらせ渓谷鐵道

山田君の世界 《群馬デスティネーションキャンペーン B級版》

間藤駅

Ashio_st

足尾駅

Souri_st

沢入駅

※沢入地区では、「赤城様にのぼった年は日光様に行かない」としう俗信もあった。  

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA