So-net無料ブログ作成
検索選択

太田窪氷川神社

Urawa_daitakubo31

○太田窪氷川神社
 さいたま市南区太田窪2767

※南東に円正寺遺跡(弥生時代住居跡五基)

さいたま市南区 について

Urawa_daitakubo32

☆太田窪氷川神社本殿
 一間社流見世棚造、目板葺、桁行1.520m・梁間1.390m・向拝の出1.240m、特徴的な垂木、覆屋内、江戸時代初期のものと考えられる。

Urawa_daitakubo38

Urawa_daitakubo39

YAMADA

天満宮

Noda_tenjin2

○天満宮
 さいたま市緑区寺山

※西側に覚蓮寺遺跡があった。
※かつてこの地には、覚蓮寺・極楽寺・長命寺があったといわれる。

天満宮 について

Noda_tenjin1

YAMADA

与野伝説

Yono_enjoji1

さいたま市中央区(旧与野市)

○安養山円乗院(円乗院・安養山西念寺)
 さいたま市中央区本町西1-13-10
 古く浦和道場から移転。 賢明法印が中興開山、江戸時代は幕府から寺量十五石の御朱印地をもらっていた。

伝説 について

○円乗院・あみだ様とヘビ
 喉の痛みに悩まされた歴代の住職、ある時夢の中に白衣の老人が現れ・物置の長持を見るように告げた。 物置に放置された長持、その中には阿弥陀様・その首には白蛇が巻きついて死んでいた。 そしては、阿弥陀様を本堂に奉り・白蛇は木箱に納められ..

YAMADA

蓮昌寺

Urawa_motobuto1

○蓮昌寺
 さいたま市浦和区駒場2-3-7

 二階堂資朝夫婦が開基

Urawa_motobuto2

Urawa_motobuto5

※よろい塚(鎧塚)、小田原北条遺臣・二階堂資朝夫婦が法華経千部を埋納(石函)した。

※前耕地遺跡、よろい塚周辺に弥生式住居跡。

YAMADA

氷川女体神社磐船祭祀遺跡

Urawa_mimuro21

○氷川女体神社磐船祭 祭祀遺跡
 さいたま市緑区見沼5381

 近世の祭祀遺跡、見沼御舟祭りは千年以上続けられていたといわれる。

祭祀 について

Urawa_mimuro22

 享保十二年見沼の干拓により、古より行われていた氷川女體神社の御手洗瀬である見沼に神輿を渡御させる「御船祭」の神事は、中止せざるを得なくなりました。 そこで、神事の形態を改め、鳥居下の突端に柄鏡形の土壇を設け・その周囲に池を配し・祭祀の場としました。 享保十四年九月八日、名称を「磐船祭」として復活しましたが、江戸時代の終わりとと..

YAMADA

伊興氷川神社

Adachi_hikawa1

○伊興氷川神社(淵の宮)
 足立区東伊興2-12

 古くこの地は入江に面していた。 周辺は伊興遺跡であり、東隣には金塚古墳があったといわれる。

伊興遺跡 について

Adachi_hikawa2

Adachi_hikawa3

Adachi_hikawa5

Adachi_hikawa9

YAMADA

川口市遺跡 メモ

Kawaguchi_iseki1川口市遺跡 メモ

Kawaguchi_iseki2

Kawaguchi_iseki3

Kawaguchi_iseki4

Kawaguchi_iseki5

Kawaguchi_iseki6

YAMADA

吉峰神社

Kawaguchi_otuka1

○吉峯神社(首無し地蔵・道光塚)
 川口市源左衛門新田122

について

Kawaguchi_kubinashi1

 天正頃、戦いに敗れ落ち延びこの地に住み着いた一軍が、鎧・兜・刀など武具を埋め土を盛って隠し「正一位稲荷大明神」としたのが大塚ともいわれる。 その後木曽呂氷川神社に合社、塚の隣に吉峯神社をつくり地蔵を祀った。 この地蔵には、いつの頃からか首が無く・「首無し地蔵」とよばれ、疣に良く効くといわれた。  五月十五日疫病払い・九月二十九日豊作祝いが祭られた。

Kawaguchi_kubinashi2

Kawaguchi_otuka2

Kawaguchi_otuka3

Kawaguchi_otuka9

○大塚古墳・古峰神社遺跡..

YAMADA

浦和駒場スタジアム

Urawa_komaba1

Urawa_komaba2


○さいたま市駒場スタジアム・駒場運動公園
 さいたま市浦和区駒場2-1-1、048-882-8149

Urawa_komaba3

Urawa_komaba5

Urawa_komaba6

Urawa_komaba7


○蓮昌寺・駒場運動公園隣
 二階堂資朝夫婦が開基。
※よろい塚、小田原北条遺臣・二階堂資朝夫婦が法華経千部を埋納(石函)した。
※前耕地遺跡、よろい塚周辺に弥生式住居跡。

YAMADA

伊興遺跡公園展示館

Adachiku_ikou11

○伊興遺跡公園・伊興遺跡公園展示館
 足立区東伊興4-9-1、年末年始休、03-3898-9111

Adachiku_ikou12

Adachiku_ikou13

Adachiku_ikou21

Adachiku_ikou22

Adachiku_ikou23

Adachiku_ikou24

YAMADA

伊興遺跡公園

Adachiku_ikou15

○伊興遺跡公園
 足立区東伊興4-9-1、03-3898-9111

遺跡 について

Adachiku_ikou01

Adachiku_ikou02

Adachiku_ikou03

Adachiku_ikou04

○竪穴式住居

Adachiku_ikou05

○方形周溝墓

Adachiku_ikou06

Adachiku_ikou09

Ikouiseki78

YAMADA

木曽呂表遺跡

Kawaguchi_kizoro2

○木曽呂表遺跡
 川口市木曽呂

縄文時代

Kawaguchi_kizoro1

Kawaguchi_kizoro3

Kawaguchi_kizoro5

Kawaguchi_kizoro6

Kawaguchi_kizoro88

Kawaguchi_kizoro89

YAMADA

宮合貝塚

Kawaguchi_miyaai1

○宮合貝塚・二宮神社
 川口市西立野字宮合1110

 古くは氷川神社、明治四十年長蔵新田稲荷社を合祀、明治四十二年二宮神社に改称。

Kawaguchi_miyaai2

○宮合貝塚・二宮神社
 川口市西立野字宮合1110
縄文時代

 径150m程の縄文時代後期から晩期中葉にかけての遺跡で、貝塚は遺跡の北よりの台地縁辺部に径25m程のものが存在しています。 今までの調査により、溝や祭祀跡・方形平地式住居などの遺構のほか、石鍬や祭祀用の精製土器が数多く出土しています。 また、遺跡内の二宮神社付近は盛土遺構の可能性があり..

YAMADA

猿貝貝塚

Kawaguchi_sarugai1

○猿貝貝塚・猿貝北遺跡
 川口市安行805他

Kawaguchi_sarugai2

○猿貝貝塚
 川口市安行字宮越990・川口市安行字大元790他

縄文時代
 安行式土器の標識遺跡。 大宮台地鳩ヶ谷支台の東部に位置し、東方から入る谷に面して台地肩部から斜面にかけて形成されています。貝塚は2箇所に認められ、北斜面の貝塚は東西約20m、南北約30m、西斜面の貝塚は東西約50m、南北約40mの範囲に広がっています。 貝類はヤマトシジミ、ハマグリ、カキを主体とする淡鹹貝塚です。

Kawaguchi_sarugai3

Kawaguchi_sarugai4

Kawaguchi_sarugai5

Kawaguchi_sarugai8

○安行氷川神社
 川口..

YAMADA

前野宿貝塚

Kawaguchi_maeno2

○前野宿貝塚・東本郷台公園
 川口市東本郷

貝塚 について

Kawaguchi_maeno1

○前野宿貝塚・東本郷台公園
 川口市東本郷字大塚1586他
縄文時代

 大宮台地鳩ヶ谷支台の最南端に位置し、南から入る谷を望む緩斜面上にあり、径10mの貝塚2箇所からなります。 一部に撹乱が認められるものの、今までの調査から一条のV字型溝が認められています。 また、南に広がる開析谷の周囲には埋没ローム面が発達していることが予想され、台地から連続する低湿地遺跡が広がる可能性があります。

Kawaguchi_maeno3

Kawaguchi_maeno8

YAMADA

江戸袋貝塚

Kawaguchi_edobukuro2

○江戸袋貝塚跡・東光院
 川口市江戸袋1-20-32

Kawaguchi_edobukuro1

○江戸袋貝塚・東光院
 川口市江戸袋一丁目20-32他
縄文時代

 旧入間川により形成された自然堤防上に位置し、沖積地に立地する貝塚として考古学上、地理学上貴重な遺跡です。 昭和30年に実施された発掘調査においては、貝塚及び加曽利B式土器が発見されているものの、遺跡の規模や保存状態は明らかではなく、奥東京湾に面する所謂「ハマ貝塚」と考えられています。

Kawaguchi_edobukuro3

YAMADA

かね山古墳

Urawa_shirakuwa02

○かね山古墳
 桜区大字白鍬


※この辺の古墳は個人所有。

Urawa_shirakuwa01

Urawa_shirakuwa03

Urawa_shirakuwa05

Urawa_shirakuwa09

☆市内西部、鴨川流域に位置する「大久保古墳群」のひとつです。 古墳群の中で墳丘が残っている古墳としては、最も北側に位置し、直径15m・高さ2.5mの円墳です。 1971年に古墳の北側を発掘調査したところ、古墳の周りに掘られた周溝の内側の直径が40mに及ぶことが確認されました。 周溝からは円筒埴輪の破片も出土し、六世紀後半に造られたものと考えられています。


Urawa_shirakuwa11

○権現塚古墳

☆市内西部、鴨川流域に位置する「大..

YAMADA

田端不動坂遺跡

Kitaku_tabata2

○田端不動坂遺跡
 東京都北区田端1

Kitaku_tabata8

○田端不動坂遺跡付近
 東京都北区田端1

Kitaku_tabata9

Kitaku_tabata5


Arakawaku_doukaniseki9

○道灌山遺跡付近
 荒川区西日暮里4-3

YAMADA

道灌山 メモ

Edo_higurashi00

Edo_higurashi01

Edo_higurashi02

Seishin_doukanyama

Meisho_dokanyama1

Meisho_dokanyama2

Doukanyama31

Doukanyama32

Doukanyama33

Doukanyama34

Edo_higurashi09

Edo_higurashi11

Edo_higurashi12


☆道灌船繋松・日暮里惣図・道灌山

※江戸名所図会・道灌船繋松

※東都名所・日暮里、名所江戸百景・日暮里寺院の林泉、名所江戸百景・日暮里諏訪の台、安藤広重

※根岸谷中日暮里豊島辺図

※道灌舟繋松之碑・青雲寺本堂脇に移設(画本物見岡・日暮里青雲寺境内、鳥居清長)


☆道灌山遺跡 
 現開成学園グランド。

☆日暮里道灌山
 谷中長耀山感応寺および根岸善性寺の開基「関小次郎長耀入道道閉」の屋敷があったので、「道閉山..

YAMADA

中の山古墳

Gyoda_nakanoyama21

さきたま古墳公園・埼玉古墳群
 行田市埼玉

○中の山古墳

Gyoda_nakanoyama23

Gyoda_nakanoyama24


☆中の山古墳は、奥の山古墳と並んで埼玉古墳群の南端に位置しています。東側には、壊されてしまいましたが方墳の戸場口山古墳が隣接しており、三つの古墳の真ん中にあたることからその名がつきました。全長は79mです。 墳丘は、前方部の保存状態が良い一方、後円部はかつて畑となっていたため、細長く変形しています。今は完全に埋まっていますが、発掘調査により、周囲は二重の堀で囲まれていることが確認されています。 後円部の頂上に..

YAMADA

戸田市立郷土博物館

Todasho_kyodo1

戸田市立郷土博物館・図書館
 戸田市大字新曽1707、048-443-5600、月休

Todashi_kyodo8

Todashi_iseki6

○鍛冶谷・新田口遺跡

Todashi_nambara1

○南原古墳群

Todashi_nambara2

Todashi_kyodo9

戸田市には、「鍛冶谷・新田口遺跡、上戸田本村遺跡、笹目神社脇遺跡、道満遺跡、南原遺跡、寝木橋遺跡、美女木八幡社脇遺跡、大前遺跡、前谷遺跡、氷川町遺跡、南町遺跡、」などがあったが、今や痕跡は無い。

YAMADA

豊島馬場遺跡

Kitaku_toshima51

○豊島馬場遺跡公園
 東京都北区豊島8-27

Kitaku_toshima52

☆畿内で大きな前方後円墳が作られた古墳時代の始め頃、 北区の隅田川沿いに方形周溝墓郡が作られました。 それが豊島馬場遺跡で、日本フェルトの工場跡地から発見されたものです。
 100基以上もの古墳時代前期の方形周溝墓が確認されています。  おそらく高台全体にある集落の共同墓地のようなものであったと考えられています。  方形周溝墓の数基からは、日本最古のガラス小玉の鋳型が出土しています。

Kitaku_toshima55

○神谷堀公園・神谷堀緑地
 東京都北区王子5-..

YAMADA

御殿前遺跡

Kitaku_nakazato91

○御殿前遺跡・西ヶ原貝塚
 東京都北区西ケ原2

☆豊島郡衙正倉
 律令時代の米を収めた倉を復元しています。 御殿前遺跡(豊島郡衙一帯)と七社神社前遺跡(七社神社南方一帯)の発掘調査の成果を元に、文献や後の時代の倉の構造等から推定したものです。

Kitaku_asuka81

○北区飛鳥山博物館
 東京都北区王子1-1-3、月休、03-3916-1133

Kitaku_43

○赤羽台第3号古墳石室
 現在、都内で見ることのできる唯一の石室。
※もう一箇所大田区にあるが、個人所有なので見学不可。


Kitaku_gotenmae

☆御殿前遺跡は、先土器時代..

YAMADA

中里貝塚

Kitaku_nakazato1

○中里貝塚・中里遺跡
 東京都北区上中里2

 この地は古く海岸線であり、多くの人々が暮らしていたことから遺跡が広がっていると考えられるが、一帯は住宅地となり発掘できるのは空き地のみとなっている。

Kitaku_nakazato81 丸木舟、新幹線車両基地建設中に出土。

中里貝塚 について

Kitaku_nakazato82

☆この丸木舟は落葉高木のニレ科ムクノキの一木を刳りぬいて作られたものです。 全長5.79m・最大幅0.72m・最大内深0.42mの大きさです。 また、厚さは舟べりで2cm・舟底で5cmと薄く、丁寧な作りです。 舟の表面を観察す..

YAMADA

浦寺字町屋第四遺跡

Hatogaya_uradera01

○鳩ヶ谷・浦寺字町屋第四遺跡
 川口市桜町

※現在消滅

Hatogaya_uradera02

Hatogaya_uradera03

Hatogaya_uradera04

Hatogaya_uradera05

Hatogaya_uradera06

Hatogaya_iseki1

Hatogaya_iseki2


Kawaguchi_takainari高稲荷古墳

Kawaguchi_sarugai猿貝北遺跡

YAMADA

土器の館

Ohmiya_doki01

○土器の館
 さいたま市大宮区高鼻町2-305-4、048-644-8131、土日祝休

Ohmiya_doki02

Ohmiya_doki03

Ohmiya_doki06

Ohmiya_doki07

Ohmiya_doki08

Ohmiya_doki09

さいたま市遺跡一覧

☆天神山古墳
 現在の大宮公園内にあった古墳とされ、周囲に十四~十五の古墳が所在したといわれる。

YAMADA

大古里遺跡

Urawa_obusato02

○大古里遺跡(おぶさと)
 さいたま市緑区三室大古里

※現在跡形ありません。

Urawa_obusato01

Urawa_obusato05

Urawa_obusato06


Urawa_obusato10

Urawa_obusato11

Urawa_obusato16

Urawa_obusato17

Urawa_obusato18

Urawa_obusato19

Urawa_ohfurusato87大古里遺跡・住居跡

☆大古里遺跡
 先土器時代~縄文時代前半の遺跡。 撚糸文系土器・沈線文系土器・押型文土器・条痕文系土器、など出土。

YAMADA

北宿遺跡

Urawa_kitajyuku7

○北宿遺跡
 さいたま市緑区三室

Ohmiya_doki05

Urawa_kitajyuku1

☆弥生式土器つぼ1個、器高15.5㎝・口径16.0㎝、北宿遺跡出土。

Urawa_kitajyuku3

Urawa_kitajyuku4


Urawa_kitajyuku8

Urawa_kitajyuku9

Kitajyuku_nishi○北宿西遺跡

YAMADA

朝倉古墳群 メモ

Kokugaku_futago92

前橋市 朝倉古墳群 メモ

Kokugaku_futago91

Maebashi_utsuboi1

☆笂井八日市遺跡
 前橋市


☆天川二子山古墳
 前橋市文京町3-26
 全長104m、前方部(幅76m・高さ9.5m)、後円部(径72m・高11m) 
 6世紀後半
 前橋市街地の南東、文京町から朝倉町にかけて、かつて大小の古墳が集中的に存在していました。 天川二子山古墳は、その古墳群中の代表的なものです。 全長104mの前方後円墳で、横穴式石室と考えられています。 全長にくらべて後円部の径や前方部の幅が比較的大きく、くびれの少ないずんぐり..

YAMADA

大戸貝塚

Urawa_ohto31

○大戸貝塚
 さいたま市大戸1-30

Urawa_ohto39

 縄文時代前期の貝塚です。 貝塚とは、主に食料とした貝の殻などが堆積した遺跡で、大戸貝塚からは、ヤマトシジミを中心に・マガキ・ハマグリ等が確認されています。
 また、現在記念碑の立つ場所は、指定のきっかけとなった昭和32年の発掘調査が行われた場所で、竪穴住居の床面から貝の堆積層と共に土器片・石器・獣の骨等も出土しています。 使われなくなった住居が、廃棄場として使用された一例となっています。


★貝塚
 大規模な貝塚については、食料残滓の..

YAMADA

馬場小室山遺跡

Urawa_omuro1

馬場小室山遺跡
 さいたま市緑区馬場1-41-1

○三室山
 古くは大室山と小室山があり祖霊山とされていた。 その後、大室山を三室山とよび・小室山をそのままの漢字とし「おむろやま」、とした説がある。
※遺跡南側に小室明神社がある

Urawa_omuro2

Urawa_omuro3

Urawa_omuro4

Urawa_omuro5

Urawa_omuro8


Urawa_omuro9a

☆馬場小室山遺跡第51号土壙出土縄文土器
縄文時代晩期
 馬場小室山遺跡は、さいたま市緑区大字三室、馬場1丁目、松木2丁目などの広い範囲に広がる遺跡で、東西約300m、南北約200mに及ぶ。 地形的には見沼の低地から袋状に南..

YAMADA

川越城跡

Kawagoe_nakanohori1

川越城中ノ門堀跡
 川越市郭町1-8-6


☆川越
 古くは、河越・河肥。 入間川を渡った所の意。

Kawagoe_fujimiyagura1○富士見櫓跡
 川越市郭町2-15

Kawagoe_nagashima1○永島家住宅
 川越市三久保町5-3


Kawagoe_yakata1

☆河越館跡
 鎌倉時代の関東武士のなかで、とりわけて重鎮の位置を占めた河越氏の館跡である。 遺跡は、現在の川越市の北西、入間川西岸に接する平坦地にあり、その東南部を占める常楽寺境内をはさんで、東西約150メートル、南北約200メートルの方形の区画を思わせる高さ1~3メートルの土塁及びその外側の堀が一..

YAMADA

中里貝塚

Kitaku_nakazato1

○中里貝塚・中里遺跡(上中里二丁目広場)
 東京都北区上中里2-8-12

Kitaku_nakazato2

Kitaku_nakazato3

Kitaku_nakazato4

Kitaku_nakazato6

Kitaku_nakazato8

Kitaku_nakazato9


Nishigahara_kofun

YAMADA

小谷場貝塚

Kawaguchi_koyaba3

○小谷場貝塚
 川口市小谷場1002

縄文時代
 大宮台地の最南端に位置し、海進が最も進んだ縄文時代前期の代表的な貝塚遺跡です。 台地から斜面にわたって三つの貝塚からなっています。昭和3年・30年・31年に発掘調査が行われ、黒浜式・諸磯a式土器を中心に、石器などの遺物やハマグリ、ハイガイなどを主体とする貝塚が発見されました。

Kawaguchi_koyaba02

かつての小谷場貝塚

Kawaguchi_koyaba1

Kawaguchi_koyaba2

YAMADA

焼米坂

Urawa_yakikome6

焼米坂・浦和坂
 さいたま市南区白幡

 古くは、旅人に焼き米を売っていたといわれる。

Urawa_yakikome1(ここより浦和町となったので浦和坂)

Urawa_yakikome2

Urawa_yakikome5

Urawa_yakikome7

Urawa_yakikome8武蔵野線トンネル

○根岸遺跡
 焼米坂東側・武蔵野線下。
※大谷場貝塚は南浦和駅南側、その西側に一ツ木遺跡。 大谷場氷川神社に貝塚の名残。
※約六千年前、浦和市域の2/3は海面下だった。


Urawa_yakigomet焼米坂(大正時代)

YAMADA

はた神さま

Warabi_hatajinjya1

○はた神さま・機神社・高橋新五郎遺跡
 堀越神社@蕨市塚越3-2-19

 元禄元年塚越村に住み始めた高橋新五郎、五代目新五郎がこの地に機業をおこし、稲荷神社(塚越神社)境内に祠を建て「関東宮」として祀った。

Warabi_hatajinjya2

☆塚越稲荷社境内に鎮座する末社。 「機神様」は、蕨地方を一大織物の町とした功労者、「二代目高橋新五郎・いせ夫妻」と新五郎が信仰していた「関東宮」(住吉神社とも徳川家康とする考えもある)を合示巳したものです 。

機織 について

Warabi_hatajinjya7

Warabi_hatajinjya8

Warabi_hatajinjya9


Warabi_tsukagoshi11○稲荷社
 明応..

YAMADA

旧下野煉化製造会社煉瓦窯メモ (1)

Nogi_kama21

☆旧下野煉化製造会社煉瓦窯
明治/1889頃
煉瓦及び木造、建築面積840.0m2、十六角造、鉄板葺、中央煙突付、階段二箇所附属
 明治初年から我国でも造られ始めたドイツのホフマン式輪窯という煉瓦焼成用の大規模な窯である。煉瓦造で平面十六角形(差し渡し三二・六m)の中央に煙突(高さ三四・三m)を立て、木造の上屋を架ける。窯は環状トンネル型で、隔壁はないが、十六区画に分かれ、順次循環・移動しながら煉瓦を焼く。 煉瓦造の建造物として優れており、また、建築材料である煉瓦を製造した産業..

YAMADA

新田荘メモ

Ohta_nitta31

☆新田荘遺跡メモ
 太田市別所町・世良田町・安養寺町・新田市野井町・新田反町町・新田上江田町・新田大根町

Ohta_nitta32

Ohta_nitta33

Ohta_nitta34

Ohta_nitta35

Ohta_nitta36

Ohta_nitta37

Ohta_nitta38

Ohta_nitta39

Ohta_nitta21

☆上野国新田郡庁跡
史跡 / 飛鳥 奈良 平安
 上野国新田郡庁跡は、群馬県東南端に位置した古代上野国新田郡の郡衙(郡家)の中枢施設である。 この施設は以前から礎石建物跡や炭化米の出土が知られていた天良七堂遺跡内に所在する。 上野国内の郡衙の具体的な施設を記した『上野国交替実録帳』によれば、新田郡庁は東西南北に「長屋」を配置する..

YAMADA

高麗村石器時代住居跡

Koma_kofun0

高麗村石器時代住居跡
 日高市・高麗駅北

高麗 について

Koma_kofun1

高麗村石器時代住居跡
史跡名勝天然記念物

住居跡 について

Koma_kofun2

Koma_kofun4

Koma_kofun5


Data_hidaka7

☆高麗村石器時代住居跡
 字台とせられる緩傾斜の台地に存する。この地一帶には表面に縄文土器・石鏃・石斧等が散布して石器時代の遺跡であることを示しているが、多数の住居跡も検出されている。これ等はほぼ円形の竪穴式を示し中央に炉跡をそなえているが、中にも第一号住居跡はそれぞれ中央に炉をもつ二箇の竪穴の複合よりなるも..

YAMADA

水子貝塚公園

Fujimi00

水子貝塚公園・展示館・資料館
 (月休)・富士見市大字水子2003-1・049-251-9686

Fujimi01

Fujimi02

Fujimi03

Fujimi04

Fujimi05

Fujimi06

Fujimi07

Fujimi08

Fujimi09


Data_fujumi1

○水子貝塚
 荒川低地南辺の台地上にある繩文時代前期の貝塚で、約50の小貝塚が約160メートル径の環状にならんでいる。各小貝塚は主として淡水産の貝塚等で構成されているが、発掘調査された小貝塚の貝層下からは、いずれも竪穴住居跡が発見されていることから、廃棄された竪穴住居の跡地に形成された貝塚とみられる。つまり、小貝塚の分布から貝..

YAMADA

騎西城

Kisai00

郷土史料展示室・騎西城
 月休・加須市根古屋633-2

Kisai01

Kisai02

Kisai03

Kisai04

Kisai05

Kisai06

Kisai07

Kisai08

Kisai09

Kisai_map

Shiro_kisai1○武州騎西城


Hanasaki_iseki花崎遺跡


☆加須市騎西
 古くは后(きさき)に由来、后の所有地「私部」で開かれた市が「私市(きさいち)」。 騎西城は、私市城ともよばれたらしい。

YAMADA

柊塚古墳

Asaka15

柊塚古墳歴史広場(朝霞市岡3-26)
 壺形土器・家形埴輪が発掘されたのみで埋め戻されたため、未発掘な物が今でも埋まっているらしい。

 向山遺跡(岡3)・新屋敷遺跡(根岸台5)、これらの遺跡については現在その名残は見られない。

遺跡 について

Asaka17

Asaka18

Asaka19


Asaka_hiiragi93

☆柊塚古墳は約1500年前。

☆柊塚古墳(天神塚)
 根岸古墳群の一つ。 他に、一夜塚古墳・狐塚古墳・男塚古墳・女塚古墳・午房地山横穴墓群、などがあった。

Asaka_hiiragi95

YAMADA

松皮餅

Matsukawamochi2

 アカマツの樹皮の内側を練り込んだ餅。 江戸時代、飢饉の際に松の皮を食べたのが始まりとも、兵糧攻めに備えて発明されたとも言われる。

※城に松を植えたのは、非常時の食料ともいわれる。

Matsukawamochi


☆松皮煎餅
 下妻名物、親鸞上人草庵遺跡にちなんで創作された。

YAMADA

新郷貝塚

Shingou01

新郷貝塚
 (川口市東貝塚47:新郷若宮公園)

Shingou02

○新郷貝塚
 川口市大字東貝塚25他
縄文時代
 本県を代表する縄文時代後・晩期の貝塚遺跡です。 貝塚は概ね馬蹄形を呈し・南北150m・東西120mを測ります。 我国近代考古学の揺籃期である明治26年に東京帝国大学人類学研究室の鳥居龍蔵博士が最初の発掘調査を実施しました。 実測した遺跡は、現在は新郷若宮公園となっています。

Shingou03

Shingou05


Saitama_shingou

Kawaguchi_inari

☆高稲荷古墳(川口市)
 全長75mの前方後円墳・四世紀甲板の築造といわれたが、消滅。..

YAMADA

白幡沼

Shirahata5

さいたま市南区白幡1丁目

Shirahata2

☆白幡
 天慶年間藤原秀郷が八幡神社を勧請し白幡(旗)を立てて勝利を祈願した説、新羅の秦氏かこの地を整備した説、がある。

Shirahata3

Shirahata4

Shirahata7

Shirahata6

Shirahata9

醫王寺(いおうじ)

Shirahata9b

真福寺の大イチョウ(高さ18.5m・幹まわり5.85m

○別所遺跡・別所小学校
 真福寺の大いちょう、寺西側に別所真福寺貝塚。


Urawa_shirahata95

☆白幡古墳群
 白幡沼(拳ヶ池)上台地に六基の古墳を確認。

☆本宿遺跡(白幡・浦和商業~白幡中学付近)
 先土器時代~縄文時代~古墳時代~中世、の遺..

YAMADA

歴史と民俗の博物館

Ohmiya_rekishi1

埼玉県立歴史と民俗の博物館
 (さいたま市大宮区高鼻町4-219)

Ohmiya_rekishi2

☆埼玉県立歴史と民俗の博物館  1971年開館。

Ohmiya_rekishi3

○大宮公園内遺跡
 1955年に行われた発掘調査で、弥生時代後期の竪穴住居跡一軒と弥生時代後期から古墳時代初頭と見られる方形周溝墓一基が確認されています。


☆埼玉県選定重要遺跡
大久保古墳群(さいたま市桜区)、側ヶ谷戸貝塚(さいたま市大宮区)、側ヶ谷戸古墳群(さいたま市大宮区)、五味貝戸貝塚(さいたま市西区)、大和田陣屋跡(さいたま市見沼区)、永田陣..

YAMADA

赤堀茶臼山古墳

Akabori32

○赤堀茶臼山古墳・伊勢崎市赤堀今井町2丁目甲995-1

高床倉庫

伊勢崎 について

Akabori31

平屋倉庫


○金井製鉄遺跡(渋川市金井前原1343)
 9世紀初頭の遺跡、製鉄炉・木炭窯などが発見された。  九世紀後半、たたら・砂鉄・炭ガマなど発掘され、製鉄職業集団があったとされる。

YAMADA

中溝・深町遺跡

Nakamizo

○中溝・深町遺跡
 古墳時代後期(四世紀末~五世紀初め)の遺跡。

太田史新田小金井町320-3

遺跡 について

Nakamizo11b

YAMADA

矢瀬遺跡

Yaseiseki

○矢瀬遺跡
 縄文時代後期(2300年~3500年前)の集落遺跡。

Yase11b

○矢瀬親水公園(みなかみ町月夜野下矢瀬)

YAMADA

中筋遺跡

Nakasujiiseki

○中筋遺跡
 古墳時代(六世紀初め)の集落。 榛名山二ツ岳の噴火に埋もれた。

渋川市幸田

渋川市 について

Nakasiji11b

YAMADA

岩宿遺跡

Iwajyuku

○岩宿遺跡
 1946年発見された岩宿遺跡は、日本列島における人類活動の歴史が縄文時代から始まったという通説を覆し、旧石器時代の遺物と認められた。

現岩宿博物館(みどり市笠懸町阿佐美1871他)

みどり市 について

YAMADA

茅野遺跡

Kayano11b

○茅野遺跡(榛東村長岡)
 縄文時代後期(2300年~3500年前)、土製耳飾り577点や岩版などが出土した。

Shintou_mimi

○耳飾り館
 (北群馬郡榛東村大字山子田1912、0279-54-1133)

 縄文時代後晩期の集落(約3000年前)である茅野遺跡から多数の土製耳飾りが出土したことから、これを展示・紹介することを目的として開館。

YAMADA

日高遺跡

Hidakaiseki

○日高遺跡
 弥生時代後期(1700年~18
00年前)の集落遺跡。 当時の水田から足跡が発掘された。

現高崎市日高町高畑前31-2ほか

Hidaka11b


Takasaki_hidaka9a

☆日高遺跡・史跡日高遺跡公園
 高崎市日高町31-2ほか

 1977年、関越自動車道建設に伴う事前調査によって発見され、翌1978年に保存が決定され、所有者の同意を得られた区域について、平成元年に史跡指定が行われた。

Takasaki_hidaka9b

YAMADA

三ツ寺遺跡

Mitsudera11

○三ツ寺Ⅰ遺跡
 濠と石垣に囲まれた豪族の館、当時の先端技術により築かれた。 遺跡は全体の1/3程が発掘され、残りは未発掘。

Haruna_iseki27b

○王の館:三ツ寺Ⅰ遺跡
○王の墓:保渡田古墳群、二子山古墳・八幡塚古墳・薬師塚古墳
○渡来系人物の墓
○ムラ:竪穴住居

Haruna_iseki28

○ムラ
 竪穴住居に済み、一坪程に区切られた水田を耕作し、馬・牛を飼っていた。

Mitsudera35

○三ツ寺遺跡

YAMADA

中高瀬観音山遺跡

Nakatakase

○中高瀬観音山遺跡
 弥生時代後期(1800年~1900年前)の集落遺跡。

現富岡市中高瀬ほか

富岡市 について

Nakatakase32

上信越自動車道・富岡IC西1Km

遺跡を残すためトンネルにした。

YAMADA

秋間丘陵

Akima25

○秋間丘陵
 約八百万年前に堆積した岩鼻層の上に、五百万年ごろ前に堆積した火山噴出物層(秋間層)が秋間丘陵。
※岩鼻層に含まれるメタセコイア(落葉広葉樹)が亜炭層となったので、高崎山周辺では亜炭が採掘された。
※元助遺跡四十七士石像

YAMADA

グンマの昔:埴輪

Haniwa11

○保渡田八幡塚古墳
水鳥形埴輪:鵜飼を表すとされる(鵜飼は戦前まで碓氷川で見られた)
力士埴輪:五~六世紀に作られたとされる
いすに座る女:椅子は王権の象徴であり、祭儀用といわれる(中国より椅子に座る習慣が入ってきたが、ほどなく衰退したらしい)

Haniwa12

Haniwa13

Haniwa15

Kofun38

八幡塚古墳

Kofun39

保渡田町はにわの郷

Rekishi_haniwa1

吾妻・郷原遺跡

Haniwa16


Minano_dogu1山形土偶(皆野・駒形遺跡)

YAMADA

グンマの昔:古墳

Gunma_kofun11

○八幡観音塚古墳
五鈴鏡:鈴鏡・古代人が鈴の音を好んだとされる。
内行花文鏡:花模様
獣帯鏡:神話上の獣を示す
画文帯神獣鏡:五世紀頃中国で作られ、呪い的な道具とされる。

Gunma_kofun12

Gunma_kofun13


○4世紀の上毛野
 上毛野地域では古墳時代の初めから、強く安定した勢力を持つ拠点が二つありました。 一つは高崎市東部から前橋市東南部にかけでの地域、もう一つは県東部の太田市周辺地域です。
 元島将軍塚古墳の近くには、住居やお墓の跡がある鈴ノ宮遺跡・元島名遺跡があり、また水田が営まれて..

YAMADA

群馬の古墳

Tousandou13

○群馬の古墳
 三世紀中頃から古墳が造られ、四世紀~六世紀は古墳時代となった。 古墳は、その土地を治めた有力者の墓であり・階級社会のシンボルであった。
 群馬では肥沃な利根川水系を中心に水田耕作が広がり、近畿地方から多くの人々が入植し、やがて人口が増えると階級社会が確立し・各地に豪族の出現をみた。 これら豪族達は大和・中央政権とつながりを持ち続けたので、大和国に匹敵する古墳群が築造された。

Kofun11

○金銅製飾履
 箕郷・谷ツ古墳から出土された、銅板細工に金メッキを施し・ガラス玉を銀輪留..

YAMADA

グンマの昔:榛名山噴火

Haruna_funka11

 紀元五世紀、榛名山が二度の大噴火を起こした。 一回目の噴火に伴う火砕流で壊滅したのが「渋川・中筋遺跡」、村全部が蒸し焼き状態となった。 二度目の噴火(六世紀)で村ごと数メートルの軽石に埋まったのが「子持村・黒井峯遺跡」。 その他、下芝遺跡郡・西国分遺跡・諏訪西遺跡などある。

※「伊香保」は、「怒る峯」榛名山に由来するとの説もある。

Haruna_iseki27b

○王の館:三ツ寺Ⅰ遺跡
○王の墓:保渡田古墳群、二子山古墳・八幡塚古墳・薬師塚古墳
○渡来系人物の墓
○ムラ:竪穴住居

Mitsudera11

○三ツ寺Ⅰ遺跡
 濠と..

YAMADA

新町屑糸紡績所 メモ

Takasaki_sinmachi61

新町屑糸紡績所 メモ
 高崎市新町2330

Takasaki_sinmachi11

☆旧新町紡績所
 明治~昭和

 明治十年群馬県新町に操業開始した我が国最初の絹糸紡績工場。 佐々木長淳のヨーロッパでの紡績業などの視察報告に基づき、内務省が官営工場として設立した。 創業時の動力は、工場付近を流れる温井川を利用した水力と蒸気で、原料はそれまで安価で輸出されていた屑繭・屑糸を使用し、紡績絹糸を製造した。 明治二十年三越呉服店に払い下げられ、明治三十五年には企業合同により絹糸紡績株式会社新町工場となり、さらに明治四十四年の..

YAMADA

グンマの昔:へそ抜き観音

Hesokannon21

○東国分のへそ抜き観音
 上野国分寺遺跡付近にへそ抜き観音の祠がある。観音像の穴の中に指を入れると腹痛を起こすともいわれているが、お産の神様として指を入れる人が多いらしい。

YAMADA

群馬での暮らし:東村の地名

Kunisada_st

○どれだけ読める東村の地名
 遠西→とおにし、 下代→げだい、 開発→かいはつ、 間の田→あいのた、 久保内林→くぼうちはやし、 強戸→ごうど、 曲口→しゃくじい、 御手洗下→みたらせした、 国定→くにさだ、 根性棒→こんじょうぼう、 四畝歩→よせぶ、 十二天→じゅうにてん、 小保方→おぼかた、 上田→かみた、 諏訪原→すわっぱら、 水殿→ずうどの、 掻揚→かきあげ、 大根谷戸→だいこんがいと、 宅地付→たくちづき、 鉄糞→かなくそ、 纏→まとい、 田部井→ためがい、 東菜飯田..

YAMADA

群馬での暮らし:グンマ語(榛東編)

Shintou_mimi

耳飾り館
 (北群馬郡榛東村大字山子田1912、0279-54-1133)

 縄文時代後晩期の集落(約3000年前)である茅野遺跡から多数の土製耳飾りが出土したことから、これを展示・紹介することを目的として開館。

《グンマを話そう》 @榛東村
 あそびょう→農協・役場などによる無報酬の仕事、 あんね→おんな・あねさん、 うさぎねむり→目を開いて眠る、 おけー・ぞーせー→おじや・雑炊、 おごっそう→ごちそう、 おっこす→こわす、 おてんたら→おべっか、 おばんし→炊事する人..

YAMADA

群馬県立公園・群馬の森

Gunmanomori11b

 高崎・烏川の河岸段丘上には数千年まえから人々が住み着き、この烏川で魚を獲っていた。 高崎市には、縄文遺跡・弥生遺跡としてその跡が残っている。

河岸段丘 について

Gunmanomori12

群馬県立歴史博物館(9:30~17:00、月休)

Gunmanomori13

群馬県立近代美術館(9:30~17:00、月休)

Iwahana52

 黒色火薬・ダイナマイト・無煙火薬などを製造していた岩鼻火薬製造所(1880年~1945年)跡地は、日本原子力研究所・群馬の森公園・日本化薬株式会社に三分割された。

Iwahana531959年..

YAMADA

群馬での暮らし:六合村

Akaiwa1

《グンマを話そう》
○六合村にはグンマから独立した方言があります。
 あなた→こんた、 いしけり→けだし、 かくれんぼ→かくねっこ・おにさんこ、 かたぐるま→てんぐるま、 かまきり→とーろー・はえとり・かまぎっちょ・かまよん、 くるぶし→くるみ、 しゃがむ→つくじょむ・しょごむ・しょごじょむ・しょごずむ、 たけうま→たかあし・たかうま、 つむじ→まきめ・まきまーし・まきむし、 とかげ→かまちょろ・かなへび・とかよん・とかちゃん・かまぎっちょ、 なめくじ→なめら・なめらっ..

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA