So-net無料ブログ作成
検索選択

三井本館

Tokyo_mitsui01

○三井本館
 東京都日本橋室町2-1-1

Tokyo_mitsui02

Tokyo_mitsui03

Tokyo_mitsui04

Tokyo_mitsui08

Tokyo_mitsui09


Tokyo_mitsui19

☆三井本館は、約3年の歳月をかけて昭和4年(1929)3月に竣工した。総事業費は2,131万円(現在の約1,000億円)。地上7階(竣工時は5階)、地下2階の鉄筋コンクリート造りで、外装にはすべて花崗岩を使用。インテリアには大理石をふんだんに用い、あらゆる面で近代的な業務に応じられる設備を備えており、三井合名をはじめ、三井銀行・旧三井物産・三井鉱山・三井信託など直系各社入居し、本社機能を集中させた。

YAMADA

秩父セメント

Chichibu_belt00_2

Chichibu_belt01

秩父太平洋セメント株式会社@秩父市大野原1800
 旧秩父セメント第二工場・1956年建設

セメント について

Chichibu_belt02

Chichibu_belt03

Chichibu_belt04

荒川苑中継室
 約23km離れた群馬県多野郡神流町・叶山鉱山(鉱業所)から、石灰石がベルトコンベア(地下トンネル)で送られてくる。
 

Chichibu_belt05

秩父太平洋セメント・ベルトコンベア

Chichibu_belt08

Chichibu_belt09

YAMADA

秩父太平洋セメントベルトコンベヤー

Chichibucement1

○秩父太平洋セメントベルトコンベヤー
 秩父太平洋セメント秩父工場~群馬県多野郡神流町・叶山鉱山(鉱業所)まで、ベルトコンベア用トンネルがあるらしい。(三基合計で総機長約23km、一部は地上)

石灰 について

Chichibucement2b

※石灰石ルートは、叶山鉱山~巣掛砕鉱場~第二プラント~秩父鉄道。

Kanouyama1

叶山鉱山

Kanouyama2

Chichibu_no2秩父第二工場

Chichibu_miwa三輪鉱山

Chichibu_belt06荒川苑中継室@秩父セメント第二工場

Chichibu_memo1☆三輪鉱業所

YAMADA

グンマの昔:根利事業所

Neri99

○足尾鉱山・根利事業所
 1898年、皇海山西麓の根利山(練山)・赤城村砥沢に根利林業所開設、銅山事業・銅精錬には多大な木材(木炭)を必要とし、足尾付近の山林を伐採しつくして、細尾・沢入・座間・発光路を無立木地とし、隣接する根利山地へ及んだ。 根利林業所からの伐採材は、索道で小滝・銀山平製材所へ運ばれた。 根利林業所最盛期には従業員1500人以上・家族を含めると2000人以上が、砥沢と平滝に暮らしていた。 1938年根利山での伐採が終わり、40年の歴史は終わった。

※砥沢集落(1..

YAMADA

グンマの昔:吾妻鉱山

Agatsumakouzan31

○吾妻鉱山
 1911年発見、1917年精錬開始・我妻硫黄株式会社、1971年閉山。

Agatsumakouzan32

Agatsumakouzan33

YAMADA

グンマの昔:上信鉱山

Rouseki21

○上信鉱山
 1940年蝋石鉱床発見、アルミナ・ジュラルミンの原料として軍需産業指定、終戦で閉山。 1954年光山電化上信鉱業所として再開、窯業用耐火煉瓦原料として出荷、露天掘りから柱房式採鉱になり日本鋼管に出荷。 その後元山に焼成炉2基により水分を除いたシャモットとして出荷した。 1963年休山・撤退。

鉱山 について

YAMADA

グンマの昔:群馬鉄山

Gunmakouzan2

群馬鉄山
 1929年富士塗料が採掘、王様クレヨンの原料となった。  1943年日本鋼管(裏に陸軍あり)が採掘権取得、1944年太子まで鉄道敷設、1945年出荷開始。
 1950年元山で硫黄分を取り除く目的で焼結工場建設、この後公害問題続出し1965年閉鎖(大鉄鉱山閉鎖)。

Osamacrayons

○ガラン沢鉱床
 1932年猟師がガラン沢にて射止めた熊が褐色に染まっていたことから鉄鉱床発見、1950年群馬鉄山の支鉱になる、1956年終山。

○入山銀山
 江戸時代に金銀っを掘ったと伝えられる。 昭和..

YAMADA

グンマの昔:浦倉鉄山

Urakura

○関東興産・浦倉鉱山
 赤川周辺には古くから鉄鉱床があったが品質が悪く見放されていた。
 猟師らが「豚の口」で良質の鉄鋼石発見、1953年関東興産浦倉鉱山発足し赤川第一鉱床・1956年猪の口鉱床・1959年土鍋鉱床・1962年赤川第二鉱床、露天掘り・二田沢まで森林鉄道。 1964年休山・1965年閉山。

Inoshishinokuchi69

○猪の口鉱床
 認可をうけるのには、豚の口ではマズイというので猪の口としたらしい。

YAMADA

グンマの昔:白根鉱山

Shirane_66

○白根鉱山(硫黄)  昭和初期霜田善造が露頭発見、1933年本格的に開発開始、1936年大雪崩、1971年休山、1974年撤退。

Manza_kouzan62

○万座鉱山(硫黄)
 1939年本格的に採掘開始、鉱床が少なく1963年撤収。

※他にも、殺生川原・入道沢白峰鉱区(日窒鉱業)・万代鉱などあった。

Nyudousawa69

○入道沢原動所跡


○湯釜
 古くは白根山火口湖湯釜(大池)から硫黄が採掘されていたが、1890年の噴火で雨水が貯まり・だんだん大きくなった。 昭和に入ると富山化学が関東硫黄から採掘権を得て本..

YAMADA

グンマの昔:吾妻鉱山

Agatsuma_kouzan

○吾妻鉱山
 1908年猟師が露頭発見、1914年群馬硫黄開発開始その後吾妻硫黄が買収、1928年落盤事故も順調に発展、1971年閉山。

○石津鉱山(硫黄)
 1932年北海道硫黄が本格的に探鉱(小串鉱山の支抗)、1941年石津鉱山として独立したが企業整備令で休山、終戦後再開するも1968年米無鉱床を堀尽くし1971年閉山。


○硫黄採掘鉱区(大正l4年)
嬬恋・白根鉱山:15.270坪、箱根土地株式会社
嬬恋・万座鉱山:61,672坪、西郷勘三郎外
嬬恋・吾妻鉱山:12..

YAMADA

グンマの昔:小串鉱山

Kogushikouzan

○小串鉱山
 明治時代に鹿島組・東洋硫黄が採掘、1916年高井鉱山(長野県側)となるも堀り尽くし、1923年群馬県側採掘、1929年北海道硫黄小串鉱山となる。 1937年落盤爆発事故、再開後日本第二の大鉱山となる、2000人以上の大鉱山町となったが回収硫黄に負け1971年閉山。

Kenashi1d

※1960年に群馬県側道路ができるまでは、町の生活は長野県であった。
 
※毛無峠は日本海からの風の吹き抜け道であったので、峠の下300mに長さ1300mの毛無隧道(長大抗)を掘った。 この工事中に大鉱脈..

YAMADA

グンマの昔:吾妻鉱山

Agatsuma_kouzan

○吾妻鉱山
 1908年発見、その後数人の手を経て1914年群馬硫黄株式会社、その後順調に発展したが1935年落盤事故、1940年帝国硫黄工業株式会社、朝鮮動乱特需もあったが需要が減り1971年閉山。

Agatsuma_kouzan61

 1911年発見、1917年精錬開始・我妻硫黄株式会社。


○上信鉱山(ろうせき山)
 1940年頃鉱床発見され大阪窯業の鉱区となる、1943年頃日窒鉱業上信鉱山となる、鉄道敷設の予定もあったが1945年閉山。 一時期は、小淵山電化として耐火煉瓦資材用に再開されたこともあった..

YAMADA

グンマの昔:群馬鉄山

Gunmakouzan2

群馬鉄山
 1941年六合村入山で発見された鉄鉱石は群馬鉄山として採掘が計画され、搬出用に渋川~長野原間(44.7km)に鉄道が敷設され、三か月で完成した。 
*当時の戦況下で商工省では地下資源を欲しがっていた。

Gunmakouzan33

 鉄鉱石は空中ケーブルで太子駅に運ばれ貯鉄されたが、採掘量が輸送量を上回り鉄鉱石の山となった。(太子鉱山ともよばれた) さらには、水分・不純物を取除き純度の高い鉱石を送り出そうと、焼結工場か建設された。 この焼結工場の煙突から出た赤黒い煤煙・亜硫酸ガスは、地上を赤く染..

YAMADA

グンマの20世紀:産業問題

Ashio_66

足尾銅山
 1550年足尾銅山発見(古川鉱業会社発表)・1610年足尾銅山発見(地元発表)、1627年日光東照宮支配下となる、1648年公儀御用山となる、1844年休山状態となる、1868年明治政府が没収、1878年古河直営となる(民営化)、1891年馬車鉄道、1896年大通洞(運搬坑道)完成・渡瀬川大洪水で鉱毒問題、1897年鉱毒予防工事命令、1905年日光精錬所稼働、1907年足尾暴動、1912年足尾鉄道開通、1918年古河鉱業株式会社設立、1973年閉山、1989年精..

YAMADA

四万温泉

Shima0811a

○四万温泉の名称は「四萬の病を治す霊泉」との伝説に由来する。

 メタホウ酸(ホウ素)濃度が高く・五十年前に降った雨が温泉として湧き出てくるとされる。  新湯川上流には四万鉱山があり「葉蝋石」を採掘していた。 四万温泉東の水晶山では水晶・トルマリンなどが産出された。 新世代第三紀中新世の地層が、ひん岩・石英閃緑岩質のマグマにより熱変成・熱水変質され、この地特有の鉱物が形成された。 その一部が溶けだし温泉となっている。

Shima0812c

○四万温泉
 碓氷日向守定光(一説には足利義満の家臣塩谷日向守..

YAMADA

グンマの昔:小串鉱山

Kenashi1

○小串鉱山
 1967年11月11日午後3時半、山津波が鉱山を埋め尽くし、火薬庫が爆発し火災が発生、村全体が被害を受け最終的には死者600名以上といわれる。
※御飯岳頂上の貯水池が浸透し、地盤がゆるみ山崩れとなったともいわれている。

Kogushikouzan

○小串硫黄鉱山 
 1929年、東洋硫黄株式会社から北海道硫黄株式会社に移管。 県内最大の三十一万千坪。
 山崩れは、幅30m長さ1kmに及び、死者16名・傷者28名・行方不明136名・家屋損害1000戸。
 毛無山山麓を主に嬬恋村には、「小串鉱山」・..

YAMADA

群馬での暮らし:チャツボミコケ

Chatsubomikoke

○チャツボミコケ(六合村
 群馬鉱山・褐鉄鉱採掘の中心地「穴地獄」では、湧きだした鉱泉が沈殿し褐鉄鉱となるすり鉢状の地形であった。 硫黄泉なので植物が育たなかったが、閉山後ひっそりと緑の絨毯「チャツボミコケ」が広がった。 群馬鉄山閉山のさい、日本鋼管は国からの借地を返すためには現状復帰が条件だったが、その費用があまりにも莫大となりそうなので敷地を国から買い取り休暇村としたため、「チャツボミコケ」は残った。 
※当初は遊園地にする計画もあった。

YAMADA

グンマの昔:浦倉鉄山

Urakura

○浦倉鉄山(嬬恋村)
 浦倉山の標高1500m~1600mの赤沢川左岸に分布し、露天掘り褐鉄鉱で、川崎製鉄へ輸送した。(1953~1963)

Urakura62

○浦倉鉱山
 関東鉱産株式会社浦倉鉱業所、地元では元山とよばれた。 本来は帝国硫黄株式会社の鉱区であったのを譲り受けた。

Urakura61

YAMADA

グンマの昔:中小坂鉄鉱山

Nakakozaka12

○中小坂鉱山・製鉄所(下仁田町)
 幕末から明治にかけて,わが国初の蒸気機関による洋式の木炭高炉による製鉄が行われた中小坂鉄山は、1878年から1884年にかけては官営の製鉄所として東京のガス管鋳造などにもあたってきた。
 しかし、その後は軽営者も転々と代わり1908年に生産を中止したが、操業中止後も1961年まで経営者は代わりながらも採鉱(元山鉱区・近江山鉱区)は続けられた。

Nakakozaka25

○中小坂鉄山
 六千五百万年ほど前、南蛇井層に平滑花崗岩のマグマが貫入し、冷えていく中でマグマの成分が..

YAMADA

グンマの昔:根羽沢鉱山

Nehazawa

○根羽沢(ねばざわ)金銀鉱山・片品村大清水
 1902年発見、1916年探鉱開始、1971年閉山。

YAMADA

グンマの昔:白根硫黄鉱山

Shirane36

○白根鉱山・万座鉱山(業業人硫黄株式会社)
 鉱脈発見時期不明、古くより白根釜として採掘されており、1886年精錬開始、1896年株式会社となる。(冬が厳しいので4月~11月だけの操業であった)  1897年7月草津白根山噴火で破壊・埋没した。

※嬬恋村には、吾妻・石津・小串・白根・万座などの硫黄鉱山があった。

Shirane37

○万座鉱山
 1955年万座硫黄鉱業所入道沢採鉱諸飯場に雪崩 で14名死亡。

○白根硫黄鉱山株式会社谷所採鉱所(草津)
 1936年2月4日、大雪により雪崩で飯場街が埋ま ..

YAMADA

グンマの昔:ロウ石山・下仁田

Rouseki21

○ロウ石山・上信鉱山(嬬恋村干俣仁田沢)
 草軽鉄道嬬恋駅からアルミ鉱山ロウ石山まで索道(約6.3km)を架設する計画があり、開削工事が終わりレールを敷こうとしたところで終戦により中断放置された。  鉱山でも軌道はできたが、鉄道がないので操業できず、鉱山そのものが忘れられてしまった。

Rouseki22

 1940年頃新鉱床が見つかり、小規模ながら馬ソリで運び出していた。 まもなく酸化アルミ36%鉱石だとわかり、ジュラルミンの原料として需用が見込めることから、日窒鉱業が開発をおこない大鉱山となっ..

YAMADA

グンマの昔:足尾鉱山

Ashio27

○足尾鉄道
 1888年足尾銅山主古河市兵衛が足尾~大間々に電気鉄道を計画するも実現世ず、1890年細尾峠に鉄索運搬稼動、1889年に日本鉄道日光開通したため細尾~日光に軽便馬車鉄道敷設、1914年足尾線全線開通。
 足尾鉱山経営の馬車鉄道としては、地蔵坂~掛水・掛水~本山・掛水~切幹~小滝・切幹~沢入があった。

Gunma_ashio56

 1896年両野鉄道計画でるも足尾以北の敷設計画が膨大すぎて不認可となる。 その後も大間々~足尾などいくつか計画があったが実現しなかった。
 1902年足尾鉱業鉄道株..

YAMADA

グンマの昔:足尾銅山

Ashio52

○鉱山鉄道(古河鉱業・足尾鉱業所)
 1893年本山~古川橋間に電気鉄道開通、1897年構内用電気機関車(自社製・石川島造船所・ウェスチングハウスなど22両)、1912年桐生~足尾間の足尾鉄道、1926年ガソリンカー登場し町の交通機関となる(1951年廃止)、1973年閉山。

Ashio51

Ashio53

Ashio55

Ashio54

Ashio56

Ashio57

Ashio58

YAMADA

グンマの昔:小串鉱山

Kenashi1

○小串鉱山
 嬬恋村には、吾妻・石津・小串・白根・万座などの硫黄鉱山があった。 明治以前に発見された小串鉱山は、昭和期に地すべりがあったも順調に採掘が続いたが、1961年閉山した。

※1937年11月11日山津波により部落埋没、死者300名(500名とも)。 燃え盛る燐火と毒瓦斯火の泥土に手の下しようもなかった。

Kenashi1c

Kogushikouzan

○小串鉱山 
 1929年、東洋硫黄株式会社から北海道硫黄株式会社に移管。

Agatsuma_kouzan

○吾妻鉱山
 1911年発見、1917年精錬開始・我妻硫黄株式会社。

YAMADA

グンマの昔:群馬鉱山

Gunmakouzan1

○群馬鉄山
 昔から吾妻川は赤い水が流れ、河原の小石も赤く染まっていた。 1940年頃、小倉部落人により発見されたが、交通不便なため開発には至らなかった。 1944年、日本鋼管が採掘を開始、鉱石運搬用の鉄道が施設された。 その後、1945年送鉱開始も終戦で休山、第二次大戦で鉱石が使われることはなかった。 が、1949年鋼管鉱業が生産再開し、釜石鉱山に次ぐ鉄鉱山となった。  そして、硫黄分を除くべく太子焼結工場が建設された。(1951年) その後は、公害・煙害・砒素含有など問題..

YAMADA

吾妻線

Gunma_agatsuma7

 1942年群馬鉱山の鉄鉱を輸送するための軍需鉄道として敷設が始まった長野原線(渋川~長野原)は、1971年大前まで延長(太子線は廃線)され吾妻線と改称された。

Gunma_maebashi5

吾妻線・高崎線分岐@渋川駅

Gunma_agatsuma8

道陸陣トンネル

Gunma_tarusawa2

樽沢トンネル

Haramachi原町駅

Ubashima祖母島駅・1960年

Agatsuma36

YAMADA

群馬の鉄道:昭和初期

Gunma_map2

 グンマの鉄道の歴史は古く、貨物輸送は鉱山により大繁栄していたが、資源の枯渇とともに衰退の道をたどった。 また草津温泉や伊香保温泉など観光地を結んでいた旅客輸送は、速さを求め・道路整備と称し行政によりバスに切り替えられてしまった。 

 東毛の発展は、軽便鉄道を買収して路線を拡大し・波乱に耐えながらも維持した「東武鉄道」の力によるものである。

Gunma_map3

Gunma_rail

YAMADA

利根軌道

Gunma_tonekidou2_2

○利根軌道

 1911年「利根軌道株式会社」が沼田・渋川間の道路に軌道を施設しその上を馬車が走る「軌道馬車」を開始した。 さらに1918年1月27日、馬車鉄道から電気機関車(足尾鉱山で鉱石運搬用に使われていた中古機関車)に変更された。 これも、フツーに脱線転覆したらしい。

利根軌道 について

 

Gunma_tonekidou1

○利根軌道株式会社
1908年、沼田時間馬車株式会社がテト馬車開始。
1910年9月、利根軌道株式会社設立。
1911年、沼田~渋川間の軌道馬車開始(約3時間)。
1918年、電気..

YAMADA

地震に強い群馬

000266019

○恵まれた立地条件(自然環境)
 群馬県は、地震や台風など自然災害が少なく、工場や物流拠点施設をはじめとする様々な産業施設の立地に有利な条件を備えてい ます。 東海地方や首都圏などにおける大震災発生時の本社機能やデータセンターなどのバックアップ拠点としても、群馬県は多く の企業に選ばれています。 群馬県は、日照時間の長さが全国4位と上位に位置しています。冬場の降雪も平野部ではほとんどなく 、太陽光発電施設などの立地にも最適です。
by群馬県産業経済部産業政策課

※確かに自然災害は..

YAMADA

グンマの昔:草津白根山噴火

Kusatsu_shirane

○草津白根山噴火
 1932年10月1日噴火、山頂の採掘場で従業員二名死亡。 それまでは、明治15年・30年・33年・35年・大正13年・昭和2年と噴火を繰り返し、その過程で湯釜は熱湯に・水釜池と空釜池と弓池は酸性に・吾妻川からは魚が消えた。

○吾妻川
 草津白根山噴火・群馬鉱山焼結工場により汚染された吾妻川に、1959年中和剤投入が始まった。

YAMADA

群馬での暮らし:太子駅

Taishi_st2

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:鉄道群馬》 (WEB 転載)

 旧国鉄長野原線(1971年に廃止)、長野原~太子間(通称・太子線)の終点・太子駅。

○国鉄太子線
 1945年群馬鉱山鉱石運搬専用線として開通、1954年旅客営業開始、1955年気動車化、1970年廃線。

Gunmakouzan2

Ohshi31○太子駅(1945年)

Ohshi78

YAMADA

日窒鉱山

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

株式会社ニッチツ・秩父事業所
 現業中、白いのは石灰。

Nichitsu3

Nichitsu2


 「秩父鉱山簡易郵便局」、「グンマー中央郵便局」に非ず。

Nichitsu4


 雁掛トンネル(400m位)。

Nichitsu5


Nittetsu1940☆ニッチツ(1940年)

YAMADA

毛無峠

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン:秘境群馬》

[どんっ(衝撃)] かの有名な県境、群馬県に入るには特別許可が必要。

Kenashi1a  

Kenashi1b


 群馬県としては、「県道として供用はしていません」という事だそうだ。 この先には、「小串御地蔵堂・小串硫黄鉱山跡」などがある。

Kenashi1c

Kenashi1d

YAMADA

モウニヤア車

Ashio_denki3s

○モウニヤア車
 沼田・渋川間(約3時間)の電気軌道・電気機関車を見て、若山牧水が「いざり車の如く車体が低く線路を這うよう」なので「モウニヤア車」と呼んだ。

※写真は足尾銅山より転載

※利根軌道株式会社が1918年1月27日、馬車鉄道から電気機関車(足尾鉱山で鉱石運搬用に使われたいた中古機関車)に変更した。

 

Gunma_tonekidou2

○若山牧水:利根の奥へ
 登りと違って下りの電車は賓に心地より走った。霜を帯びた林を畑も野原もみな朝日に滞れ輝き、近く仰ぐ榛名も、遠く見る赤城もひとしくこの爽かな秋晴の光..

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA