So-net無料ブログ作成

銀杏

161118a

YAMADA

銀杏むき

Kiya_07○銀杏むき@日本橋木屋

銀杏 について

YAMADA

睡足軒・紅葉亭

Niiza_suisoku1

睡足軒・紅葉亭(新座市睡足軒の森・平林寺向)
 新座市野火止1-20-12、水休

新座市 について

Niiza_suisoku2

Niiza_suisoku3

Niiza_suisoku4

Niiza_suisoku5

Niiza_suisoku6

Niiza_suisoku7

Niiza_suisoku8

Niiza_suisoku9


☆平林寺
 古くは岩槻にあったが、江戸時代に新座に移った。

☆武蔵野
 水の無い荒野台地では焼畑農業だった。 野火の煙は紫色にたなびいたので、紫の野→むらさきのの→むらさきの→むさしの→武蔵野 ともいわれる。
※紫根が採れたとの説もある。

☆野火止
 野焼きの火が住家などに飛び火しないように見張りの塚・堤を築いたので、この地を「野火留..

YAMADA

おぎのや

Oginoya92

○株式会社荻野屋@安中市松井田町横川297-1
 横川駅開設時、駅前旅館だった「荻野屋」は駅弁売りを開始した。(宇都宮駅についで二番目とされる)  最初は、おにぎり二個を竹皮に包んで五銭で売っていたが、乗客から「どの駅弁も同じだ」と言われ「碓氷軍記」をヒントに釜飯をはじめたと言われている。

※駅前旅館側

Oginoya91

○荻野屋・釜めし
 当初、「釜めし」は高崎鉄道管理局から許可にならなかった。 当時の駅弁は高くても100円だったのに対して、「釜めし」は容器代が高かったので120円で売ろうとしたので..

YAMADA

峠の釜めし

Ueda03

弁当 について

釜めし について

Ueda02

 団体旅行の幹事に「どこへ行っても同じような弁当ばかりで飽きてしまった」と言われたのを機に、食べ終えても捨てることなく家へ持ち帰り旅の記念となる容器として小さな土鍋を考え、土鍋一個三十八円で六千個発注。 釜飯弁当の値段は百二十円、駅弁はせいぜい百円の時代に高崎鉄道管理局では不許可だった。 そのため横川駅長黙認で駅売り、やがて1958年2月1日販売許可となった。

 試作段階の弁当中身は、白いご飯に鶏 肉・ゴボウ・シイタ..

YAMADA

のろま人形

Edo_misemono53

○のろま人形
 寛文・延宝のころ、江戸和泉太夫人形中瑠璃座にて野呂松勘兵衛が「頭ひらたく色青黒く・いやしげ」な人形を遣ったのが始まり。
※「のろま」の語源といわれる。

Berabou22

○べら坊(べらぼう)
 寛文十二年、江戸で「可坊」なる見世物が人気を集め、「べらぼう焼」なる食物も現れ、「べらぼう」が流行語となり・江戸っ子言葉「べらんめえ」となった。

☆ちゃきちゃき
 生粋の江戸っ子、漢字は「嫡々」

☆いなせ
 漢字は「鯔背」。 江戸時代に流行った髪型「鯔背銀杏」、日本橋魚河岸で働く若者たちが好んで結..

YAMADA

冬至

Touji_namako

○かぼちゃのおこと煮
 冬至はコトの日、なので御事煮。

○柚香酢
 柚をくり貫き・なまこを詰める。

○冬至
 「運盛り」なので、「ん」のつくものを食べる。 なので、なんきん(南瓜)・にんじん・れんこん・ぎんなん・きんかん・かんてん・うどん、など。
※「ん」が二つ付くと大運。

☆冬至
 冬至には「ト」の字がつくものをたべる、それがトーナス。

☆冬至
 古くは、冬至が一年の始まりだった。 ユズは「融通」・冬至は「湯治」に通じるとして、ゆず湯にはいるようになったともいわれる。 銀杏は「金..

YAMADA

御成切り

Fukuya11

御成切り
 福家(川口市辻767-8)

○羽二重餅に、こし餡(銀杏)・抹茶(竹)・胡麻(柊)。

Fukuya12

YAMADA

鬼ひも川うどん

Hanayama31

鬼ひも川(冷やし)@館林・花山うどん

☆鍋焼うどん
 深川が発祥の地。 明治十三年頃には大流行。

☆おかめそば・おかめうどん
 江戸七軒町のそば屋(後に「おかめ太田庵」と改称)が作った。 浅草海苔の髪・銀杏のかんざし・結び湯葉の目・松茸(三つ葉)の花・かまぼこの頬・椎茸の口、だったらしい。

☆花巻蕎麦
 安永年間、かけそばに、焼いたを細かくもみ散らかした。

☆たぬきうどん
 元々は「種抜きうどん」、具のない天ぷら(あげ玉)をのせていた。 
※関西では「油揚げ」、京都では「あん..

YAMADA

境町伝説(佐波郡境町、現伊勢崎市)

Itakura

○東新井村と花香塚村の境界争いで死んだ村人二人を葬ったのが二つ塚。

○十日夜には、カエルにあげる餅を供える。(蛙が鳴くのは稲を守っているのだ、ごくろうさま)

○七母女天には子供が七人おりその一人はスサリオノ命、お願いは一言「おばあさんたのむよ」。

○アンナシヅカは「あんな静かな所は無い」から始まった。

○淵名神社には、皮を煎じると乳が出るようになるイチョウの木があった、その地は銀杏と呼ばれた。

○境町木島には、皮を煎じると乳が出るようになる松木があつり「乳松」とよばれた。

○下淵名には..

YAMADA

船尾まんじゅう

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんぐんまんじゅうキャンペーン》

船尾まんじゅう
 (吉岡町銀杏加工グループ@北群馬郡吉岡町大字漆原1989)

○饅頭
 柔らかなすと甘味噌あん

Komanasu2

YAMADA

船尾まんじゅう

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんぐんまんじゅう キャンペーン》

船尾まんじゅう
 (吉岡町銀杏加工グループ@北群馬郡吉岡町大字漆原1989)

○饅頭
 フツーに美味しい。 「小倉・ナス味噌・チンゲンサイあん」の3種類がある。

YAMADA