So-net無料ブログ作成
検索選択

旧館林二業見番組合事務所

Tatebayashi11

○旧館林二業見番組合事務所(館林市
 1938年建築。

Senbongiie

○千本木家(桐生市
 1935年建築。

Katayamake

○片山家住宅(太田市
 1873年建築。

Morimurake

○森村家住宅(伊勢崎市
 1876年建築。


Isesakisyourou

時報鐘楼・伊勢崎(大正四年)

YAMADA

初なすび

Mimasu_nasu

○里みやげ・なすの砂糖漬け
 (三桝家總本舗@館林市本町3-9-5)

小茄子の砂糖漬け。

茄子 について

Hatsunasubi

○初なすび・鶴岡市大松屋本家
 正月の祝い菓子。 「めずらしや山を出羽の初なすび」と詠んだのは芭蕉。

YAMADA

雲龍寺

Unryuji51

○雲龍寺(群馬県館林市下早川田1896、0276-73-4163)

 田中正造の密葬が行われた寺、鉱毒対策事務所が置かれていた寺でもある。

田中正造 について

Unryuji52

Tanaka16

Sano35

YAMADA

正田記念館

Syouda22正田記念館
 (館林市栄町3番1号・正田醤油株式会社内)

Syouda23

文書倉

Shoudda53

蝶形さかな入れ(重箱)

Shoudda52

Shoudda51


○醤油
 享保初年ごろ、初めて醤油が製造されたといわれる。 明和元年には「山十一・田中藤左衛門」が発売された。

YAMADA

麦ようかん

Mimasu_mugi

麥羊羹(麦ようかん)
 (三桝家總本舗@館林市本町3-9-5)

麦こがし(大麦粉)を練り込んだ羊羹。

☆麦こがし
 古くは、「研皮」とも。

YAMADA

田中正造記念館

Tanakasyouzou

○田中正造記念館(館林市大手町6-50)

開館:火・木・土・日の10:00~16:00

Ashiokoudoku35


田中正造関連

○佐野市郷土博物館(栃木県佐野市大橋町2047、0283-22-5111)

○藤岡歴史民俗資料館(栃木県栃木市藤岡町藤岡812、0282-62-4569)

○田中正造記念館(群馬県館林市大手町6-50、0276-75-8000)

○田中正造生家(栃木県佐野市小中町975、「田中正造旧宅」事務所、0283-24-5130)

----------
○佐野町:春日岡山惣宗寺・..

YAMADA

田山花袋旧居

Mosurin26

○田山花袋旧居(館林市城町2-3)

 田山花袋が7歳から14歳までおよそ8年間を過ごした家。

Mosurin25

YAMADA

田中正造・ゆかりの地

Tanaka11

○田中正造
 明治23年第1回総選挙で衆議院議員に当選、農作物や魚に大きな被害を与えていた足尾銅山鉱毒問題を繰り返し国会でとりあげ、渡良瀬川沿いの人々を救うため努力した。  しかし国の政策に改善が見られず、ついに明治34年12月10日天皇に直訴した。

田中正造 について

Tanaka12

○佐野市郷土博物館(栃木県佐野市大橋町2047、0283-22-5111)

Tanaka13

○田中正造生家(栃木県佐野市小中町975、「田中正造旧宅」事務所、0283-24-5130)

Tanaka14

○浄蓮寺(栃木県佐..

YAMADA

花山うどん

Hanayama21

○花山うどん(館林市本町2-3-48、0276-74-0178)

○花やま(館林市本町2-3-48、0276-74-7766)

Hanayamaudon1

○花山うどん製造元(明治40年)
 明治27年創業、館林駅前で開業、現㈱花山うどん。

※グンマは、かつては全国第二位の麦生産地であり製粉業およびその加工として、日清製粉(館林製粉)・日本製粉・昭和製粉・サンヨー食品・カネボウ食品などあった。

YAMADA

館林うどん

Honmaru21

鯰の天ぷら&ざるうどん
 (館林うどん・うどん本丸@館林市本町3-8-1、0276-74-0145)

※なまずの天ぷらには醤油、もちろん正田醤油

Honmaru78

Honmaru22

YAMADA

正田醤油

Syouda21

○正田醤油株式会社(館林市栄町3-1)
 明治6年12月25日正田文右衛門が創業、大正6年12月25日正田醤油株式会社設立。

※皇后美智子の実家(日清製粉・正田英三郎)の本家筋。

Tabasco_soy31

タバスコブランド
スパイシーしょうゆ
 (正田醤油株式会社@館林市栄町3-1)

○しょうゆ加工品
 早い話が、しょうゆにタバスコをいれたもの。 ご飯にかけても美味しい。

※正田醤油は、タバスコの日本における輸入元。


☆キーコーマン
 寛文二年、野田にて創業した茂木家の本印が「亀甲萬」。 香..

YAMADA

日清製粉ミュージアム

Nissin21

製粉ミュージアム(館林市栄町6-1)

※左は館林駅西口、右側が製粉ミュージアム。 現日清フーズ館林工場

Nissin22

○日清製粉記念館
 明治33年館林製粉創立時の工場本館、明治41年移転改築、昭和45年記念館として開設。  当時の工場は、自家火力発電であった。

Nissin51


Nissin51

Nissin61

○旧工場創業時の事務所

Tatebayashi_seifun31

Gunma_tatebayashiseifun01

YAMADA

旧上毛モスリン事務所

Mosurin21

旧上毛モスリン事務所@館林市城町2番3号

 明治41年から43年にかけて建てられた木造二階建の擬洋風建物、上毛モスリン株式会社の本館の事務所として使われていたものを移転。

Mosurin22

Mosurin23


Mosurin22

○上毛モスリン
 1894年館林町に「毛布織合資会社」創立、1902年「上毛モスリン株式会社」に社名変更、1912年「日本毛布毛斯綸株式会社」吸収、昼夜二交替勤務等労働強化から1917年女工スト、1926年「東京モスリン」とともに倒産した。

Jyoumou_moslin72

Jyoumou_moslin71

YAMADA

麦落雁

Mimasu_rakugan

麦落雁
 (三桝家總本舗@館林市本町3-9-5)

Mimasu20


 館林は良質の大麦・小麦を産出し、日清製粉の母体となった館林製粉が創業した地でもある。 文政三年、大麦の粉を煎って固形化した「落雁」が誕生した。 その後、館林藩主秋元家に採用され茶の席・贈答品となったのがきっかけで名声を博するようになったとされる。

☆麦落雁
 館林の名物、文政年間大越家初代興兵衛が苦心研究の末創製、藩主秋本侯賞賛し徳川将軍家に献上、明治十九年には宮内庁御用命。  グンマでは希にみる高気品食物といわれている。..

YAMADA

なすの砂糖漬け

Mimasu_nasu

里みやげ・なすの砂糖漬け
 (三桝家總本舗@館林市本町3-9-5)

小茄子の砂糖漬け。

砂糖漬 について

○砂糖漬け
 古くは、砂糖で煮詰め・仕上げに砂糖をまぶした南蛮菓子から「南蛮漬」とよばれた。  天門冬・仏手柑・松の翠・金柑・生姜・茄子・蓮根・筍・胡瓜・朝瓜・冬瓜・西瓜・牛蒡人参・百合根・そら豆・麦門冬・独活・茗荷・豆腐・椎茸、なども砂糖漬にされた。 
※江戸時代には茄子形の「茄子餅」があった。

YAMADA

グンマの昔:老神温泉

Oigami1959a

老神温泉(1959年)

Oigami51

 ある昔「上野国赤城山の神」と「下野国二荒山の神」との間に、日光中禅寺湖をめぐって領有権争いが生じた。  話し合いでは合致に至らず、両神はそれぞれ大蛇と大ムカデに変身し、戦闘が勃発した。(両神がどちらに変身したかは諸説あるが、百足より蛇を自国の神としたいのが本音のようだ)
 この戦闘で流れた血で山が赤く染まり、「赤き山」すなわち「赤城山」となった。

※二荒山神社には大蛇が祭られてるのに対し、老神温泉には大蛇関連の歴史的資料は無い。

※老神温泉では「赤城の..

YAMADA

百足絵馬

Mukadeema

○百足絵馬(館林赤城神社)

※老神温泉では「赤城の神が大蛇」であるのに対して、桐生では「赤城の神は百足」とされる。 この地の人々はムカデを見ると殺すことなく「ムカデ ムカデ 赤城へいけ」と唱えて逃がしたそうだ。
※ムカデ絵として、館林市足次町赤城神社の絵馬三面・彫刻、赤城山頂の蜈蚣社、太田市西矢島の赤城神社の襖絵などある。

Isesaki_dougen13

Mukade21

☆ムカデが百足なら、  
案山子は一足…  
モズは百舌…  
ククク(九)と鳴くのが鳩…

YAMADA

スパイシーしょうゆ

Tabasco_soy31

タバスコブランド
スパイシーしょうゆ
 (正田醤油株式会社@館林市栄町3-1)

○しょうゆ加工品
 早い話が、しょうゆにタバスコをいれたもの。 ご飯にかけても美味しい。

※正田醤油は、タバスコの日本における輸入元。

YAMADA

グンマの昔:前橋

Maebashi_denkikan

○前橋電気館
 1913年4月1日開館。 1915年キネトホン(発声活動写真)、それまでは無声映画だった。 活動写真検閲(1919.1)。
 1922年になると客足が遠のき、女給仕などあらゆる手段での客争奪戦となった。

Maebashi_yanagiza

○前橋小柳町通り柳座

Maebashi_denki


Kiryu1956

○1845年頃の映画館・劇場

前橋市:前橋オリオン座、前橋宝映画劇場、前橋会館、前橋銀星座、前橋テアトル、前橋電気館、前橋文化映画劇場(文映座)、銀勝座(旧木瀬村駒形)
高崎市:国際映画劇場、高崎銀星座、高崎松竹映画劇場、電気館、..

YAMADA

群馬での暮らし:正田醤油

Shouda11

○正田醤油株式会社(館林市栄町3-1)
 明治6年12月25日正田文右衛門が創業、大正6年12月25日正田醤油株式会社設立。

☆醤油
 上州では、1716年頃初めてに製造されたらしい。 記録では、1764年「山十一醤油(田中藤左衛門)」とされる。

※[上州→嬶天下(嚊天下)→館林→正田醤油→正田美智子妃]、チョット無理はある。


上州のかかあ天下はこうして生まれた。

○男の働きだけでは食っていけなかった
 山地が多く平地が少ないので、米が採れなかった・林業も限られ、さほどの収入..

YAMADA

群馬での暮らし:グンマ都市

Gunma_map_2

グンマの都市は下記のように発展してきた。

○城下町を起源とする都市
 前橋・高崎・伊勢崎・館林・沼田・安中・
 (以下は陣屋:小幡・七日市・吉井)
○市場町を起源とする都市
 桐生・大間々・中之条・原町・室田・長野原・渋川・下仁田・鬼石・富岡・藤岡
 (以下は谷口集落:桐生・大間々・大胡・沼田・渋川・ 中之条・原町・室田・下仁田・鬼石)
○宿場町を起源とする都市
 高崎・安中・渋川・玉村・境・木崎・太田



○グンマの食品工業
グンマに食品製造工場は多く、

高崎市:ケロッグ・ニップン冷食..


YAMADA

百足鳥居

Gunma_mukade

○赤城の百足鳥居@桐生市新里町板橋
 この鳥居は、赤城山へ登る東南麓の参道として1782年に建てられた。 鳥居の島木(しまぎ)には、1.3mの百足が陽刻されており、この周辺の人々はムカデを見ると殺すことなく「ムカデ ムカデ 赤城へいけ」と唱えて逃がしたそうだ。

※老神温泉では「赤城の神が大蛇」であるのに対して、桐生では「赤城の神は百足」とされる。 ただし、二荒山神社には大蛇が祭られてるのに対し、老神温泉には大蛇関連の歴史的資料は無い。




《グンマを話そう》
○日光編
 ある昔、赤..



YAMADA

死ぬまでに食べたいグンマの和菓子物

Manjyu50

アイスまんじゅう、赤石最中、甘太郎焼、あんこ玉、糸くるま、碓氷貞光の力もち、おやく、オランダコロッケ、かりんとうまんじゅう、かりんとうまんじゅう、ガンコじいさんの手焼、嘉祥献上最中、絹衣、草餅(あんなし)、栗まんじゅう、栗ようかん、くるみ焼きまんじゅう、黒豆大福、小町まんじゅう、小松屋の花ぱん、コロッケ、酒まんじゅう、酒まんじゅう、塩大福、しょうゆさぶれい、しろつばらくがん、そらまめまんじゅう、たいこ焼き、玉子ぱん、たれだんご、だんべえまんじゅう、チーズどらやき、チーズのみそ..

YAMADA

麦落雁

Mimasu_rakugan

麦落雁
 (三桝家總本舗@館林市本町3-9-5)

《グンマを話そう》
 邑楽郡は、川や沼が多く低地であるため大雨が降る度に洪水にみまわれてきた。 洪水になると米・麦を撒けないだけでなく収穫がなくなるので、食料を節約して翌年まで持ちこたえる習慣ができた。 このような生活のなかで、麦を工夫して食べる方法が考え出された。 それが、麦饅頭・麦団子・麦柏餅・麦ぼうとう(うどん)などであり、今なお残っているのが麦落雁である。


 館林は良質の大麦・小麦を産出し、日清製粉の母体となった館林製粉..

YAMADA

群馬での暮らし:分福茶釜

Karuta_morinji

曹洞宗 青龍山 茂林寺(群馬県館林市堀工町1570)

○ぶんぶく茶釜
 元亀元年(1570)、七世月舟正初の代に茂林寺で千人法会が催された際、大勢の来客を賄う湯釜が必要となりました。

Chagama

 その時、守鶴は一夜のうちに、どこからか一つの茶釜を持ってきて、茶堂に備えました。ところが、この茶釜は不思議なことにいくら湯を汲んでも尽きることがありませんでした。守鶴は、自らこの茶釜を、福を分け与える「紫金銅分福茶釜」と名付け、この茶釜の湯で喉を潤す者は、開運出世・寿命長久等、八つの功..

YAMADA

群馬での暮らし:板倉町

Mugirakugan

麦落雁(三桝家總本舗@館林市本町3-9-5)

《グンマを話そう》
 利根川と渡良瀬川に挟まれた邑楽郡板倉町は、川や沼が多く低地であるため大雨が降る度に洪水にみまわれてきた。 いったん洪水になるとなかなか水は引かず、いろいろな洪水対策が施されてきた。 そのひとつに「揚げ船」があり、軒先や納屋にそこを上にして吊るしていた。 洪水については、「蛙が小便をしても水が出る」とさえ言われていた。

 


  また洪水になると米・麦を撒けないだけでなく収穫がなくなるので、食料を節約して翌年まで持..

YAMADA

群馬での暮らし:竜宮の椀

Karuta_fukiwari

《グンマを話そう》
○利根村:竜宮の椀
 吹割の滝の底は竜宮に続いていると言われていました。 ある昔、利根村追貝の若者が嫁をもらうことになりましたが、貧しくて客用の膳と椀がありません。 そこで竜宮にお願いしようと、滝の上手から手紙を流しました。 翌日滝へ行くと、お願いした膳と椀が岩の上に置いてありました。 嫁迎えを無事すませた若者は、膳と椀をきれいに洗って返しました。 やがてこの話が広がり、多くの村人が膳や椀を借りることが出来ました。
 ただ、ある村人が返し忘れたことがありました..

YAMADA

群馬での暮らし:毛毛毛

山田君の世界

《ぐんまぐんぐん キャンペーン:毛の国群馬》

群馬は、おおよそ以下に分かれる。
--------------------
東毛:桐生市・太田市・館林市
両毛:桐生市・太田市・館林市+栃木県南西部
西毛:南西部一帯、高崎市中心
南毛:一般的には無い
北毛:群馬県北部一帯、沼田市・中之条町中心
中毛:群馬県中部一帯、..

YAMADA

群馬での暮らし:市町村

山田君の世界

《ぐんまぐんぐんキャンペーン》

○群馬県市町村一覧
  市町村名、どこまで読める?

 

みどり市
安中市
伊勢崎市(いせさき)
館林市
桐生市
高崎市
渋川市
沼田市
前橋市
太田市
藤岡市
富岡市
甘楽郡(かんらぐん)・下仁田町(しもにたまち)
甘楽郡(かんらぐん)・甘楽町(かんらまち)
甘楽郡(かんらぐん)・南牧村(なんもくむら)
吾妻郡(あがつまぐん)・高山村(たかやまむら)
吾妻郡(あがつまぐん)・草津町(くさつまち)
吾妻郡(あがつまぐん)・中之条町..

YAMADA

八倉峠

山田君の世界

《勝手に 群馬デスティネーションキャンペーン》

 東側通行止め、あと数年かかるそうだ。 ただし、下仁田172号線方面から御荷鉾林道へはOK(車種依存)らしい。

20120520a

[ひらめき]毛の国:群馬
--------------------
東毛:桐生市・太田市・館林市
両毛:桐生市・太田市・館林市+栃木県南西部
西毛:南西部一帯、高崎市中心
南毛:一般的には無い
北毛:群馬県北部一帯、沼田市・中之条町中心
中毛:群馬県中部一帯、..

YAMADA

群馬での暮らし:館林飛行場

Ojnishi_air

○館林飛行場(大西飛行場):1954年~2004年
 群馬県館林市と同県邑楽郡邑楽町の境界線上にあった飛行場、個人が建設した非公共用飛行場であった。 滑走路中央付近を道路が横切っていたため、飛行機が離着陸するときには遮断機が下りて車両を通行させないようにしていた。

YAMADA

旧上毛モスリン事務所

Mosurin

旧上毛モスリン事務所@館林市城町2番3号

 明治41年から43年にかけて建てられた木造二階建の擬洋風建物で、上毛モスリン株式会社の本館の事務所として使われて来ました。

Mosurin22

○上毛モスリン
 1894年館林町に「毛布織合資会社」創立、1902年「上毛モスリン株式会社」に社名変更、1912年「日本毛布毛斯綸株式会社」吸収、昼夜二交替勤務等労働強化から1917年女工スト、1926年「東京モスリン」とともに倒産。

○碓氷社
 1916年、給与アップに伴う主導者を解雇したことで、職員・職工..

YAMADA

参考文献

☆カテゴリ 《ぐんま》 は、下記文献などを参考にしています。
 「和菓子の贈りもの」展 歴史秘話20 虎屋文庫、 ビジュアル・ワイド江戸時代館、 「王朝の雅と和菓子」展 平安建都1200年記念 虎屋文庫、 「江戸おもしろお菓子」展 菓子と喧嘩は江戸の花 虎屋文庫、 「子どもとお菓子」展 虎屋文庫、 「上毛かるた」で見つける群馬のすがた、 「日本の神さま」おもしろ小事典、 「和菓子百珍」展 第六十八回虎屋文庫資料展 虎屋 虎屋文庫、 50年のあゆみ:榛名町50周年記念誌、 IKA..

YAMADA