So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

蜻蛉の宿生木 [さいたま]

Tokorozawa_tombo8

○日月社(日月神社)・蜻蛉の宿生木
 所沢市北秋津36

※二代目ともいわれる

Tokorozawa_tombo1

Tokorozawa_tombo2

Tokorozawa_tombo7

Tokorozawa_tombo9

 無理殿の命で蜻蛉を捕まえた家来達、しかし匹数が足らず・怒った殿が潰し投げつけると御神木の寄生木となり、殿は唖となった。

横線540

Tokorozawa_tombo6c

☆とんぼの宿り木
 秋津村のいつも無理難題ばかり言う殿様、ある秋晴れの日家来をつれて散歩中にトンボを見て「家来ども、わしの歳と同じ数のトンボを捕って参れ!」。 家来ども頑張って捕るも歳の数に足りず、怒った殿様は日月大明神の祠の前に立ち・トンボを握りつぶして御神木の欅目がけて投げつけた「大明神よ、この蜻蛉の塊を別の木にして生やしてみせろ! できなければ祠は取り壊しだ!」。
 すると、欅のまたから榎が生えだした。 そしては殿様は唖となってしまった。
※長者版もある

Tokorozawa_tombo71c

Akitsu_tombo2

横線540

☆とんぼ
 トンボの古語が「あきつ・あきづ」、秋津。
 初秋に突如群れをなして飛来するところから、祖霊が姿を変えて来たとの俗信があり、捕ることを忌み、捕った時は「盆と正月礼に来い」と唱えて放つ風習もあった。

※「アキヅの交がうが如し」で安芸津島。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント