So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

のぞきからくり [駄玩具]

Karakuri25○覗きからくり

Karakuri26

Karakuri21

Karakuri22

横線540

Megane_e2

○からくり絵・覗きからくり
 45度に置かれた鏡に写した絵を凸レンズを透して見る、絵は左右反転で描かれる。

Megane_e1

Megane_e3

横線540

Karakuri5

○覗絵
 直接凸レンズを透して絵を見る。

横線540

☆眼鏡絵
 寛延三年頃中国から移入された極端な遠近がついた風景画は、日本でも宝暦九年宝暦十年頃から主に京都で制作された。 円山応挙がこれを得意とし、中国の風景や京都名所を描いた眼鏡絵が残っている。 応挙は修業時代に、尾張屋中島勘兵衛という玩具商に勤めていたことがあったが、オランダから移入されていた眼鏡絵を見て、自ら京都の風景を描いた眼鏡絵数点を描いた。 これらの作品は木版墨摺りで手で着色がしてあった。 それには画面に小さな穴を開けて、薄紙を貼って裏から光を当てるという工夫がみられ、遠近を深く感じることができた。 また応挙は肉筆画の眼鏡絵も作っている。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント