So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大谷場庚申塔 [さいたま]

Kawaguchi_oyaba1

○大谷場庚申塔・さいたま市南区南浦和1-1537-2

Kawaguchi_oyaba3

Kawaguchi_oyaba5

横線540

○大谷場庚申塔
 寛文八戊申年十一月吉日造立ノ銘アリ

 大谷場小学校の敷地内にあった庚申塔です。 学校建設に伴い、敷地の西脇に移動しましたが、現在でも庚申塔を立てた方々の子孫によって守られています。「山王様」とも呼ばれ、安産の神様と崇められています。
 板碑型の塔身の正面には、梵字で地蔵菩薩を表す「カ」を刻み、その下に三猿を線彫りで表現し、さらに講中の七名の名前を刻みます。 寛文八年の銘も刻まれ、高さ62cmと小型ではあるものの、初期庚申塔の一例として貴重なものです。




☆朝夷邸・南浦和2-13-14
 かつては六千六百㎡の敷地を有し、東久邇宮盛厚が寄宿した。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント